超京都 2013 現代美術@平成の京町家

HAPPENINGText: Chiaki Ogura

京都ならではの住空間の中で、世界にも認められている現代美術工芸を間近で見られる機会はなかなかないだろう。今年で第3回目をむかえる超京都。第1回目「現代美術@杉本家住宅」、第2回目「現代美術@名勝渉成園(東本願寺)」に続き、今回は「現代美術@平常の京町家」と題して開催された。京都の伝統的な工法や地域産材によって建てられたモデル住宅5棟を舞台に、国際的に活動している国内外の7ギャラリーから選りすぐりの作品たちとのコラボレーション空間が楽しめるものであった。

tyokyoto_2.jpg
「shift」水谷イズル, 2013, ビデオ・サウンドインスタレーション

水谷イズル(ヨシアキ・イノウエ・ギャラリー)は、平面・立体を組み合わせた作品や光や映像、水などを使ったインスタレーション作品を主に発表している作家だ。
その部屋は和室。笛の音が静かに響く中で、線香に火を付けて煙をたててみる。立ち上る煙の向こう側に液晶画面に映し出され、一定の速度で慌ただしく増えて行く数字の羅列。右側のある3つのふすまに青白い映像が映し出される。これは、デジタル映像化された線香の煙のゆらめきである。線香は物質、数字は現在の時間を表し、これらが煙となって時間の中を生き、最終的に記号の概念へと変わって行く。

tyokyoto_3.jpg
「drop of the sky」水谷イズル, 2009

水の入ったガラスに映し出される、雲の移り変わる姿。映像は一定ではなく、時間とともに変化していく。映し出されたひとつのつぼみが花開き、咲き誇り、次第に散り形がなくなるまでの過程を描く。水谷イズルのインスタレーション作品に共通しているのが、「生から死」という永遠のテーマ。光やガラス、映像という題材を用いて美しく表現されている。

tyokyoto_5.jpg
「present-chinese chair」宮永愛子, 2009

ミヅマアートギャラリーからは、会田誠や O JUN などの作家6人の作品が見られた。中でも宮永愛子の作品は、昇華性を持つ “ナフタリン” を使用するものだ。日用品をナフタリンでかたどったオブジェの他、塩を使ったインスタレーションなども制作している。ナフタリンは吹き付けたあと時間をかけて徐々に昇華していき、少しずつ結晶に姿を変えていく。この作品のイスも形を変えながら時を刻み続けていくのだろう。いつかの記憶か想い出のように。

tyokyoto_4.jpg
木造の建物と融合されている彫刻作品 / 棚田康司

現代彫刻家である棚田康司は、一貫して木彫に取り組んでいる。その中でもよく知られているのが、「一木造り」という日本古来の木彫技法。これらの「少年少女」たちは、意志を持った強いまなざしでわたしたちに何かを訴えかけている。

tyokyoto_6.jpg
飛び出し坊や「ワタル君」小川しゅん一

マツオ・メグミ+ヴォイス・ギャラリーからは、遊び心満載の小川しゅんーの作品が見られた。木津川アート2013の際にも制作されたインスタレーションである、部屋のあちこちから子どもの飛び出し禁止を促していた。シュールな顔をした「飛び出し坊や」たちは、作者自身の顔をモチーフにしており、全て顔と表情が違う。

tyokyoto_7.jpg
「こどもの顔」矢野洋輔
 
その他にも、hpgrp GALLERY TOKYOイムラアートギャラリーモリユウギャラリー小山登美夫ギャラリー、と名だたるギャラリーから作品が集まり展示された。特別展示に、京都市立芸術大学の学生9名による企画展「暗黙知」も開催されており、京都を母体とする作品が、これからの芸術世代を担って世界に羽ばたいて行くことを願う。来年は京都国際芸術祭2015に合わせて開催される予定だ。話題性や現代美術・工芸のさらなる発展を望むばかりである。
 
超京都
会期:2013年10月4日〜6日
時間:4日14:00〜16:00、5日10:00~20:00、6日10:00~17:00
会場:平成の京町家 モデル住宅展示場 KYOMO
住所:京都市下京区河原町通塩小路北西角
TEL:075-341-0222
http://www.chokyoto.com

Text: Chiaki Ogura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE