ニースデン・コントロール・センター

PEOPLEText: Noriyuki Abe

ハンドドローイングで描き出される、ライン、タイポグラフィや表情にパターン。時には切り抜いた写真や様々な素材とコラージュされ、またある時は動きをもったビデオ作品や立体の作品として表現されるニースデン・コントロール・センター(Neasden Control Centre)のアートワーク。

緻密に描き込まれた作品でも、全ての線がユニークで個性を持ち、彼ならではの視点でモチーフにフォーカスした作品は、私たちに新たなストーリーや発見に気づかせてくれる。

ロンドンをベースに世界中のクライアントたちとプロジェクトに取り組みながら自身の作品制作も継続して行っているニースデン・コントロール・センター。日々、彼のスケッチブックには沢山の新たなイメージが描き足されていく。

ニースデン・コントロール・センター

ニースデン・コントロール・センターについて紹介をお願いします。

ニースデン・コントロール・センターはクリエイティブ・ディレクターのスティーブ・スミスが2000年に設立したロンドンを拠点とするデザインスタジオです。様々なプロジェクトや展覧会での活動を通して、その直感的なプロセスと、それを経て制作された作品が知られています。

ncc_Shift_1.jpg
Royal Monceau

最近の活動について教えてください。

建築協会が運営している団体アンノウン・フィールズ・ディヴィジョンに、アーティスト・イン・レジデンスとして参加する招待を受けました。次の新刊と私が来年参加する展示会に向け、廃れてしまった建築のリサーチのために、チェルノブイリとロシア宇宙センターに2週間滞在しました。それと同時に商業的、非商業的なプロジェクトにも取り組んでいます。

いつ、どのようにして制作活動を開始したのですか?

私はずっとイラストを描き続けていて、これこそ自分に向いている事だととても強く感じています。また、様々な異なるレベルや表面の中で世界と対話していく事をとても重用視しています。

ncc_Shift_4.jpeg
index-16

あなたがアートワークを作るプロセスの中で大切にしている事を3つ教えてください。

アイディア/プロセス:どの素材をどこにどうやって使うかという事。
偶然:失敗もプロセスの一部にしてしまう事。
文脈:作品を取り巻く周囲に目を向け、作品が持つ意味を考える事。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
クォン・オサン
MoMA STORE