マウンテン・ヤム

PEOPLEText: Kanae Tamase

近頃、香港のファッションブランドが盛り上がりを見せている。そのうちの一つがマウンテン・ヤム。デザイナーの高校時代のニックネームを付したこのブランドはセレブ向けのイブニングクチュールブランドで、熟練の高度な技と並外れた細やかさを特徴としている。2009年に香港ヤングファッションデザイナーコンテスト(YDC)のファイナリストに選ばれ、さらに2010年にはデイウェアライン「112マウンテンヤム」を立ち上げたマウンテンに、自身のこと、またクリエイティブなファッションデザインについての思いを聞いた。

マウンテン・ヤム

自己紹介をお願いします。マウンテン・ヤムの設立に至る経緯も教えてください。

香港のファッションデザイナー、マウンテン・ヤムです。香港理工大学で学士号と博士号を取りました。学部生だった頃、ニューヨーク州立ファッション工科大学(F.I.T.)に交換留学しました。そして博士過程に進む前にパリへ赴き、”ペクレール・パリ”でのインターンシップに参加しました。

24歳の時にデザイナーとしてキャリアをスタートしました。学士過程の卒業制作に、大好きなイブニングドレスを作り、博士課程では構造的/建築的な要素を含んだデイウェアを研究しようと挑戦しました。卒業して、香港のハンドバッグデザインの会社で2年半働きましたが、F.I.T.でのアクセサリー製作の経験がとても役に立ちました。このハンドバッグデザインの会社は、プラダやコーチなど世界の有名ブランド向けにあらゆる革製品を製造していて、特にハンドバッグに関するテクニカルな技術について学ぶことができました。その後、日本人がオーナーであるアンテプリマに転職しました。デザインチームは香港、日本、イタリアにあり、ファッションショーのためにイタリアへの出張もさせてもらえて幸運でした。しかし大きい会社なので、仕事のやり方が固定化されていて、変化を起こせない状況に徐々に飽きてしまったのです。それでアンテプリマでの2年目からは、仕事が終わった平日の19時以降と休日を自身の制作活動に費やし始めました。とても大変な年でしたが、自分自身のコレクションのための準備作業はとても楽しくもありました。

2009年に香港ファッションデザイナーズコンテストに参加し、その企画団体である香港貿易発展局(TDC)がファッションショーやビジネスマッチングの場に招待してくれたおかげで、たくさんのバイヤーじゃファッションジャーナリスト、メディア関連の人々と出会い、自分自身の未来について考え出すようになったのです。

アンテプリマでのとある面白い出来事を今でも覚えています。オーナーが私と同僚数名をディナーに招待してくれた夜のこと、オーナーが “後悔のない人生” と発言したのです。私はそれを聞いた瞬間にこの会社を辞めることを決意しました。上司には『人生について大切なことを思い出させてもらって感謝しています。申し訳なく思うけれど、人生をかけて追い求めたいことがあります。後悔はしたくありません。失敗したとしても、それもまたいい経験になるはずです。』と伝えました。

そして私は小さなスタジオを借りて自分のブランドをスタートさせました。112マウンテンヤムは中国本土のマーケットをターゲットにしたデイウェアラインで、今後台湾やシンガポール、その他発展途上国に展開していこうと考えています。もう一つのライン、マウンテン・ヤムはセレブやウエディング、その他特別なイベント向けのイブニングドレスにフォーカスしています。これら以外にもコストカットを考える大企業からアウトソースされたデザインをトータルパッケイージで提供する仕事もあります。

_MG_5869.jpg

ハンドバッグデザイナーとしての経験は、服のデザインにも影響していますか?

はい、多少影響していますね。ハンドバッグデザインはシンプルに見えても実はテクニカルな問題にたくさんの時間を費やしています。例えばハンドル部分、バッグ全体の形を維持/補強するために上から下までテープを通すなどすることがあります。私がつくるイブニングドレスにも似たような構造的な考慮が必要です。身体にフィットした、ビスチェやトップブラ、ストラップ無しのブラ部分等には上半身を支える為の骨格かサスペンダーのようなものを取り付けなければなりません。それとハンドバッグにも服にも刺繍部分などの細かい部分への配慮が必要ですね、ただしこれは予算にもよりますが。

_MG_6397.jpg

ファッションデザインに最も必要なものは何だと思いますか?

着る人に自信を持たせること、感情や態度や自身の文化として個々のイメージを作り出すことですね。私達は人の隠された部分を引き出そうとしています。ファッションデザイナーは何か目的のためにデザインしますし、デザインは需要と欲求を満たすためのものです。最も興奮するのは、自信の無い人が私達の服を着ることで、なりたい他者のイメージと統合されていくのを見る事です。デザイナーとして、私達は新しいものを作りたいとは思いますが、たいていは広告やメディア向けのもので実際着る人にとって良い物であるとは限りません。だから私達はクリエイティブな側面とビジネスの側面のバランスを取っていかなければならないのです。いい服、イメージ、スタイリングを提供してお金を得る事で、私の夢にまた一歩近づけます。

112mountainyam%20pfw%2013%20campaign%202.jpg

クリエイティブな仕事のためモチベーションを保つ秘訣は何ですか?

興味深い質問ですね。私は止まりたくないのです。働いていないという状況が怖くもあります。これこそが私も問題だと分かっているのですが、何もしていないと将来のことや家族、友達のことなどあらゆることについて深く考えすぎてしまうのです。けれど何か作業をしている間、疲れもしりませんし、逆にエネルギーが湧いてくるのを感じます。

だから飽きることが嫌いですし、変化のある状況が好きなのです。とはいえブランドとしては、人々に私達の価値を知ってもらうため一貫した態度も必要です。パーティウェアについてはあまりこういったことは考えませんが。それから私は、人は趣味を仕事には出来ない、仕事にしたら興味を失ってしまう、と考えています。だから私は、自分が一番大好きなパーティドレスのデザインについては興味を失わないよう、年に数着しかデザインしません。

_MG_6281.jpg

ご自身が毎日好んで着る服はどういったものですか?

夏はショートパンツ、サンダル、Tシャツやポロシャツが好きです。一年を通じて、シンプルだけどどこか少し凝ったものを着るのがすきですね。毎日、天気に応じて違う要素を取り入れたいと思います。天気が悪ければ、気分よく過ごす為にカラフルな服を着たり。イベントがあれば毎日着ているものとは違うスタイルにします。ファッションは人がリフレッシュするためのもので、トータルな着こなしによって自分自身を表現するものだと思います。

By%20Fabian%20Sinay%207.jpg

今後の計画や挑戦はありますか?

最近はメンズウェアのデザインとファッションショーの準備に明け暮れています。2014年の春コレクションは別のブランドのデザイナーと一緒に発表する予定です。それからビジネスパートナーが上海に移転したことで、上海での販売も近々開始します。今後数年はデイウェアの販売を強化することでキャッシュフローを生み出し、3〜5年後にはまず香港で店舗をオープンさせ、そして中国本土でフランチャイズ化していこうと考えています。

By%20Fabian%20Sinay%2015.jpg

読者へのメッセージをお願いします。

人生は短いものです。私達は夢を追う為に、目の前の一瞬を掴まなければいけません。後悔しないよう、そして楽しみましょう!

Text: Kanae Tamase

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE