シュピネライ

PLACEText: Kiyohide Hayashi

美術作品はそれを作るアーティストが生まれ育った国の性格や気質を伝えてくれる。こうした国民性は作品を取り巻くギャラリーや美術館といったアートシーンでも同様に見つけることができるだろう。また国だけでなく地方や都市の性格や気質を、美術作品やアートシーンが色濃く映し出すことがある。このような独自の性格を持つ都市として取り上げることができるのはドイツの都市ライプツィヒだ。そこにはギャラリーやアトリエなどが集まる巨大な施設「シュピネライ」がある。そしてライプツィヒという街の性格を強く感じることができる場所となっている。

シュピネライ
Event “Rundgang”; Nils Petersen; 2012

ライプツィヒは50万人以上の人口を抱えるドイツ東部の都市。ドイツの首都ベルリンから南西約120キロのところにあり、ベルリンから1時間ほどで訪れることができる数少ない大都市の一つでもある。かつては作曲家のヨハン・ゼバスティアン・バッハがこの街で創作活動を行い、以後も多くの作曲家が活動したことから音楽の都として名高い。また第二次世界大戦後は東ドイツに属し、東ドイツ時代末期にこの地で起きた民主化運動がドイツ統一を導いたことでも知られている。このように文化的に、そして歴史的にも非常に重要な都市ライプツィヒだが、近年になって美術の世界でも重要となってきた。その火付け役は「新ライプツィヒ派」と呼ばれるライプツィヒを拠点とする画家たち。彼らの多くがアトリエを構え、作品を展示したのがここ「シュピネライ」なのだ。

Gelaendeblick_Thomas%20Riese_2009.jpg
areal view; Thomas Riese; 2008

「シュピネライ」が位置するのはライプツィヒの中心部から少し西に外れた地区。工場が軒を連ねる郊外の工業地帯にある。そもそも「シュピネライ」とはドイツ語で「紡績工場」を表すように、ここは紡績工場だった。19世紀末に設立され、20世紀初頭の最盛期にはヨーロッパ最大の紡績工場だったという。今も往事を偲ばせる重厚な煉瓦作りの建物が立ち並び、建物の間には多くの綿を運んだであろう鉄道の引き込み線が残っている。しかし輝かしい時代は過ぎ去り、二つの世界大戦、東西ドイツ分裂、そしてドイツ再統一といった多くの歴史的出来事を見届け、1993年にその役割を終えた。残されたのは90.000m2以上に及ぶ敷地と、歴史を感じさせる古めかしい建物。その後は別の産業に使用されることもあったが、広大な空間は文化的活動の場へと移り変わっていく。その始まりは1990年代中頃から多くのアーティストたちが工場の建物にアトリエを構えたことだった。

Neo%20Rauch.jpg
Neo Rauch, Abendmesse, 2012, Oil on canvas, 300 x 250 cm, courtesy Galerie EIGEN + ART Leipzig/Berlin and David Zwirner, New York/London

「シュピネライ」に最初にアトリエを持ったアーティストの一人であるネオ・ラオホ。彼は「新ライプツィヒ派」を代表する画家と言われている。他の「新ライプツィヒ派」の画家たちと同様にライプツィヒの美術アカデミーで学び、人物や風景といった具象的な絵画を描いている。彼の作品に見られるのは、巨大なキャンヴァスの上に展開する、歴史や神話を彷彿とさせる不可思議な物語だ。また絵画の巨匠の引用が見られ、絵画の伝統が息づいている。こうした伝統を取り込むことは「新ライプツィヒ派」の多くに見られる特徴だ。なぜなら彼らは「鉄のカーテン」によって隔絶した東ドイツで、時代や流行に流されることなく伝統と向き合ってきからだ。それは別の国から見れば懐古的であり、特殊なものとして受けとめられるかもしれないが、東ドイツに住んでいた人々のリアリティーでもあったのだ。

EIGEN%20%2B%20ART_Leipzig.jpg
EIGEN + ART Leipzig

このような東ドイツの美術を取り扱う上で忘れてはいけない人物がいる。ネオ・ラオホを含む「新ライプツィヒ派」を世界へと紹介し、一躍有名にしたギャラリスト(美術商)ゲルト・ハリー・リィブッケだ。彼は1983年ライプツィヒにギャラリー「Eigen+Art」を立ち上げて以来、東ドイツのアーティストを中心に取り扱い、ドイツ再統一後の世界展開によって「新ライプツィヒ派」の名を世界的なものとした。そして2005年にはギャラリーを紡績工場跡地へと移転させたことで、「シュピネライ」はアーティストの制作場所と作品の展示場所とが一体となっている。以後も多くのギャラリーがスペースを開き、折しも「新ライプツィヒ派」が世界を席巻したことも重なり、世界中のコレクターや美術愛好家が列をなして訪れる場所となっていく。こうして「シュピネライ」は、ライプツィヒの現実を反映した美術によって、広大な空間が生み出すものを繊維産業から文化活動へと変えることに成功したのだ。

HALL14.jpg
Hall 14, exhibition cube at the ground floor; Claus Bach; 2009

2013年現在「シュピネライ」には約10軒のギャラリーが軒を連ね、展示スペースとして使われる「WERKSCHAU」や、非営利の財団の下で展示やイベントを行う「HALLE 14」といった他の美術関連施設も備える場所となった。今なお、ギャラリーで展示される「新ライプツィヒ派」の作品が伝統を思い起こさせ、重厚な建物から歴史の重みを感じさせるが、決して過去に囚われ続けているわけではない。かつて「新ライプツィヒ派」の拠点とみなされた「シュピネライ」には、次世代のアーティストがライプツィヒ内外から集まり、新しい風を吹き込んでいる。一方「HALLE 14」は、積極的に海外のアーティストを紹介する展示を行い、専門家によるパネルディスカッションを定期的に開催するなど、交流の基点として機能している。また印刷工房、画材販売店、ダンススタジオ、劇場、レストラン、ワイン専門店など様々な分野のものが参入しており、美術にだけでなく多領域に門戸を開き、開かれた場所となってきている。

Le01iIfla7U_ikhk_Qoy7xQL8Qz7U-pSfhaDTnTxpSs%2CqAu8jeE_OfvLIvSD7JWnSdJKsenf3QWmJOssw309dJc%2CHBo_MO4f9E-3A8WahueQLhukF9KCvb67En3vlTV97_c.jpg
WERKSCHAU; Nils Petersen; 2012

ドイツ再統一から早20年。東ドイツという閉ざされた場所に埋もれていたものが突如姿を現し、過去や伝統をひきずりながらも、その特異性から多くの人を魅了した。そして閉ざされた扉を外へと開き、今や様々な影響を受け入れようとしている。そこには変化が起き、新しいものが生まれつつあるのだ。もちろんそれは美術作品やアートシーンに限った話ではない。この街に住む人々やその生活も過去に留まるわけでなく、変化を受け入れて未来へと向かおうとしている。こうした街が持つ歴史や変化を映し出すのがここ「シュピネライ」であることは言うまでもないだろう。

Spinnerei
住所:Spinnereistraße 7, 04179 Leipzig, Germany
TEL:+49 (0)3 41 / 4 98 02 00
mail@spinnerei.de
http://www.spinnerei.de

Text: Kiyohide Hayashi
Photos: © Spinnerei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE