横浜トリエンナーレ 2011

HAPPENINGText: Toshiaki Hozumi

「OUR MAGIC HOUR - 世界はどこまで知ることができるか?」

3年に一度の国際美術展・横浜トリエンナーレの第4回目が、8月6日(土)からいよいよ始まった。総合ディレクターとして逢坂恵理子氏(横浜美術館館長)、アーティスティック・ディレクターとして三木あき子氏という女性ふたりが、4回目にして初めて就任したということでも話題になっている。

09_MG_2812s_autoR.JPG
Carsten Nicolai, autoR, 2010 / 2011 (New Version). Installation view for Yokohama Triennale 2011.
Courtesy Galerie EIGEN+ART, Leipzig / Berlin and The Pace Gallery
Photo by Keizo Kioku. Photo Cortesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

また、その中で、初めて横浜美術館が主会場のひとつとなった。またもうひとつの主会場は、前回も使用された日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)であり、非日常性や新鮮味の薄い既存のホワイトキューブ施設を使って、どれだけ国際展としての祝祭性が保てるのかが興味をひくところでもあった。

これまで横浜トリエンナーレは国際交流基金と横浜市、NHK、朝日新聞社が主催となっていたが、今回は事業仕分けのために、主催から国際交流基金が離脱し、横浜市が運営の主軸となった。その上での国際展としては苦肉の会場選択と言えるであろう。

01_ronginone.jpg
Ugo Rondinone, moonrise.east.march, 2005. Photo: Ellen Page Photography, New York
© Ugo Rondinone. Courtesy the artist and Galerie Eva Presenhuber, Zürich

今回のトリエンナーレのテーマは、「OUR MAGIC HOUR - 世界はどこまで知ることができるか?」。アートの力によってひとびとを別世界へ誘うという意味では、第2回展の「アートサーカス」(2005)、第3回展の「タイムクレヴァス」(2008)と共通しているが、今回は、魔術的だったり不思議だったりプリミティヴだったりするような作品約300点(77組/79名)が展示されている。

テーマを補完する具体的なメタファーとして、「円・球/循環」「儀式」「錬金術」「夢」「見えるもの/見えないもの」「トランス=神がかり」などといった、作品を読み解く様々なキーワードがちりばめられていて、そのキーワードをどの作品に読み取り、どの作品同士を結び付けて、どのようなストーリーを紡いでいくか、個々の観覧者に任されている。

中には横浜美術館の所蔵品であるマグリット、エルンストなどのシュールリアリズムの画家の作品や、時空を超えて語りかける浮世絵、また北海道出身の砂澤ビッキの作品などもとりまぜているが、約9億円という国際展としては決して多くはない予算の中で、新旧かかわらず作品の結びあう意味を輻輳させ、テーマを広げようとする試みであろう。

まず、横浜美術館のファサードには、ポスターにもなっているウーゴ・ロンディノーネ(スイス/アメリカ)の作品が12体並び、アニミズムとアニメキャラの混淆のような作品が子供たちの人気を集めている。

02_MG_2191_Yin-1.jpg
YIN Xiuzhen, One Sentence, 2011. Installation view for Yokohama Triennale 2011.
Courtesy ALEXANDER OCHS GALLERIES BERLIN | BEIJING
Photo by Keizo Kioku. Photo Courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

エントランスには、大きな渦巻き状の台に、衣服をほどいて108個の円形にした尹秀珍(イン・シウジェン、中国)の作品が置かれている。また、その奥にはアクリルでつくった迷路があり、迷路の中央では現代のシャーマンを象徴するオノ・ヨーコ(日本/アメリカ)本人が不定期に電話をかけてくるという作品「テレフォン・イン・メイズ」が展示されている。

03_MG_3674.jpg
Yoko Ono, TELEPHONE IN MAZE, 2011. Installation view for Yokohama Triennale 2011
© 2011 Yoko Ono. Photo by Keizo Kioku. Photo Courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

いずれも通常の美術館とは異なる祭祀的な雰囲気をもりあげており、出だしとしてはまずまずがんばっているな、という印象だ。空間に丁寧に作品同士を組み合わせた展示となっている。

感心したのはライアン・ガンダー(イギリス)の100個のクリスタルボールがランダムに置かれている作品とリヴァーネ・ノイエンシュワンダー(ブラジル)のシャボン玉の映像作品の組み合わせ。それぞれ移動しながら観覧する作品が、一体のものであるように見えて、どこまでも続くような永続性を思わせる。

04_cantor.jpg
Mircea Cantor, Tracking Happiness, 2009 © 2009 Mircea Cantor
Courtesy the artist, Yvon Lambert, Paris and Dvir Gallery, Tel Aviv

ミンチャ・カントル(ルーマニア)の映像作品「Tracking Happiness(幸せを追い求めて)」は、真白い空間の中を純白の衣裳の女性たちが、ほうきで前を歩く女性の足跡を消し続けるという作品。「円環」「巫女性」「祭祀性」などを読み取ることができるが、生成と消滅、徒労と永遠などといった普遍的なテーマを同時につよく意識させつつ、その白を基調とした映像の美しさに目をひかれる。

06_CreditKatoKen_DSC5835.jpg
Mike Kelley, Kandor City, 2007 – 2009. Installation view for Yokohama Triennale 2011
Photo by Ken Kato. Photo Courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

今回は、このような有無を言わさない「美しさ」と出会う作品が多かった。YBAのアンファンテリブル、ダミアン・ハースト(イギリス)も、教会のステンド・グラスを思わせる作品を出品し、LAアートシーンのグロテスクと呼ばれた・マイク・ケリー(アメリカ)ですら、色とりどりの半透明の物体でつくりあげた宇宙の架空都市の作品を出している。アラーキーこと荒木経惟もいつもの私小説的なセクシャルな表現ではなく、被災地に咲き誇る花を撮影した作品もあり、これらも理屈抜きに美しい。

07_MG_3539s.JPG
Nobuyoshi Araki, HISAIBANA [Flowers for Victims], 2011 and Nostalgia, 2011
Installation view for Yokohama Triennale 2011. Courtesy Taka Ishii Gallery, Tokyo
Photo by Keizo Kioku. Photo Courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

おそらくは、現代アートに慣れてない観覧者にも「美」術としてわかりやすく楽しめることを目指した「ねらい」のひとつであるように思われた。その美しさへの志向はもうひとつの会場、日本郵船海岸通倉庫でも同様だった。

ピーター・コフィン(アメリカ)が映し出す、フルーツの透視画像が天体として飛び交う宇宙空間は、美しくヴィヴィッドな視覚体験を提供してくれるし、シガレット・ランダウ(イスラエル)の映像作品は、死海に500個のスイカとアーティスト自身が登場して、ゆっくりとフォーメーションがほどかれていく様子を描きだし、音楽のようなリズム感と色彩の美しさが際立っている。

CarstenNicolai2.JPG
Carsten Nicolai, fades, 2011. Installation view for Yokohama Triennale 2011. Photo by Toshiaki Hozumi

また、カールステン・ニコライ(ドイツ)は、放射された光線が細かな霧で満たされた暗い部屋の中で様々なかたちに変化する光の彫刻「フェーズ」を出品している。単純な装置で光の美しさをみせるとともに、光に動きに伴って高温のノイズも発せられ、身体感覚を揺さぶられる。

10_MG_2667_Hatsushiba.JPG
Jun Nguyen-Hatsushiba, Breathing is Free 12,756.3: JAPAN, Hopes & Recovery, 1,7892011.
Installation view for Yokohama Triennale 2011. Courtesy Mizuma Art Gallery, Tokyo.
Photo by Keizo Kioku. Image Courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

ジュン・グエン=ハツシバ(ベトナム)の作品は、ホーチミン市と横浜市の地図とを重せね合わせた映像作品。映し出されたその地図の上に浮かび上がる桜の花は、アーティスト自身やボランティア、総合ディレクターの逢坂氏などが今後の日本への祈りを込めて走った軌跡であることを知ると、その美しさはさらに際立って見える。

11_MARCLAY.jpg
Christian Marclay, The Clock, 2010 © Christian Marclay. Courtesy White Cube

このトリエンナーレ全体を通して白眉と言える作品は「The Clock」。開催中のヴェネツィア・ビエンナーレで最高賞を受けたクリスチャン・マークレーの作品で、今回最も話題となっている。古今東西の映画の中から、時計や時間を告げるシーンを抽出した作品だが、実時間と同じになり、しかも連続した映像として見られるように編集してある。観覧者側の日常と作品中の物語が、時間という一点を通して同調し、作品の中を変転しながら生きることができる。観覧者の滞在時間が長く、常に混んでいるようだが、確かにいつまでも見ていたくなるような作品だ。これもめくるめく映像の「美」と観覧者がもつ「美」の概念を重ねやすい作品だ。

今回の横浜トリエンナーレは、そうした美しくも小ぶりな作品や映像が多く、スペキュタキュラーな迫力のあるインスタレーションは少ない。旧作も多く、丁寧にディレクターたちの目が隅々まで行きわたる範囲でつくられていて、それだけに破綻もないのだが、作品展としてだけ見るといささかの物足りなさが残る、とも言えよう。

12_1_koganecho.jpg
黄金町バザール
Sutthirat Supaparinya, Welcome to LOVE LINK DOLLS – Your Voice, 2010

横浜市が運営の主軸となったことにより、トリエンナーレとしての祝祭性や美術展覧会としての規模を大きくするより、「新・港村―小さな未来都市」や「黄金町バザール2011」などの連携事業と協同することによって、横浜という地域性や、全国の草の根のアート活動のつながりの強化、また横浜市民や東京都民が細かく見て、何度も足を運べるようなイベントにしようという意図だったのではないだろうか。総合ディレクターの逢坂氏は「みる」のほかに「そだてる」「つなげる」という言葉を方針としてあげている。

12_2_shinminatomura.jpg
新・港村〜小さな未来都市(BankART Life Ⅲ)

また、それに関連して、震災による危機感を反映させたこと、外国人作家よりも日本人の若手作家を多く紹介したこと、エッジな作家を紹介するよりもテーマ性を重視して作品同士のさまざまなレベルでの連動を期待したことなどが今回の横浜トリエンナーレの特色としてあげられる。グローバルな国際展が、ローカルで行われることの意義や力をあらためて考えさせられる内容であった。

毎回毎回、運営方法や会場やディレクターの選出方法ががらりと変わり、一から試行錯誤を繰り返すことを余儀なくされてきた横浜トリエンナーレは、今回も、国際展というものの行く末を様々な点から暗示していたと言えるだろう

ヨコハマトリエンナーレ2011
OUR MAGIC HOUR-世界はどこまで知ることができるか?ー

総合ディレクター:逢坂恵理子(横浜美術館館長)
アーティスティック・ディレクター:三木あき子
会期:2011年8月6日(土)~11月6日(日)
開場時間:11:00~18:00 ※入場は17:30まで
入場料:【特別連携セット券】一般1,800円、大学生・専門学校1,200円、高校生700円
※ヨコハマトリエンナーレ2011、BankART LifeⅢ、黄金町バザール2011へ入場できるセット券
会場:横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、その他周辺地域
主催:横浜市、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
共催:公益財団法人横浜市芸術文化振興財団
支援:文化庁(国際芸術フェスティバル支援事業)
特別協力:国際交流基金
http://www.yokohamatriennale.jp

Text: Toshiaki Hozumi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE