アート台北 2012

HAPPENINGText: Tomomi Sakuma

アジアでもっとも長い歴史をもち今年で19回目を迎えるアート台北が高層ビル「台北101」の隣にある台北世界貿易センターで行われ、約150ギャラリーがこのアートフェアに参加。半数以上がアジアパシフィックから、他にヨーロッパ、アメリカのギャラリーそしてレバノンとロシアのギャラリーが初参加となった。日本からは23のギャラリーが参加した。

アート台北 2012

このアートフェアでは無料のアートバスが走っており同時開催されていたアッシュ・ペー・フランス主催の「NEW CITY ART FAIR」開催地、華山1914クリエイティブパークにもバスが止まり、台北でのアートを満喫することが可能だ。

TingTingCheng.jpg
ティンティン・ツィン「Involuntary Reader」

これから活躍するアーティストを紹介するセクションではティンティン・ツィンの作品がひときわ目立っていた。彼女の作品は、ロンドンの地下鉄で配られる無料の新聞を横から撮影している。昔は情報を得るために新聞を売店で買っている人が多かったが、地下鉄で配られる無料新聞のように現在は向こうからランダムに情報がやってくる。

無料の新聞が読まれては、電車に残され、次の人の手に次々渡っていくのを目にした彼女は「どのように情報が流れていき、私たちが世界をみるのにどのように影響を与えているのか?」という疑問から、自ら情報を得る事をやめ、自分の手元にやってきた無料新聞のみで100日間生活する。写真はそのときに得た新聞だ。あえて新聞の文字や写真の情報を見せずに横から撮影されていることが、情報過多、氾濫に対する矛盾、私たちの世界や社会がメディアによってコントロールされていることに疑問を投げかけているようで、興味深い。これからの彼女の作品にも期待が高まる。

sputniko.jpg
スプツニ子「生理マシーン、タカシの場合。」

現代美術を扱う、SCAI THE BATHHOUSEでは宮島達男、アニッシュ・カプーア、スプツニ子らの作品の前に人だかりができていた。

特にヨーロッパでも話題をよんだセクシャリティと社会の関係性を描いたスプツニ子のミュージックビデオ「生理マシーン、タカシの場合。」の前に多くの人が集まっていた。この映像作品は、女の子の気持ちを感じたいという欲求をもつタカハシを作家自らが演じ、女装し、<生理マシーン>をつけて街に繰り出すストーリーだ。コンセプト、ファッション、キャラクター、音楽など彼女の独特の世界観が、台湾の若者の関心を引きつけたようで、常に人だかりが途絶えることがなかった。

ADAM.jpg
アダム・ニート「THE BLACK CHAIR」

ロンドンからのギャラリー、エルムス・レスターズはストリート出身のアーティスト、アダム・ニートの作品を出展していた。彼は2008年、ロンドン中に作品を飾るという夢をかなえるために1000点のプリントをロンドンの街中におき、作品を見つけた人が持ち帰れるというイベントを行っている。キャンバスは使わず、段ボールを集め、それに作品を描いていた彼だが、ギャラリーにおかれた作品はディメンショナル・ペインティング(3Dペインティング)が飾られていた。自画像や彼のパートナーが描かれており、アダムが彼自身や彼をとりまく環境を深く冷静に見つめているような感じがした。

さらにギャラリーの正面には彼の写真が大きくはられ通る人々が足をとめて、ギャラリーブースの中に入っていき、作品を食い入るようにみていた。ギャラリーオーナーの話を聞くと、彼がどれだけアダムの作品を気に入っているか、どれだけ作家を大切にしているかがよく伝わってきた。アダムの作品の変化、作風の追求をやめないでどんどん進化していく姿勢に魅力を感じてやまない。

SUGIMOTO.jpg
杉本博司「海景」シリーズ

またアートレクチャーではゲストに杉本博司氏を迎えたものがあり、多くの人が彼の話に耳を傾け、熱心に質問をしていた。

ARTTAIPEI3.jpg

アート台北は国内外のギャラリーに開かれたフェアで国際的なコレクター、キュレーター、アート好きの高い期待が集まる場所になっている。クラシックなペインティングから現代美術までジャンルと時代を超えた作品を見る事ができるこのアート台北は、アジアンアートフェアの中心として、これからますます活発化していくアジアンアートマーケットを支えていくイベントであろう。

アート台北 2012
会期:2012年11月9日〜12日
会場:台北世界貿易センター
住所:No.1, Jingmao 2nd Rd., Nangang District, Taipei
http://www.art-taipei.com

Text: Tomomi Sakuma
Photos: Tomomi Sakuma

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE