ヨハン・リンドバーグ

PEOPLEText: Victor Moreno

ファッション業界でクリエイティブディレクターとして羨ましいキャリアを持つヨハン・リンドバーグはデニムへと回帰し、今期は黒がテーマだ。紹介すると、彼のベイビー「BLK DNM」(ブラック・デニム)は、ニューヨークのダウンタウンのラファイエットに最近生まれた。90年代、彼はディーゼルの仕事で有名となり、自身と同名のスウェディッシュファッションブランドを立ち上げた。2007年にスウェーデンの投資会社プロヴェンタスが、元ジル・サンダーのデザイナーだったピエランジェロ・ダゴスティンをデザインディレクターとして迎え、ブランドのコンセプトごと業務を引き継いだ。ヨハン・リンドバーグが昔から続けている事(彼の核心とも言えるもの)は、彼の新しいプロジェクトからも見て取れる。

それは、彼の世界であり、彼の友人や彼の敬愛する人が訪れる場所でもある。ヨハンは、 「クローズアップ」で、彼の人生におけるイベントや、彼の友人や知人のポートレートを特集している。BLK DNM はメンズ、ウィメンズウェアの両方で展開されており、音楽分野でのサブカルチャー、直線のカット、黒いモチーフ、デニムやレザー等、沢山の要素を参考にブランドが作られている。 私達は、ヨハンに協力を得て、近年、ブラックデニムがどのくらい彼の制作に影響をもたらしているのか、振り返ってみる事にした。

Johan Lindeberg
Photo: Victor Moreno

ディーゼルで仕事をしていた時は、アメリカのオフィスにいたのですか?

いいえ、その時はイタリアにいたけど、アメリカでも1996年から仕事をしていたよ。その時はインターナショナルマーケティングディレクターをしていて、その後アメリカに行ったんだ。確か、その時の一番多かった仕事は、1991年の「Successful for Living」のキャンペーンを作る仕事だね。でも、沢山他にも仕事をしていて、6年間はストックホルム、イタリア、ニューヨークを飛び回っていたね。

lookbook-fallwinter-2012-menswear-04.jpg
BLK DNM FW2012 Mens Wear

その後、自身のブランドを立ち上げる為に、ストックホルムに移ったのですね?

そうだね。ストックホルムに移って、僕の名前でもあるJ. リンドバーグを立ち上げたんだ。ミラノとロンドンに住んでいたけど、仕事はストックホルムでしていたね。11年間、J. リンドバーグで働いたよ。そして、2007年にそこを離れ、ジャスティン・ティンバーレイクと仕事を始めて、彼のロサンゼルス発祥ブランド、ウィリアム・ラストでデザインを担当したんだ。そして、BLK DNM を2011年2月にニューヨークのダウンタウンで始めたんだ。

lookbook-fallwinter-2012-menswear-07.jpg
BLK DNM FW2012 Mens Wear

デイヴ・ガーン、アリソン・モシャートやその他、何人かの人と仕事をしたのは、J. リンドバーグの最後のキャンペーンですか?

それは最後のキャンペーンだね。ジュリエット・ルイスとリバティーンのカール・ラバーも、デペッシュ・モードのデイヴ・ガーンもそうだね。

lookbook-fallwinter-2012-menswear-12.jpg
BLK DNM FW2012 Mens Wear

どうやってそのアイディアを練ったのですか?

彼らは僕の友達だからね。デイヴから電話があって、彼の「Touring the Angel」ツアーの衣装デザインを僕がして、僕が彼に頼んで、キャンペーンに出てもらったんだ。ジュリエット・ルイスも同じで、彼女を良く知っているんだ。僕は友達と仕事をするのが好きなんだ。だって、その方が簡単だし、自然にできると僕は思うんだ。

lookbook-fallwinter-2012-menswear-13.jpg
BLK DNM FW2012 Mens Wear

何か以前やり残した事で、最近のプロジェクト「BLK DNM」で発展させている事や、以前の仕事と今の仕事をリンクさせている事はありますか?

そうだね。僕はそれをマニフェストの様なものだと思っていて、そこに僕が自分のキャリアの中でしてきた事、全てが詰まっているんだ。沢山の事をそこで続けているよ。

lookbook-fallwinter-2012-womenswear-05.jpg
BLK DNM FW2012 Womens Wear

BLK DNM をアメリカとスウェーデンのブランドどちらとして位置づけていますか?

ブランドの発祥はニューヨークのダウンタウン、ラファイエットだけど、スウェーデンではスウェディッシュブランド、アメリカではアメリカンブランドとして解釈されていると思うよ。良い事だと思うよ。90年代初め、ディーゼルをドイツの人はドイツブランド、イタリアの人はイタリアンブランドだと思っていたんだ。それはブランドにとって強みになると思うんだ。でも、今はニューヨークが僕の拠点で、そこから発信されているけど、その中には、スウェーデンの美学も入っていて、ニューヨークでもパリでも僕個人が好きなものが何でも入っているんだ。

lookbook-fallwinter-2012-womenswear-03.jpg
BLK DNM FW2012 Womens Wear

ニューヨークとストックホルム以外にも旗艦店はありますか?

卸売りは世界に向けてしているけど、僕達の店はその二つだよ。

lookbook-fallwinter-2012-womenswear-09.jpg
BLK DNM FW2012 Womens Wear

BLK DNM クローズアップ」とは何ですか?

それは僕達のブログだよ。そこに載っている写真は全部僕が撮ったんだ。それらは、僕の写真で、このブログの為に撮ったんだ。だから、毎日ブログは、自分で全部作って、世界のどこからでもアップするんだ。僕のブランドの服と写真を撮って、ストーリーを考えるんだ。言ってみれば、コラボレーションの様なもので、例えば、キャロライン・デ・メイグレでは、ここで使われている写真は全て僕がパリで撮ったもので、それを彼女が持っている雰囲気と合わせて、キャロラインのポートレートをブログにしてみたんだ。同じ様に、ステラ・シュナーベルや他の人ともこのコラボレーションはしたよ。僕が写真を撮るけど、彼女が彼女らしい雰囲気をそこに持ってくるんだ。

lookbook-fallwinter-2012-womenswear-14.jpg
BLK DNM FW2012 Womens Wear

どうやって協力してくれる人を決めるのですか?

とても自然な事で、つながりのある人や、尊敬する人、インスピレーションを受ける人かな。勿論彼らが僕のしている事に賛同してくれる人だという前提でね。例えば、キャロラインはとてもクールなフランス人女性で、フェイスブックで「ブログのストーリーの中のもの全ては私よ」ってメッセージを送ってきたんだ。だから、彼女は今では僕のミューズの一人だよ。

写真家として、他に何かのプロジェクトに携わった事はありますか?

特に無いね。ブログだけだけど、ものすごく深いよ(笑)。例えば、白いバラを使ったけど、これは、ブランドのシンボルで、とてもストレートにブランドのコンセプトを表しているんだ。これは僕の世界で、僕の好きなものでだって、とても簡潔にね。

BLK DNM New York
住所:237 Lafayette Street, New York
営業時間:11:00〜19:00(日曜日12:00〜18:00)
TEL:+1 212 956 .6259
nyc@blkdnm.com

BLK DNM Stockholm
住所:Master Samuelsgatan 1, Stockholm
営業時間:11:00〜18:30(土曜日17:00まで)
日曜日定休
TEL:+46 8 678 8300
stockholm@blkdnm.com
http://www.blkdnmcloseup.com

Text: Victor Moreno
Translation: Kazama Yoko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE