アンナ・グレイ&ライアン・ウィルソン・ポールセン

PEOPLEText: Nat Andreini

アンナ・グレイとライアン・ウィルソン・ポールソンというアーティストがいる。彼らの着想に根ざした活動は、歴史、小説、自叙伝や美術解説を多岐に渡る作品群へと融合させる。それは、ポスタープロジェクトや彫刻、マルチメディアインスタレーションから出版、索引、そしてパフォーマンス講義にまで至る。この2人は彼らの属するPDXコンテンポラリーアートのあるオレゴン州ポートランドで生活を営みながら活動している。さらに、お互いがパシフィック・ノースウェスト美術大学でインターメディアの美術学士号を取得、そしてポートランド州立大学で現代アート実践の美術修士号を修めている。

Anna Gray & Ryan Wilson Paulsen
© Anna Gray & Ryan Wilson Paulsen

いつから作品作りを共に始めたのか、どのように始まったのか聞かせて下さい。

一緒に活動を始めたのは2005年に出会った頃まで遡るかな。2人ともパシフィック・ノースウェスト美術大学(PNCA)で同じ科学の授業を取っていました。ライアンが作った小冊子を見る機会があって、何かのリストであったと思うけれど、その下に彼の住所が載っていたんです。それでメモと一緒に自作した本を彼の元に送りました。彼が同じ科学のクラスのクラスメートだとは全く知らずに、手紙を通してのやり取りが始まったんです。そして最終的に話をし始めて、ある日、ライアンがみんなの前で私を呼び出して尋ねたの。「そしたら今夜は何時に夕食にお邪魔したらいい?」どう答えればいいのか分からなかったから、9時に来るように伝えたらその通りにやって来たわ。そんな感じ。それからほとんど帰ってないわね。彼は鳥小屋の上のほったて小屋に住んでいたんだけど、その頃は既に11月だったから、そんな寒い家で寝に返す分けにもいかないでしょ。

16_eww.jpg
“every which way” Graphite, books, boat, sand, video, Dimensions variable
, 2007 © Anna Gray & Ryan Wilson Paulsen

初の共同作品となったのはどんなプロジェクトでした?

初共作として一緒に展示したのは「every which way」と名付けたインスタレーションで、探索、探求、そして発見への行為を題材としています。アーティストや思想家、そして、バス・ヤン・アデルやアラン・ボンバール、ベルナール・モワテシエール、ドナルド・クロウハーストといった冒険家達の遺産を描き出したもの。大きな壁一杯の世界探索の絵を用いて、世界の大洋の地図には幾つもの海原探検の物語を記しながら潮流を書き込んで、大量の砂の上には手作りの模造船を乗り上げさせてね。船のキャビンは取り付けられた小さなビデオモニターに照らされて、そこから海原の映像が映し出されていた。その時点から私たちは共に活動を始めた感じ。

65_mondrian-web.jpg
“Modular Mondrian Block Set” Painted wood, 18″x14″x2″, 2010 © Anna Gray & Ryan Wilson Paulsen

お二人は結婚をし、そしてコラボレーションをしています。それはどういった経験でしょうか?

連帯感の秘訣といった意味では少し度を越した面もあるけど、全般的に驚くほど素晴らしくて、そのリスクに値することに疑問の余地はないわ。私たちは2人で完全に相互補完する環境を作り上げたの。それは日常生活、職場、そして共に教鞭を取るまでに至って、私たちの職業やアーティストとしての生活はプライベートと密接に絡まり合っている。孤独を感じることが滅多にないの。こういった種類の継続した親密さから得るものはよりたくさんのことを成し遂げることが出来るということと、細かく区分けしないということ。アートに関連した話題が尽きることは決してない理由は、時として一緒に一つのことに取り組んだり、日常生活のサイクルや外界との触れ合いを共に補完し合っているからだと考えているの。

最も記憶に残る共作のプロジェクトについて聞かせて下さい。

それぞれのプロジェクトから学ぶことがあるので、それは難しい質問ですね。

おそらく初めて展示会形式となった「every which way」が最も記憶に残っているかもしれない。私たちのベスト作品とは呼べないかもしれないけれど、一つの展示会を作り上げる中での駆引きといった自分たちの多様な面があからさまとなって、観衆が何をどのように考えているか自分たちがいかにたくさんの想定をしているかということが明らかになったわ。学んだことは、人々がコラボレーションについて避けがたい程に興味を示しながらも、複数からなる共著というアイディアを受け入れ難く感じているということ。そして、数えきれない人々が、その作品の主題そのものよりもむしろどのように作業分担をしたか見極める試みをしているのを見て来たわ。対話を繰り返しながらそういったことに対して取り組むことが出来たし、そこで非常に強く感じたことは、この小さなプロジェクトは人々の頭の中で私たちを深く結びつけるのと同じくらいに、人々がその共作を興味津々と分析する衝動に駆らせると。「every which way」を通じて私たちは共にとてもオーガニックで快適に、そしてダイナミックなかたちで取り組むように成長したわ。そして最終的に自分たちが半ば懐疑的に感じていた過程への無数の疑問を浮き彫りにすることが出来るようになった。

直ぐに思い起こされるもう一つのプロジェクトは「A Classroom Reader」で、それは展示会と連動して企画した4つの講義を基にした記録から成る小さな出版物。そしてこれはそれまでで最も他者と深く関わったプロジェクトとなったの。私たち2人にとって、一緒に仕事をすることは自然に感じられるけれど、第三者を挟むとそう簡単にはいかないわ。交渉を進めていくことや期限を守ることは時として難しいもの。素晴らしく、そして信頼出来る人々と仕事をしている中でも、プロジェクトが私たちの手に負えないといった感覚を自覚せざるをえないことがあったわね。

RA_04.jpg
“100 Posterworks” Printed posters, 11″ x 17″, 2008-2010 © Anna Gray & Ryan Wilson Paulsen

非常に記憶に残るプロジェクトをもう一つ上げるとしたら「100 Posterworks」かな。他の人々を対話に誘い込みながら、アイディアを通して2人で直ぐに自発的なかたちで始まったの。カメラや丸めた紙、インクを携えて街中を歩き回る中で、自分たちの頭に浮かんだことや反応を返すこと何でも記し加えていくように課しながら、ポスター作品としての型と形式をかたどっていった。

この問いに短く答えるとしたら、もっとも記憶に残るプロジェクトは完遂することが少し困難であったものと言えるかしら。その挑戦が記憶に残るものにさせて、時として理想には感じられない状況に進んでいっても、それが大切なプロジェクトの記憶となっていくの。

RA_02_pdx.jpg
“Bookworks” Various Bookworks, 2009-2010 © Anna Gray & Ryan Wilson Paulsen. Courtesy of PDX Contemporary Art

アイディア志向のアートといっても祖父母の代には説明に窮するかもしれませんが、それが今日私たちの生活する世界でもあります。つい最近まで哲学が科学とアートとの橋渡しでしたし、今では科学技術が私たちが欲する時にいつでも、全てのものとを結びつけてくれます。インターネット接続があれば、基本的に誰でもその指先で同じ情報を得ることができ、それは私たち、アイディア志向のアーティストにも当てはまります。しかしながら、個人的にあなた方の作品に興味をそそられるのは、あなた方自身とその作品を体験する人なら誰でも同じ視点に立てるということ。あなた方の観客感を聞かせていただけますか?

観客に関した質問は単純には答えられないもので、時に大学院でも取り上げられていました。私たちが心に置いておくべき大切なことは、素晴らしい作品の中には特定の対話の中でのみ語りかけ、存在するものがあるということ。幾つもの手段を用いて、私たちは特定のアイディアを特定の個人や会話の中へと方向付けを行っていて、同時に他の人々がその会話に加わることが出来る可能性、若しくは少なくともそれを傍で立ち聞きするのを楽しんでもらうことを望んでいます。さらに、私たち2人から生まれてくるアイディアのほとんどが、互いをどうにか印象付けようと試みているもので、どちらかが心動かされた時に作品に取り組み始めます。「100 Posterworks」はアーティスト、トム・ホームズ(彼からは全く返答を得られなかった)との対話を試みたところから始まりました。「The Classroom」は元は大学院生活での経験への強い還元として生まれた一大展示でもあります。

他のほとんどのプロジェクトは私たちが最近学んだことについての興奮や情熱といった感情から生まれてくるものです。きっと私たちはファンであるという事実に既に気付いているかもしれないわね。つまり、プロジェクトの背景にある内容やアイディアは私たちが発信している主題への愛から生まれているということ。そして、アートとの対話に対する愛情。きっとこういったアプローチに起因して、私たちはある種の「fan-art」を創っているのかもしれない。文化の創造者というよりは、むしろ観衆のメンバーであったり観客として自らを位置づけているの。私たちは返答としての作品を作り、私たちのプロジェクトの多数は他の観客が補填したり再規定するモデルとして鑑賞する対象となる。観客/ファンがアクティブでいる術への可能性を私たちは提供しているのね。

インターネットに見受けられるのは、情報の階層化で、それはやや表面的なものであるようにも感じられるね。例えば、インターネットでどこを検索するかどうやって見極める?そこには全てがあり、誰でもダウンロードや組み替えが出来て、他の何処にでもアップロードすることが出来るでしょ。「UbuWeb」という物語性を排した素晴らしいアバンギャルドアーカイブといった驚嘆に値するプロジェクトがあるの。グーグルの検索結果には載ってこないものよね。そう、だからどのようにしてそういったものを探し出すか?私たちはより上手な検索者でなくてはならないし、検索語についても微妙なニュアンスの違いを理解するべきだし、内容や論評の対象となっている情報に対してより鋭い洞察力を持たないといけないわ。

この情報の階層化には特筆すべき点があるわ。何かの学術論文を読みながら、その記事についてのYouTube堂がやファンサイトをチェックしたり、友人とのカジュアルな対話から情報を集めたりね。また、鵜呑みにしていたり包括的な開示といった興味を削がれるような傾向もあるわ。この指摘をした理由は、「The Classroom Reader」への序論で知識の階層化に対する批判を書いたの(私たちが自分自身に矛盾を抱えたくはないわ)『この一見解放を装っている均等化効果とは、支配的なある種の相対主義の産物であって、私たちが受け継いで来た文化的遺産に関する深遠な知識を軽視し、それを一般的な知識と同等に評価してしまう。例えば、サンドウィッチを作ることと同じように。』

今はどんな展示、パフォーマンス、または出版に取り組んでいるのでしょうか?

PICATBAフェスティバルに向けて活動しています。これは出版と立体作品を折り混ぜた巨大な編集プロジェクトになります。私たちはガードナーの教本「Art through the Ages」の色別の索引付けに取り組み、また、スワデシュリストに関した画集にも取りかかっています。 

そして、「living room lecture」も機会があれば続けていきます。これは主催者に5つか6つの課題を選んでもらい、彼らの居間でパワーポイントを駆使しながらそれらを一つに紡いでいくの。願わくば次回は「ポートランドのリビングルーム」と呼ばれている「パイオニア・スクエアー」で開催したいわね。

Text: Nat Andreini
Translation: Yoshitaka Futakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE