ジャズ展

HAPPENINGText: Eri Yamauchi

2013年6月29日より、サッポロシティジャズが開催される。 すっかり札幌の夏の風物詩として定着したこのシティジャズを楽しみにされている方も多くいるだろう。
SHIFTのキュレーションで、まちなかアートの一環として開催されているクロスホテル札幌の展覧会は今回で8回目を迎える。 今回のテーマは「ジャズ」。
シティジャズのライブ会場にもなるクロスホテル札幌では、北海道出身の気鋭のアーティスト5人に「ジャズ」というテーマのもと、ジャズのイメージを作品化し、2013年へのシティジャズへ華を添えてもらった。

まちなかアートは、街中にアートが溢れ、気軽に楽しめる環境づくりを目指すプロジェクト。ギャラリー、作家、店舗が一体となり、アートのある日常をつくるというもの。札幌から展開している。

エントランスの1階からフロントのある2階へ上がると最初に目に入るのが赤いピアノと脇に飾られた2枚の絵画だ。

DSC_0027.jpg
「J」「Z」野沢桐子, 2013年, H530 × W455 mm, アクリル、油彩、キャンバス

「J」「Z」というタイトルのこの2つの絵画、人物はモノトーンで背景はカラーという配色が印象的だ。
連続する緑の円は、ステージの光だろうか。横からステージを観ているようなアングルで、リアルな人物と、単純化された背景はまるで記憶の中にある映像のようだ。観る者の記憶の中にある、好きなミュージシャンの姿やライブで味わった興奮や熱狂、そういうものを思い出させてくれるような作品だ。そしてその記憶はこれから始まるシティジャズへの期待につながるのかもしれない。

作者の野沢桐子は、ロックミュージシャンや文豪を多く描き、その特徴は「リアリズムを追求した肖像画に情緒を吹き込む」ことだ。今回の作品も、写実と単純化を巧く使い分けることで、事実(=実在の人物)とそれにまつわる記憶や感情などを融合させ、味わいのある作品に仕上がっている。

次に目が行くのは、フロントの右奥にあるポップな絵画。

DSC_0021.jpg
「EMPEROR」山本稔, 2013年. H910 x W1,167mm. マーキングペン、キャンバス

黒を基調とし、太さが均一の白い線のみで描かれるこの作品は一度見ると忘れられないインパクトがある。線の太さを均一にし、また黒い背景に白い線を引くことで、モチーフが持つ造形や動きの面白さを引き出している。
今回の作品で言えば、ミュージシャンがトランペットを吹くことで現れる頬のふくらみや力の入った口先、複雑な楽器を操る指などが強調されている。一見シンプルだが、よく見ると面白さが増してくる作品だ。

作者は旭川出身の山本稔。今回の展示で見られるのは本作「EMPEROR」だけだが、同作家による他の作品も基調は黒・線は白という同様の手法で描かれており、一目で山本の作品と分かるようなものばかりだ。

ロビーの中に進んでいくとテーブルとソファがあり、くつろぎのスペースがひろがっている。そこの3つに並んだソファに呼応するように、3枚の絵画が飾られている。

DSC_0022.jpg
左から「underground session with five raven」クスミエリカ, 2013年, H420 × W594 mm, デジタルフォトコラージュ、ライトジェットプリント / 「Bebop」ミウラコータロー・クスミエリカ共同制作, 2013年, H420 × 594 mm, 水性ペン・デジタルフォトコラージュ、アクリルフォトプリント / 「You can never capture it again.」ミウラコータロー, 2013年, H420 × W594 mm, アクリル、ボード板

まずは、写真家であり、作家でもあるクスミエリカ作のフォトコラージュ作品「underground session with five raven」(写真左)。頭部が楽器やアンプになった人間がそれぞれの楽器を演奏している。背景の光は煙に遮られてぼやけ、そしてカラスが所々に停まっており、緊張感のある画面に仕上がっている。
また偶然か必然か、この絵画も3人の人物が登場しており、作品の設置されている3つのソファと呼応しているようだ。
ジャズが発祥したという19世紀末のアメリカの夜をイメージさせる画面の色使い。そこに一見関連のないものやあり得ないものを組み合わせて、見たことのない「ジャズ」の世界が創造されている。

続いて、ミウラコータロー作の絵画「You can never capture it again.」(写真右)。一見は渋い色使いの絵画作品だが、ある仕掛けが施されていることがわかる。絵画を観る角度を変えると、渦のような文様が画面に浮かび上がってくる。音をあらわしているようなこの不思議な文様は、絵を見る位置によって部分的に浮かび上がっては消え、見るものを楽しませてくれる。

中央の作品は、クスミエリカとミウラコータローによる共同制作「Bebop」(写真中央)だ。 荒涼とした空間に、先ほど紹介した両者の絵のモチーフが共存しよりシュールで幻想的な風景が広がっている。

この3作品は単体で見るのも良いが、3つのソファと合わせてみると 色使いや大きさなどがソファとぴったりと合っている。 そこに人が座れば、絵の中の人物、絵、ソファ、人という4つの要素の連続が生まれ、 更なる視覚的な面白みを発見できるだろう。

DSC_0025.jpg
「city drum」(Rotterdamにて撮影)鈴木悠哉, 2012年, Video (HD) 5:04 min

奥のミートラウンジでは、ガラスをスクリーンとして、映像作品が上映されている。札幌出身で現在ベルリン在住の作家、鈴木悠哉による「city drum」だ。
子どもたちが街中にある様々なものを、棒や手を使って叩いている。やがてスクリーンは複数になり、別々の場所で叩いていたドラムがだんだんと調和をなし、最後は一体感のあるドラムセッションに変わっていく。

演奏者は別々の時間・空間にいるが偶然にも同じリズムを刻んでいるということがとても興味深い。音を発するものに興味を持つのは人間の習性なのだろうか、音楽の原点を観たような気分だ。そして無邪気に音を楽しむ子どもたちは「音楽を楽しめ!」というメッセージを発しているようだった。

いよいよ今月の末より、札幌が誇るシティジャズが開催する。ジャズ色に染まったクロスホテルのロビーは、CROSS CITY JAZZ LIVEや宿泊でここを訪れた人々にシティジャズの思い出と共に、記憶に残るものとなるだろう。
ぜひライブと合わせて、これらのアート作品も存分に楽しんでほしい。

まちなかアート・クロス・エディション 第8弾「ジャズ」
会期:2013年6月2日(日)~8月31日(土)
会場:クロスホテル札幌
住所:札幌市中央区北2西2
主催:クロスホテル札幌(企画部 011-272-0051)
キュレーション:SHIFT
協力:サロンコジカ、ト・オン・カフェ、カンナファクト、クラークギャラリー+SHIFT、まちなかアート、株式会社正文舎
http://crossmet.jp/sapporo/

Text: Eri Yamauchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE