キャピタル

HAPPENINGText: Rachel Alexis Xu

『何かで読んだことがあった。ある死刑囚が、死の一時間まえに、どこか高い絶壁の上で、しかも二本の足をおくのがやっとのようなせまい場所で、生きなければならないとしたらどうだろう、と語ったか考えたかしたという話だ、−−−まわりには深淵(しんえん)、大洋、永遠の闇(やみ)、永遠の孤独、そして永遠の嵐(あらし)、−−−そしてその猫(ねこ)の額ほどの土地に立ったまま、生涯(しょうがい)を送る、いや千年も万年も、永遠に立ちつづけていなければならないとしたら、−−−それでもいま死ぬよりは、そうして生きているほうがましだ! 生きていられさえすれば、生きたい、生きていたい! どんな生き方でもいい、−−−生きてさえいられたら!・・・・・・なんという真実だろう! これこそ、たしかに真実の叫びだ! 人間なんて卑劣なものさ! その男をそのために卑劣漢よばわりするやつだって、やっぱり卑劣漢なのだ』−「罪と罰」ドストエフスキー(工藤精一郎 訳)

CAPITAL

無力で不運な人間が社会、そしてモラルの恣意性に局面したとき、それがアーティスト、シーラン・パライとシーリン・アリがミックスメディアをつかい、大胆にも死刑への観点を提示し、表現した展覧会「キャピタル」の特徴だ。

row.jpg

この展覧会が政治の関心を引くのは、選択の余地のない死刑制度で知られていないシンガポールにとって適切な内容であるからであろう。数年にもわたる人権政治活動家による講義により国の制度が過酷、不当である非難されたが、公共との関わりや、法律の現実的な観点への追求などでの進歩はあまり見られてない。

viewer.jpg

神経が高ぶり、重い問題に凝り固まった展示の悩むところはトラックに敷かれたような気持ちで観覧者が会場を後にする事だ。つまり論争できる能力の数量を超えてしまうという事。キャピタルは多くの作品を色々な解釈が可能な様にし、みる者が問題に対し沈思できるようにする事でこれらを防いでいる。

body-bag.jpg

この展示には皮肉にも辛辣な美しさが吹き込まれている。司法組織を批判したとして刑務所に入ったアラン・シャドレイク氏による作品、「Once A Jolly Hangman」の散文が、日光がチャンギ刑務所にロマンチックとも言える色相を映し出すノスタルジアを誘う写真を装飾する。黒い遺体袋がむき出しになった白い壁にかけてあり、小さな隙間から赤紫色のランが灰色のコンクリートの床に落ちる。忘れられない様な表情をした絞首台へ送られた個人の印刷が文字盤に施された時計、その針は絞首刑にあった正確な時間に止まっている。ひとつ、壁の端で動いている時計がある。現在、判決に対し上訴中の若い麻薬違法商人のヨン・ブイ・コング氏の事件だ。どれも耳障りであり叙情詩的だ。

clocks.jpg

そんな様々な解釈が可能な作品が多い展覧会は、テーマについて少しも知らない(無力で不運である)個人の場合、アーティスト達にとって不利になる可能性がある。シンガポールにいる多くの人は、法律による影響に疑問を抱かず、その影響は現状の一つとして精通している。作品とみる者の間の対話は絡まるか、生ぬるいままになるかだ。

nathan-cabinet.jpg

この展覧会の成功と言えば、アートを使って一見不愉快なものに美を添え、人が避けるものを口当たり良くし、暗い現実に明かりを照らし、人の矛盾する卑劣さ、もろさ、そして何より力に新しい角度と観点を与えた事だ。

この展覧会は、2012年4月にアサイラムにて巡回予定。

CAPITAL
会期:2011年5月21日〜5月26日
会場:Post Museum
住所:107+109 Rowell Road S209033
TEL: +65-6396-3598
http://www.post-museum.org

Text: Rachel Alexis Xu
Translation: Meiko Maruyama
Photos: Rachel Alexis Xu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE