佐々木芽生

PEOPLEText: Miki Matsumoto

実在するアートコレクター、ヴォーゲル夫妻を追ったドキュメンタリー映画「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」。郵便局員のハーブと図書館司書のドロシー夫妻が30年にわたり購入し続けた作品は、いつしか世界屈指の現代アートコレクションとなり、最後には一点も売られることなくナショナルギャラリーに寄贈されることとなる―−おとぎ話のような実話を描いたこの映画は、2008年に公開されるやいなや口コミで広がり、世界各地の映画祭で数々の賞を受賞するなど大きな話題を呼んだ。そして2013年春、その続編である「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」が公開される。

今作でフォーカスするのは「ヴォーゲル 50×50」と呼ばれる大規模な寄贈プロジェクト。ヴォーゲル夫妻のコレクションは、寄贈後も増加の一途を辿り、遂にナショナルギャラリーでは収容不可能な量に達してしまう。そこで「50作品を50州に」というコンセプトのもと、全米50州の各美術館に、合計2500点を寄贈する前代未聞のプロジェクトが始動する。本編では、コレクションが全米各地に散り、そのコレクションを元にした展覧会が開催される様子を追うなかで、ヴォーゲル夫妻、アーティスト、全米各地の美術館および地元コミュニティといった、関係各者の反応を捉える。

「社会にアートは必要か。文化を支援し、後世に残すには何が必要か」と問いかけるこの映画は、制作および配給の実現にあたって、クラウド・ファンディング*1 を活用している点でも注目を集めている。既に2011年、アメリカで8万7千ドルの資金調達に成功し、資金不足でストップしていた映画制作を終えることができた。そして現在、続編を世界に先駆けて日本で劇場公開するための資金として、1000万円を目標に掲げたクラウド・ファンディング・プロジェクトが進行中だ。来日中の佐々木芽生(ささき・めぐみ)監督に、映画にこめられた思いやクラウド・ファンディングの可能性についてお話を伺った。

佐々木芽生

原題は「ハーブ&ドロシー 50×50」(フィフティ・バイ・フィフティ)ですが、日本版は「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」となっています。その意図や込められた思いについてお聞かせください。

「50×50」というタイトルは、日本の方にはちょっと分かりにくいですよね。読み方が分からないようなタイトルはまずいんじゃないかということで、ハリーポッターシリーズのように、各エピソードの副題がメインタイトルになる雰囲気がいいのではという話になりました。今作では2人のコレクションが全米の美術館に散っていくというギフトプロジェクト(寄贈計画)にフォーカスしていますが、アートのギフトだけではなく、彼らの精神など、2人から貰った様々なギフトに対する思いを込めています。

H%26D5.jpg
「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」より © 2013 Fine Line Media,Inc. All Rights Reserved.

前作は、ヴォーゲル夫妻の暮らしや、アーティストとの交流がメインだったと思います。今回展覧会にフォーカスして撮影するなかで、前作と違った発見や驚きはありましたか?

一番驚いたのは、作品に対する子ども達の反応です。これをどうやって見ればいいのか、と大人が首をかしげるような作品がたくさんある展覧会に、小さな子ども達が学校の授業で来るのですが、彼らの方がそういうアートに対して凄く反応する。作家は色々な思いを込めてアートを作るのだろうけれど、その作家の思いを伝えるためだけに、展覧会は作品を見せるわけではない。アートに対してそれぞれが持っている答えは違う。それは映画の大きなテーマでもありますが、子どもたちのピュアな反応を見ていて、アートに間違った答えはないと確信した感じです。それが大人になるにつれて、何でこれがアートなんだとか、こんなのうちの孫でもできるとか、そういう反応になっちゃう。子ども達のほうがよっぽど純粋に反応しているのが面白かった。

この映画の制作は、私にとって「アート探しの旅」みたいなところがあったんです。人としてのハーブとドロシーについては良く知っていたのですが、彼らのコレクションのことを全く分かっていなかった。2人のコレクション展を撮影しに行ったインディアナポリスの美術館で、きちんとした環境のもとで改めて作品を見たとき、そう思ったんです。そこからはアートって何だろうということを、2人のコレクションを見ながら自分でも探していきたいという思いでした。

続いて、クラウド・ファンディングに関連したお話を幾つか。様々なサイトがある中で、今回、アメリカではキックスターター、日本ではモーションギャラリーを選んだ理由はありますか?

キックスターターは、インフラがすごく整っているし、運営側がプロジェクトをちゃんとキュレーションしていて、凄くいいサイトだと思うんです。誰でもやろうと思ってできるわけではなく、申し込んでくる人の4割程度しか参加できない点もいい。スタッフがハーブ&ドロシーの映画のことを知っていて、私が問い合わせしたときには是非やってくださいと連絡があるくらい乗り気になってくれたのも大きかったですね。もう一つ、インディーゴーゴーという大きなサイトがあるんですが、目標金額に達成しなくても行ったら行っただけお金は入ってくるシステムなんですね。それは中途半端というか、逆に達成しないとお金がなくなるくらいの危機感や真剣さをもってやったほうがいいんじゃないかなと思いました。モーションギャラリーに関しては、映画のプロジェクトを多く扱っていた点、利用者の年齢が比較的、この映画に近いと思われたのが理由です。

キックスターターは2008年にアメリカでスタートした、創造的プロジェクトのための資金調達プラットフォーム。予算は不足しているが、実現したいインディーズ・プロジェクトがあるユーザーが応募し、趣旨に賛同した他のユーザーから投資を受けることができる。2012年には、177カ国の人々がキックスターターのプロジェクトに資金を投じるなど、世界規模でその勢いを増し続けている。

H%26D2.jpg
「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」より © 2013 Fine Line Media,Inc. All Rights Reserved.

日本における集金目標が、1000万円と高額ですね。この金額に挑戦した理由は何ですか?

クラウド・ファンディングの実用化には、最低1000万円くらいの金額を集められないと意味がないと思いましたし、映画制作にはこれくらいのお金がかかるということをちゃんと言ったほうがいいと思ったのでこの金額にしました。日本でもクラウド・ファンディングの事例が出て来ていますが、大抵数十万円という目標金額ですよね。それで十分な資金調達になるプロジェクトもあると思いますが、映画制作は数千万単位でお金を集められないと実現が非常に難しい。スタッフも全部ただ働きというケースが日本では多いと思いますが、私はプロにはそれなりのギャラを払って、ちゃんとした仕事をしてもらいたい。私は自分でカメラを廻さないし、編集も自分でやらないので、そういうスタッフを雇わないといけないということもあって、そうするとやはり数千万単位のお金が必要なわけです。まぁ、目標はより大きくして、そこに向かって全力で行くという、私の性格も関係しているとは思いますが(笑)。例えば500万円集めようと思ったら、上手くいっても500万円ですが、1000万円という目標なら、多分500万円は簡単に超えられる。行かないとしても700、800万円は行くんじゃないかとかね。まぁ、その人の一番やりたいやり方でいいと思いますよ。

モーションギャラリーでのプロジェクトは、目標金額の1000万円に対し、1月16日現在480万円(期限は2月中旬)が集まっている。詳しくは、クラウド・ファンディング・ページをチェックして頂きたい。

アメリカでは、クラウド・ファンディング専用のスタッフを3人用意したそうですが、日本ではどういった体制になっていますか?

公開事務局を立ち上げて、4人から5人が常駐しています。常駐といっても皆さん他に仕事があるので、その合間に一緒にやって頂いて、私がニューヨークからサポートを入れる形です。フェイスブック、ツイッターといったソーシャルメディアでの活動や、 ニュースレターの発行、大口のサポーターをどうやって集めるかといったことなどですね。それに加えて、今は無料上映会を全国で開いているので、その呼びかけと、色んな素材の発送といったフォローもあります。(無料上映会の意図としては)単にお金を入れてくださいではなく、まずは映画を見て頂くのが一番の近道じゃないかと思ったので、一斉に無料にしました。 それがファンディングに繋がっていく感じにしています。

H%26D4.jpg
「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」より © 2013 Fine Line Media,Inc. All Rights Reserved.

前回(2012年11月)の来日時には、クラウド・ファンディングと絡めた監督のトークイベント、 今回は「2500上映プロジェクト」*2 など、様々な関連イベントが開催されていますね。

事前に組み込むというよりは、協力をしてくださる声があれば、なるべく全部やって頂くようにしています。現在行っている無料上映会も、前回来日した際に考えついたんです。フェイスブックでは、現時点(2012年12月)で1700~1800人ほどが「いいね!」ボタンを押してくれていますが、ファンディングに参加しているのは230人くらい。つまり8:1程度の割合になります。一方で、日本に先行してファンディングを募ったアメリカでは、 4:1くらいの割合でした。日本の方が、割合がすごく少ない。「いいね!」ボタンは、誰でも押せる非常に気軽なものですが、そういう意味では一つの指標になる。

私が今気にしているのは、日本では何故そういう差があるのかということです。寄付はワンコイン(500円)から可能ですが、それができない理由は何なのか。インターネットでクレジットカードを使うことに対する不安かもしれないし、良いとは思うけど自分で寄付するのは嫌なのかもしれない。米国ではカードを利用して献金するという文化が根付き始めているので、ネットを利用して気軽に支援して下さる方が多いのですが、日本ではその点は大分異なっています。そこで例えば(クレジットカード決済だけではなく)郵便貯金口座からも入金できるシステムを作ったり、前作「ハーブ&ドロシー」を知らない人にも見てもらって、これだったら次作を見たいので応援しようと思ってもらうために無料上映会を企画したり。心理的な戸惑いをなくすにはどうすればいいか、どうやって意欲を引き出すか、といったことだと思います。

H%26D3.jpg
「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」より © 2013 Fine Line Media,Inc. All Rights Reserved.

これからクラウド・ファンディングが更に成長していくために、何が必要でしょうか?

まずシステム自体としては、ウェブのインフラが日本ではまだ整っていなくって凄く使いづらいので、もう少しちゃんとした方がいいかな。寄付をくれた人に対してお礼のメッセージを書きたいと思っても、そこに行き着くまでが凄く面倒なんです。寄付に参加するシステムがややこしいという声も聞くので、もっと簡単にするとか。皆、興味がないわけではなく、やり方を知らない、抵抗がある、という状況なので、インフラを整えるとか分かりやすいシステムを作ることで、現状を改善していってもらいたいなと思いました。例えばキックスターターの場合、アマゾンにアカウントを持っている人は3クリックくらいで寄付できて、本当に簡単なんです。お金を出す側の立場になって、プロセスを少しでもシンプルにするのは大事だと思います。

私自身、クラウド・ファンディングで寄付を募り始めてから、皆さんに支援をお願いするだけではなく、自分も支援する気持ちを伝えなくてはと思い、毎月10ドルづつ、オバマ氏の選挙キャンペーンに寄付をしているんですが、1度寄付すると、そのアカウントをキープすることもできる仕組みになっているんです。すると大統領選挙の期間中にどこかで討論会があると、速攻で彼のキャンペーンアドレスから『今の討論会、良かったでしょ?いいと思ったら4ドルでいいから寄付して!』といったメールが来る(笑)。そして2クリックくらいですぐに寄付できる。5ドルではなくて4ドルという金額の選び方や、入金するシステムを、ファンディングサイトはもの凄く計算している。そういう工夫やネットのインフラ整備が、もっと必要だと思いますね。

ただ、システムは伸びても、使う側(プロジェクトを作る側)がちゃんとサポーター(寄付してくれた人達)をケアしないと、みんな離れていってしまう。そこまではサイト運営側も管理しきれないので、参加する人それぞれがやるしかないんじゃないかな。

具体的に、佐々木監督が心掛けていらっしゃることはありますか?

とにかく参加した人が、参加してよかったって思えるようにしたい。それには、やっぱり特典を十分に用意することですかね。例えば今回のモーションギャラリーの場合、3000円のファンディングには前売り券2枚がついてきます。それは映画を見たいと思ってくれている人にとっては、決して損するお金ではない。あとはキャンペーンが終わったときのフォローアップや、フォローしてくれる人達とのコミュニケーションですね。プロジェクトの進捗やこれからの予定を、ちゃんと報告する。お金を貰うまでより、貰ったあとのフォローに6割の注意を払う気持ちでやった方がいいと思います。

lawrence_weiner.jpg
ローレンス・ウィナーが「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」のためにデザインした限定スケッチブック

今回のファンディングプロジェクトでは、出資金に応じて様々な特典が用意されている。著名なコンセプチュアル・アーティストであるローレンス・ウィナーが「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」のためにデザインした限定スケッチブックも、その一例。なおアメリカ版では、サポーターにドロシーからメールが来るという計らいがあった。『アートをコレクションする5つの大事なポイントについてメールが来るというものです。ドロシーからメッセージが送られてきますよ、とかそういうのって、凄くお得感があるじゃないですか。』(佐々木監督)

ハーブ&ドロシーと約8年間一緒に過ごすなかで、佐々木監督も絵を買うようになりましたか?

全くないですね。物を持つのが嫌いで、 物欲が本当にないんです。アートは美術館やギャラリーで見ればいいかな。逆にこの2作目で、絵を描きたくはなりましたけどね。

これからクラウド・ファンディングに挑戦しようと思う方々に、一言メッセージをお願いします。

とにかく準備周到に行うことが大切だと感じました。お金を集めることだけでなく、献金して頂いた方へのフォローをいかに計画的かつきちんと行えるかが、このシステムを使い続けていく上では重要だと思います。

H%26D1.jpg
「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」より © 2013 Fine Line Media,Inc. All Rights Reserved.

クラウド・ファンディングについて、『「一般の人々が支えて行く民主的な文化支援のかたち」という点では、ハーブ&ドロシーのスピリットに通じるものがあります』と佐々木監督は語る。傍観するのではなく、積極的に関わることで見えてくるものがあるはずだ。ハーブとドロシーからのギフトを受け取りに、是非劇場に足を運んでみてはいかがだろうか。(「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」は3月30日(土)より、新宿ピカデリー、東京都写真美術館ほか全国順次ロードショー)

*1 クラウド・ファンディングとは、実現したいプロジェクトがある人々が、そのための資金を不特定多数から集める仕組み。インターネットを通じて比較的少額の支援を募り、プロジェクトの趣旨に賛同するサポーターから出資を得る。アート活動や社会貢献活動など幅広い分野で利用されており、欧米を中心に、ここ数年で急速な広まりをみせている。

*2 続編の公開にあたって、前作「ハーブ&ドロシー」の自主上映会の上映代金を無料にするキャンペーンを展開(2013年3月末まで)。「ヴォーゲル 50 x 50」にちなんで、全国で2,500回の上映を目指している。

「ハーブ&ドロシー 」公式サイト
http://www.herbanddorothy.com/jp

「ハーブ&ドロシー 50×50」クラウド・ファンディング・プロジェクト
http://motion-gallery.net/projects/herbanddorothy5050

佐々木芽生
北海道札幌市生まれ。1987年に渡米、以来NY在住。NHKのニュースディレクターやレポーターとして活躍。世界40ヶ国以上を飛び回りTV番組の制作に従事する。02年に自身のプロダクション「Fine Line Media」を設立。初めて監督とプロデューサーを務めた映画「ハーブ&ドロシー」が2008年6月にアメリカで公開され、各地の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞や観客賞を受賞。日本では2010年11月より自主配給にて全国で劇場公開。続編となる「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」が2013年3月に日本公開予定の他、国際捕鯨論争をテーマにした作品も製作中。

Text: Miki Matsumoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE