クリストファー・マコス

PEOPLEText: Sumie Okada

ポップアートの巨匠アンディ・ウォーホルと公私にわたり交流し、現在もニューヨークのアートシーンの中心で活躍する写真家、クリストファー・マコス。米国・マサチューセッツ州に生まれ、パリでマン・レイに弟子入り。70年代初頭からグラフィック・フォトジャーナリズムを発展させる取り組みをすることに。彼の作品はアメリカ、ヨーロッパ、そして日本の美術館やギャラリーの壁を飾り、世界中の雑誌や新聞に掲載されている。
6月から開催されている「ウォーホール・イン・チャイナ展」に合わせて来海。1982年に中国を旅した時の貴重な写真とともに、ウォーホルとのコラボレーションの数々を披露した。今なお精力的に作品を発表し続けるマコス氏にウォーホルとの思い出や彼の創作活動について伺った。

クリストファー・マコス

1982年に中国を訪れていますが、それ以降、中国へはいらしてますか?

かれこれ3、4回かな。北京オリンピック前後に行っていて、その時はちょうど1982年に中国を旅した時のアンディを撮影した「アンディ・イン・チャイナ」という写真集を出版した時期でもあったんだ。

Andy%2C%20Tien.Square.jpg
Andy, Tien. Square © Christopher Makos

上海へもいらしてますね?

3~4回は訪れているよ。私にとって上海は、どちらかといえばロサンゼルスで、北京はニューヨークみたいな感じかな。上海にはフランス人や英国人など外国人がたくさんいるし、歴史を感じさせる建築の建物が川沿いにある雰囲気が、どことなく他とは違う感覚を覚えさせるんだよ。上海は北京とは違って、ゆったりとしていて、少し自由な感じ。まあ、首都はパリでもワシントンでもビジネス中心の都市って感じだけどね。

At%20the%20Great%20Wall.jpg
At the Great Wall

あなたにとって最初の中国の印象、イメージはいかがでしょう?

国の大きさ、人の多さ、そして人々の服装かな。当時はみんな似たような服を着ていることに驚いたね。でも、それがとても新鮮でクールに映ったよ。アンディと人民服を来た人々と一緒に撮影もしたし。最近のイメージとしては、「変化する国」。以前は中国のことで報道されるのは、大概が政治関係のニュースばかりだったけど、今は色んなニュースが報道されるからね。中国は世界のステージに立っていて、様々に変化する様子は興味深いね。

Andy%20in%20the%20Forbidden%20City%201982.jpg
Andy in the Forbidden City 1982 © Christopher Makos

文化の違いはどう感じていますか?

初めて中国を訪れた時は、芸術家といえば書道家くらいだったのに、オリンピック直前に訪れた時には、北京の798芸術区上海のアート地区に行ったりしたし、コンテンポラリーアートの面でも、アイ・ウェイウェイやその他のたくさんのアーティストの活躍を目の当たりにしたよ。中国はとても大きなアートシーンになっていると思うよ。

1982年の中国訪問時に何か面白いエピソードやハプニングがありましたか?

香港滞在中の私たちを、アルフレッド・シュウがサプライズで北京に招待してくれたんだ。それで万里の長城や北京オペラなどを観に行ったりした。北京の街にはエレベーターやマクドナルド、KFCが無いことも驚きだったよ。アーティストとしては、紫禁城がとても芸術的に写ったし、人々の着ている服まで、旅の全てが芸術的で文化的だったね。

あなたは、アンディ・ウォーホルはじめ、ジャン=ミッシェル・バスキアやキース・へリングなど時代の寵児たちと親交があり、まさにニューヨークのコンテンポラリー・アートシーンにおいて絶大な影響力を持っていました。今もなお、そのシーンの一線で活躍する原動力になるものは何ですか?

特に第一線で活動し続けるための動機みたいなものはないよ。ただ、新しいアイディアや出会いが動機になる。私にとってニューヨークはライブな都市。世界中から多種多様な人種が集まり、圧倒的に国際的な影響をもたらしている。ただそこにいて写真を撮り続けることで、人々への理解を深める大きなモチベーションになる。これは若いころから変わらない。私のモチベーションの一つは、今暮らしている愛するニューヨークの街そのものでしょう。

lady%20warhol.jpg
Lady Warhol © Christopher Makos

ウォーホルとは友人というだけでなく、共同制作を頻繁に行っていますが、中でも印象に残るものは何ですか?

最も記憶に残るもののひとつは、私の師であるマン・レイが1921年に撮影したローズ・セラヴィと呼ばれるマルセル・デュシャンの女装写真シリーズを参考に、私たちも同じようなことをやったこと。アンディは様々な女性の表情を作り出し、とても良いモデルでしたよ。アンディをモデルにしたコラボレーション作品は他にもたくさん撮っています。彼がソニーのスポークスマンだった時にも、彼をモデルに写真を撮りました。

あなたの愛用のカメラは?

ニコンD800。高画質でクリア、美しい写真を撮ることができます。もうひとつのお気に入りは、コンパクトカメラでキャノンS100。これは、いつも持ち歩いています。ニコンだったら喜んでスポークスマンになりますよ。ニコンなら新しいカメラも使ってみたいしね!

あなたはアナログもデジタルも両方を使っていますね。

アナログもデジタルも両方使うことができて良かったよ。アナログならではの撮影もしてきたし、キャリア後半からはデジタルカメラを使いこなしてきたし。デジタルの素晴らしいところは、簡単に使いこなせることでしょう。テレビの広告でも、携帯電話で写真を撮ったりするのをよく見ますよね。ほとんどがカメラ機能の画質の良さなどを宣伝していて、誰も電話の音質が良いとか、受信エリアが広いとかはうたっていない。第一はフィルム、第二はデジタルで、第三が携帯電話みたいに、写真の第三の命といっても良いのではないでしょうか。

携帯のカメラはよく使うのですか?

何かを記録するときのみに使います。例えば飲んだワインのラベルを撮ったりとか。

High%20Noon%202006.jpg
High Noon, 2006 © The Hilton Brothers

あなたの別名義、ザ・ヒルトン・ブラザーズについて教えてもらえますか?

僕とポール・ソルバーグのユニットで、新鮮で新しいことに挑戦し続ける意味で8年前に思いつき始めました。生まれ育った時代も背景も違う僕たちはなるべくして出会い、血よりも濃いつながりをもって写真作品の制作を続けています。8年間かけて世界のあちこちの街から町角へ、果ては海辺や砂漠までをめぐって、それぞれの世界の断片をイメージとして集めました。それらをニューヨークのアトリエで選び抜き、寄り添わせて、「ザ・ヒルトン・ブラザーズの写真」として新たな命を吹き込んだのです。アンディが中国に行った時に、『ここではアンディ・ウォーホルとしている必要がなく、素の自分でいることができた』と言っていました。僕も8年前にポールと出会ったことで、好きなものや旅の楽しさを分かち合うことができました。

tattoo%20hornets%20fire.jpg
Tattoo Hornets Fire

この8年の間にいくつかの作品も発表されているのですか?

中国の出版社とも仕事をしたし、スウェーデンでも「タトゥーズ・ホーネット・ファイヤー」という本を出版しました。ポールもサービスというプロジェクトを終えたばかりで、私もちょうど今回上海でお見せするウォーホルの仕事や様々なプロジェクトをこなしてきました。このコラボレーションはとても良い結果を出しているものです。アンディ・ダンディという、ポールが、私が昔撮ったアンディのそばに花を添えた作品もあります。今回の個展でもお見せすることができるかもしれません。ポールとは新しいプロジェクトをまた始める予定で、現在新しいコラボレーションで「アーネスト&ルイス」というのに取り組んでいます。私のミドルネームとポールのミドルネームの組み合わせた名前なんです。もうすぐ公表するんだけどね。今3つの新しい本を中国の出版社と準備中で、それらがその新しいユニットでのプロジェクト活動になるかもしれないね。

写真撮影だけじゃなく、絵画やシルクスクリーンにも没頭されているようですね。

そうなんだ。スタジオに色んな種類の作品があるよ。

どこであなたの作品に出会えますか?

取扱ギャラリーはニューヨークにあります。北京のギャラリーでも取り扱ってくれているよ。7月にはスペインでも個展があります。でも、コレクターやクライアントにはやはりニューヨークの私のスタジオに直接足を運んでもらえると嬉しいですね、そうすれば個人的にも私に会えますし。

ウォーホール・イン・チャイナ展
会期:2013年6月26日〜8月30日
時間:10:00〜19:00(土・日曜日 13:30〜18:30、月曜日休廊)
会場:Elisabeth de Brabant Chinese Contemporary Fine Art
住所:中国上海市復興西路299号
TEL:+86 21 6466 7428
http://www.elisabethdebrabant.com

Text: Sumie Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE