オープンリールアンサンブル

PEOPLEText: Yu Miyakoshi

オープンリールアンサンブルの演奏器であるオープンリール・デッキ (剥き出しのテープを搭載した旧式のオープンリール式磁気録音機) が一直線に並ぶとき、舞台の上に新しい空間が生まれる。80年後半、90年代生まれの彼らが旧来の機械と現代のコンピュータをドッキングさせてしまったという「楽器」は、私たちに今までに聞いたことがなかった音楽を届ける。テープが発する独特な反響音はきわめてポップで、時にクラシックでもロックでもある。2009年に実験的なプロジェクトとしてスタートしたこのグループは海外でも評価が高く、フランス、スペイン、イタリアからオファーを受け、国内でもソナー・トーキョー、センス・オブ・ワンダーなどに出演している。また、アートのフィールドを意識したという先日のG/Pギャラリーで行われたデモストレーションはアブストラクトな要素が強く、未知の風景と邂逅させられた気がした(「Electronicos On」2011年10月14日)。
今回のインタビューでは、2011年10月30日に行われた武蔵野美術大学の学園祭で行われたライブ前の楽屋で話を聞くことができた。

オープンリールアンサンブル
左から難波卓己、吉田匡、和田永、吉田悠、佐藤公俊 Photo: Yu Miyakoshi

メンバーの皆さんの出会いからグループ結成までの経緯について教えていただけますか?

和田:大学(多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術)の時に研究室でパフォーマンスの発表みたいなものがあって、佐藤君と僕と、他にも何人かで集まって何かできないかな、ということで僕が知人から譲り受けて持っていたオープンリールという機械を持ってきたのが始まりです。

佐藤:和田君がオープンリールを3つぐらい持ってきて、「これ。」って、ドーン、と。初めて見た時は「なんじゃこりゃ」という感じでした。テープが剥き出しですもんね。カセットテープはケースの中に収まってるじゃないですか。それが剥き出しっていうのが新鮮でした。

和田:大きさといい、ビジュアルといい、発掘されたものみたいだったよね。

佐藤:デッキが並んだ時は壮観でしたね。

和田:ちょうどその時に機械をコンピューターで制御するみたいなことも勉強していたので、オープンリールとコンピューターをドッキングさせたらどうかな、とか言ってオープンリールの中を開けて、配線を切ったりして動かしたら、「キュ!」なんて言うんで、これはやっぱり楽器みたいなものだろうと。それから佐藤君がシンセサイザーを持って来て、繋いでみたりもしました。それで、このオープンリールというもはや遺物と化したものを使って楽団をやったらいいんじゃないか、ということでプロジェクト名をホワイトボードに書いたりしていて。その時にオープンリールアンサンブルという名前が出てきたんです。

OpenReel_4.jpg

他の三名の方がメンバーに加わったのはその後ですか?

和田:三人とはもともと中学と高校(私立和光中学校/高等学校)が一緒だったんです。

吉田(悠):和田君とは高校の時にバンドを組んで音楽を一緒にやっていた繋がりがあって、2009年にオープンリールのプロジェクトとしてNTTインターコミュニケーション・センターでコンサートがあるという時に、もう一回招集されたという感じで、その時に今のメンバーになりました。

和田:彼らは僕の家にオープンリールがあったことも知っているんです。オープンリールは僕が中学の時に知人から譲り受けたんですが、その頃は家で音を録音して遊んでいたりしていて。

吉田(匡):和田君がそういう機械いじりが好きなんだ、ってことは皆知っていました。(笑)

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE