スタンリー・キューブリック展

HAPPENINGText: Victor Moreno

私たちは、幸いにもロサンゼルス・カウンティ美術館(以下、LACMA)での、スタンリー・キューブリックの多分野に渡る素晴らしい展示の最終週に間に合った。すでにこの展覧会は終了しているが、キューブリックファンには、理由はどうであれ、私がこの展示で経験したことをぜひ紹介したいと思う。

アメリカでは、実はキューブリックの回顧展は初の開催だ。展示は、フランクフルトのキューブリック・ステートとドイツ・フィルムミュージアムとのコラボレーションで、アカデミー・オブ・モーションピクチャーズ・アーツ&サイエンスが主催。映画の小道具から衣装、ポスター、オリジナルのプロモーション素材、セットのモデル、製作現場の写真、彼が使用していたカメラやレンズ、未完の作品、スクリプト、ノートブック、1940年代のまだその名が世に知られる前の、若きしのキューブリックの写真作品にいたるまでが展示された。13,000平方フィートの敷地には各映画作品の心理的な視点が説明されていた。

Stanley Kubrick Exhibition

LACMAによると、8ヶ月の展示期間中243,792名が訪れ、美術館はキュレーション的なミッションとして、シネマという分野を引き続き考えていきたいとしている。展示は、監督の並外れたビジョンと手法、一方で彼の作品が近代の芸術作品として世界的に認識されるにあたって、どのようにその影響が広まっていったのかということにもスポットを当てている。また、キューブリックが決して完成させることのなかったプロジェクト「アーリアン・ペーパーズ」や、1969年に製作費と諸々の問題で廃止しなければならず、その後も作られることのなかった「ナポレオン」についての展示室もあった。また、「バリー・リンドン」のキャンドルライトのシーンで有名なカール・ツァィストのレンズのf/0.7とf/0.5についてエキスパートたちの間で白熱した話題など、技術的な展示も見られた。そしてもう一つ注目すべき点が、様々な宗教団体からキューブリックあてに送られた、タイプライターで打たれた手紙である。「ロリータ」に対する非難や、引き破られた「時計じかけのオレンジ」についての新聞のクリッピングが入っていた。当時、若者が「時計じかけのオレンジ」に魅了され、殺人を犯したり、影響されたギャングが攻撃をしたことで、彼の作品は社会的に認められず ’危険な映画’ とされてしまったのだ。

XP9U0023.jpg

「アートミュージアムがこの歴史的な映画監督とその作品の回顧展を展開したことで、スタンリー・キューブリックは、どのように我々が20世紀のアーティストを定義するのかを再評価することだろう。また今後、LACMAによりアートと映画の境目を更に探求していくことにもなるだろう。」LACMAのCEOマイケル・ゴーヴァンとディレクターのウォリス・アネンバーグがそう語っている。

XP9U0031.jpg

「突撃」、「ロリータ」、「博士の異常な愛情」、「2001年宇宙の旅」、「時計じかけのオレンジ」、「シャイニング」、「フルメタル・ジャケット」、「アイズ・ワイド・シャット」。数あるキューブリック作品の中でも、これらの作品からは、彼の監督としてのこだわりや、前述の「バリー・リンドン」のキャンドルライトによる撮影や「2001年宇宙の旅」で使用されたフロント・プロジェクション(静止しているものがあたかも動いているように見せる技術など)など、当時の大々的な技術的革新をも見ることができる。事実、キューブリックは特殊効果と技術発展のパイオニアだったのだ。しかし面白いことに、彼は13回もアカデミー賞にノミネートされていながら、たった一度、1969年に「2001年宇宙の旅」で最優秀効果賞を受賞しているのみだ。

XP9U0049.jpg

展示は、キューブリックの歴史的リサーチに対する執着と、ファインアート、デザイン、建築からの影響を視覚的に採り入れている様も紹介する。アカデミー協会の代表ホーク・コッチは、「ロサンゼルスに初の映画ミュージアムを作るプランの大きな一歩になる。我々は喜んでLACMAとこの回顧展を共同主催したい」と述べていた。 

XP9U0040.jpg

赤はとても感情的な色である。密度が高く、温かく、エネルギーや戦争と共になれば、火や血の色でもある。キューブリック作品の中で、彼は繰り返し、そして長期にわたって赤を使用し続けた。赤は彼の思想を表しているとも言える。作品の中で彼は色に囲まれながら物事の意味や感覚を作り上げていったからだ。色調はオレンジかダークレッドまで幅広いかもしれない。しかしその色による振動は常に人々にショックを与えてきた。「バリー・リンドン」の英国軍が着用するユニフォームが風景の中に流れる血筋のような赤、「2001年宇宙の旅」の宇宙船の中のインテリアの赤、「シャイニング」のホテルのトイレの赤、「フルメタル・ジャケット」のパイル軍曹の最後、壁に飛び散る血の赤、そして、「時計じかけのオレンジ」がハッとする音楽で始まり、「この後何が起こるか、よく見ておけ!」とでも言うようにフレームに広がっていく赤。「アイズ・ワイド・シャット」ではエロティシズムの赤だ。

XP9U0042.jpg

展示を通して、我々はキューブリックの世界に浸り、戦争の狂気による合理性の欠如や人間の虚しさを描いた各作品の心理的なアプローチ、彼が得たインスピレーション、彼の手法、彼の作品がもたらしたものを知ることができた。.

Stanley Kubrick Exhibition
会期:2012年11月1日~2013年6月30日
時間:11:00〜17:00(金曜日11:00〜20:00、土・日曜日10:00〜19:00)
休館日:水曜日
会場:Los Angeles County Museum of Art (LACMA) 
住所:5905 Wilshire Blvd. Los Angeles
入場料:18歳以下無料、シニア/学生 $10
TEL:+1 323 857 6000
http://www.lacma.org

Text: Victor Moreno
Translation: Fuyumi Saito
Photos: Victor Moreno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE