チン↑ポム

PEOPLEText: Yuko Miyakoshi

現代アート界の革命児?

Chim↑Pom(チンポム)は、2005年に6人で結成。活動当初よりカンボジアで高級バックや石膏像を地雷で爆破した「サンキューセレブプロジェクト アイムボカン」、広島市上空に「ピカッ」という文字を飛行機雲で描いた「ヒロシマの空をピカッとさせる」などの作品で注目を集めている。現代社会に介入した社会派作品で評価を得ており、国内外の展覧会に多く招待されている。第29回サンパウロ・ビエンナーレへの参加や、2010年に開催された「アジア・アート・アワード」で日本代表に選ばれるなど、海外からの注目度も高い。

Chim↑Pom(チンポム)
Chim↑Pom(チンポム)メンバー Photo: Hiroyuki Matsukage
前列右から時計回りに 卯城竜太、エリイ、林靖高、水野俊紀、稲岡求、岡田将孝

この度の展覧会「REAL TIMES」(リアルタイムス)では、渋谷駅に展示されている岡本太郎の「明日の神話」に福島第一原発を思わせる絵が付け加えられていたというパフォーマンスの当事者であったことが公表され、実際に設置された絵の原画を含めた展示が行われた。今回はリーダーの卯城竜太氏、岡田将孝氏の二人からお話を伺った

今回の展覧会の作品についてご紹介いただけますか?

nevergiveup%21.jpg
「Never give up!」(2011) © Chim↑Pom
Photo: Kei Miyajima Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

卯城:広島での製作以来親交がある被爆者団体の代表の坪井直さんという方がいます。今回の震災や原発事故で街が壊滅したり、放射能の脅威を感じたことから、今ヒロシマに立ち返ることの重要性を感じました。「ネバーギブアップ」は坪井さんが自身の執筆やトークなどで50年以上言い続けてきた座右の銘、というかメッセージです。3回もの危篤を乗り越えてきた自分へのネバーギブアップもあるだろうし、核兵器廃絶を目標としたネバーギブアップや、広島の復興への思いなど、色々な意味で坪井さんの言うネバーギブアップは今重要な言葉だなと。それで、ファックスでその言葉を送っていただき、そのファックス用紙を福島県の相馬市で廃棄された額に入れて展示しました。

nihonken1.jpg
「日本犬」(2011) © Chim↑Pom
Photo: Kei Miyajima Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

卯城:「日本犬」という作品は、震災直後にメンバーの水野君と稲岡君が相馬市を訪れた時に撮影した犬の写真です。物資を届けながら被災地へ行ったのですが、その頃はまだ野良犬になってしまった飼い犬が沢山いました。壊滅した家の前で犬が喉を鳴らしていて、何だろうと思って目を合わせると、こっちを気にしながら歩き出したそうです。で、たまに振り返ってはまた目を合わせる、また歩き出す、そんな感じだから何か呼ばれてるように思ってついていくと、壊滅した家の中の布団の上に足をケガした別の犬がいたそうです。その時の2匹の犬の写真です。

nihonken2.jpg
「日本犬」(2011) © Chim↑Pom
Photo: Kei Miyajima Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

卯城:その犬の写真を、宮城県名取市で廃棄されていた額に入れています。そして、犬と同じシリーズなのですが、津波で流された牛の死骸と、ぽつんとたたずんでいる猫の写真を同じように額に入れて展示しています。

ChimPom.jpg
「被曝花~ハーモニー~」(2011) © Chim↑Pom
Photo: Kei Miyajima Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

卯城:「被曝花~ハーモニー~」は、フラワーアーティストの柿崎順一さんとのコラボレーションです。僕たちが福島県の原発から30kmぐらいのところで、ガイガーカウンターで計りながら除染して採取した花や植物を、生け花にしてもらった作品です。今はまだシリアスな状況ですが、こういう時こそ「美しさ」が必要だと思いました。特に生命の美しさにこだわったので、美の象徴である花を選びました。植物は逃げることができません。環境がどうなろうと運命を全うするしかないものです。でも花の美しさは変わらない。自ら撒いた種に右往左往する人間との対照的な生き方を、生で感じるための作品です。

100renpatsu.jpg
「気合い100連発」(2011) © Chim↑Pom

卯城:「気合い100連発」は、福島県の相馬市で仲良くなった若者たちのグループと気合いを100連発入れるという映像作品。相馬市は原発も近いこともあり、他の被災地に比べてボランティアがあまり来ませんでした。なので彼らは被災者だけど復興や救援も自らの手で行っています。その悲しみと明るさが混じった状況でのノリノリな気合いです。「復興頑張ろう!」から「彼女欲しい!」まで、何でもありのアドリブでやりました。

9.jpg
「レベル7 feat. 明日の神話」(2011) © Chim↑Pom
Photo: Kei Miyajima Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

※2011年5月1日、渋谷駅に展示されていた岡本太郎の絵に原発事故を思わせる絵が付け加えられていたということが判明し、事件として取り沙汰された。今回はそのパフォーマンスの際に取り付けられたパネルの原画が展示されていた。

チン↑ポム

この作品は岡本太郎さんの作品を継承しているとか、岡本さんへのオマージュといったことから繋がってきているのですか?

卯城:「明日の神話」は、パブリックアートとして国民的な壁画です。外で作品を制作・展示するときは、グラフィティにしろ、パブリックアートにしろ、美術好きな人が、作家が誰なのかとか、どういう美術史的な作品なのかという見方で見るわけではなくて、一般的に面白いかどうかとか、そういうところで色んな人たちに見られるわけです。なので、岡本太郎さんへの思いや、岡本太郎とチンポム、というよりも、「レベル7という事象と明日の神話」で構成しています。

岡田:ギャラリー内でやるより、ダイレクトに届くんですよね。外でやると。

卯城:「レベル7 feat. 明日の神話」というタイトルなのですが、リミックスでもコラージュでもサンプリングでもコラボレーションでもなく、正にフィーチャリングとしか言いようがなく、レベル7が明日の神話をフィーチャーしたというような感じがあります。意外と今までのアートには、そういう手法は無かったなと思っていて、フィーチャリングっていうのが気に入ってきています。

作品のアイディアはどのように着想を得るのですか?

卯城:渋谷とかで会議することが多いので、「明日の神話」を見ながら考えました。あれが広島、長崎から第五福竜丸をモチーフにした「被曝のクロニクル」だっていうことは皆分かっているので、ここに福島原発を足す…。あそこの空きスペースに設置できる…。しかも海…。そういう流れです。
今回の事故を考えるときに、クロニクルという歴史的な見方は大事だと思います。放射能や被爆は、日本人の中で、どこか20世紀の話になっていたような感じがあったように思います。でもその間も僕たちは原発に依存しつづけてきました。この作品は、放射能と深く付き合ってきたはずなのに、原発安全「神話」の中で被爆体験を過去化してしまった日本が、21世紀になってまた被爆してしまったことを表しています。それを美術史に沿って一般化しました。

設置したのは昼間だったのですか?

卯城:夜の九時と十時の間です。

人もいたのではないでしょうか?

卯城:もちろん。やり方としては、あの場所は棚になっているのでそこに立てかけました。転倒防止用に、壁画の右下を保護するアクリルボードを壁に設置している金具に合わせて絵に切り込みを入れて、アクリルボードの出っ張り部分でつっかけました。あとは絵の裏に一番粘着力の弱いマスキングテープを貼って、設置しました。最初から準備していたので、作業自体は手際よく進み、早く終えることができました。

REALTIMES.jpg
「リアルタイムス」(2011) © Chim↑Pom

卯城:福島第一原発の横の東電の敷地内に、市民に解放している展望台があります。今は立ち入り禁止区域になっているので入れない場所です。これは立ち入り禁止になる前に撮影したもので、正門のすぐ近くから40分くらいかけて歩いて展望台に向かうという映像作品です。タイトルは、新聞名を彷彿とさせる「TIMES」、リアルな時代という意味での「リアルタイムス」。「今」ということでの「リアルタイム」から着想しました。展望台からは、崩壊して煙が上がっている建屋と、汚染水が流れ出ている太平洋が見えました。そこで白旗を出して、日の出からデザインされたという日の丸を書き込んで、日章旗などの放射状のイメージから日の丸を放射能のマークに変えていきました。そもそも、避難命令が出てからというもの、報道陣がそこまで入り込まなくなったことに違和感がありました。だって報道陣が入れないような場所で、同じ人間が働いているわけですから。でもニュース映像はずっと30キロ外からの映像を鮮明化しているだけだし、いったいそこはどうなってるんだという疑問がずっとありました。
僕たちが実際体験することで今回の展覧会の作品はだいぶ変わりました。明日の神話の作品で描いた建屋も、ニュースで見たものではなく、自分の目で見たものだというのが大事だと思います。

24.jpg
「ウィズアウト・セイ・グッバイ」(2011) © Chim↑Pom
Photo: Kei Miyajima Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

卯城:福島第一原発に一番近い畑に防護服とガスマスクのかかしを立てたのが「ウィズアウト・セイ・グッバイ」という作品です。

岡田:原発の付近には、人はもちろん居ない訳ですが、時々来る車の中に乗ってる人たちは、全部防護服を来た現場の職員で、そういう人達はほとんど、ほぼ死を覚悟してると思うのです。

卯城:なので、それへのオマージュとしてカカシを立てました。その畑は土壌も汚染されているし、もう誰も使用出来なくなってしまった畑なのですが、そこを誰にも見られずに何かからずっと守り続けなければいけない。ひょっとしたら立ち入り禁止になって10年後にも、ひとりでそこに立っている——そんな使命感をおびたカカシです。

岡田:使命感であり、原発の犠牲者。

卯城:タイトルの「ウィズアウト・セイ・グッパイ」というのは、さよならなんか言わない別れ、といった感じです。

岡田:それからテント地に筆で書いた「ダーティー・ディーズ・ダーン・ダート・チープ」。もともとは「AC/DC」の曲名なのですが、「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画の「スタンド」と言う、その漫画の世界では重要な役割のラスボス的なキャラクターの能力の名前です。その翻訳が「いともたやすく行われるえげつない行為」というのですが、それってもう、ズバリ、今の原発を指す言葉にぴったりだなぁと思い、その言葉をひたすら書き続けた作品です。

erokitelkibou.jpg
性欲電気変換装置「エロキテル」実用機「キボウ」(2011) © Chim↑Pom
Photo: Kei Miyajima Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

卯城:随分前に作った発明品の三号機です。エネルギー問題があり、前々から石油が無くなるとか、クリーンエネルギーだとか言われています。それで既存のエネルギーの代替品として、性欲を使えるのではないか。これはとんでもないエネルギーを秘めているぞと思って。それでスポーツ新聞の三行広告に「チ○ポム エロキテル」とか携帯の電話番号を書いておくと、かなりかかってくるのです。かかってくると、こっちで携帯が鳴る。そうすると電気が点く仕組です。
第一号機は普通に電球でやってみて、二号機はアメリカでのUSAバージョン。アメリカの場合は電球どころではなく、稲妻を発生させる装置を使って電話がかかってくると稲妻がバアッと散る。今回は原発のこともあり、停電もあったので、これはいよいよ実用に踏み切るしかないと思い、家庭用実用機にして「エロキテル」実用機「キボウ」という名前にしました。今機はかけてくると、展示会場内のあかりが20%ぐらい明るくなります。

今回一番力が入っていた作品はどれですか?

卯城:全てに思い入れがあります。坪井さんの作品(Never Give Up)ももちろんですし、「日本犬」も、ジャパンアートドネーションという、被災地への支援のアート団体からチャリティー展の出品の提案があった時に出したりと、一つ一つに思い入れがあります。

Chim%20Pom_Black%20of%20Death_2007_performance.JPG
「BLACK OF DEATH」(2007) © Chim↑Pom
Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

震災後に作品を作るにあたり、今までと変わった事はありましたか?

卯城:今までも、広島でやったり(ヒロシマの空をピカッとさせる/2008)、カンボジアで作品作ったり(サンキューセレブプロジェクト アイムボカン/2007)と出張製作はしてきましたし、渋谷でのカラスを集めるというパフォーマンス(BLACK OF DEATH/2007)を編集してギャラリーで発表するという事もしてきました。基本の活動のスタンスは何も変わってはいません。

CPPIKABT.jpg
「ヒロシマの空をピカッとさせる」(2008) © Chim↑Pom
Photo: Cactus Nakao Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo

でも何が変わったかというと、大きな出来事の当事者になったことです。世界的な大変な社会問題にぶちあたった、という意識はありますね。そして、あの時に日本のアーティストは何をしたか、というのがいつか問われると思うようになりました。未来の作家たちや、過去に色々やってきた作家たちももちろんそうですし、未来や過去の社会や思想、様々な視点からの目が今の自分たちに向けられてるということを感じるようになりました。でもこれは実は僕たちだけじゃなく、全ての日本人にも言える事だと思います。

作品を発表するたびにメッセージ性があると言われると思うのですが。

卯城:社会の問題は、最初から現実の中にあるものであって、僕たちはそれを見ているだけなのです。現実にある問題を、見ないようにしているフィルターを外すだけです。それを避けて通ったりするのは簡単なのですが。なのでそれによって、僕たちはこういうことを訴えたいといったメッセージや方向性がある訳ではなく、基本的にはそのまま現実を映しているだけです。今回「リアルタイムス」と題していますが、リアルなものが好きだからです。リアルに見て体感して表現してるだけ。ただそれだけです。

岡田:周りの人が勝手にメッセージを読む、ということで誤解が生じたりもしますよね。

卯城:もちろん批判もありますが、自分たちに批判のほこ先が向いた時に、作品を作った者として、ただ単純に批判を浴びるのか、それとも自分たちがアイコンになって、自分たちを通した現実社会にそれが向く仕組になっているのか。例えば「SUPER RAT」では、動物愛護団体などから批判もありましたが、現実問題として毎日何百匹もねずみが殺されている。自分たちがアイコンになって、その裏側にある現実の問題を見て見ないふりしてるというところへの批判になっているかどうかだと思っています。

%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E2%98%86%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88.jpg
「SUPER RAT」(2006) © Chim↑Pom
Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo
渋谷のセンター街でネズミを捕獲し、ピカチュウを模して剥製にした作品

ビデオを使った表現も多いですね?

卯城:ビデオカメラは作品を製作するにあたっての手法の一つです。僕たちは立体も作るし、写真も撮るし、絵も描きます。表現したいことへの最終地点に到達するのにどの手法をとるかということです。現実の問題に対して絵の具とキャンパスで描くようにカメラで撮ると、よりジャーナリスティックな表現になると思います。なので、社会の問題に対して、それに触れたらやばい、でも何故やばいんだ、というところを、ただ触れてみるだけではなく、面白く表現してみたいのです。

これからどんな活動をしていきたいですか?

卯城:日本でチンポムみたいなことやってる人はあまり居ないなと気付いてきた頃、海外に呼ばれて行くようなことが多くなって来たのですが、そこで僕たちみたいな作家が増えてきていることが分かりました。なので世界的に面白い流れができてくると思います。でもまぁとにかく面白い事に好奇心を持って色々やっていきます。

これからは海外に滞在して作品を作ることもあるということでしょうか?

卯城:結成当初から身の周りで体感したものから僕たちは作品を生み出しています。自分たちは生まれ育った渋谷などで活動をするのが楽しいし、日本で活動しながら、世界とつながることが必要だと思ってます。

今後の活動予定があれば教えてください。

卯城:6月にはこの展覧会が大阪に巡回します。9月に無人島プロダクションで個展をやるので、その時には独自の自主企画もやろうと思っています。詳細はすべて無人島プロダクションのHPで発表します。

Chim↑Pom「REAL TIMES」展
会期:2011年5月20日〜25日 会期中無休
開館時間: 13:00〜21:00(土・日 11:00〜21:00)
会場:無人島プロダクション
住所:東京都江東区三好2-12-6 渡邊ビル1F
TEL:03-6458-8225
入場料:500円(Chim↑Pom新作音声CDの特典込み。入場料の一部は義援金として寄附)
http://chimpom.jp

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE