THE PHOTO / BOOKS HUB TOKYO 2011

HAPPENINGText: Yuko Miyakoshi

写真集とプリントの新しいフェア、「THE PHOTO / BOOKS HUB TOKYO 2011」は特別な契機に開催されることになった。3月11日に東日本大震災が起き、その22日後の開催となったからだ。震災直後、テレビやインターネットには様々な情報が飛び交った。数日後には東京在住の写真家による町の様子がウェブにアップされた。アスファルトに落ちたガラス、道に溢れた人々、速報を伝えるニュースのテレビ画面、揺れるビルを見上げる人々 ── 。目に、驚きとも恐怖ともつかない表情が浮かべた人々。あの日、多くの人が現実を受け入れられずにいた。そしてあの日から写真家は「写真に何が出来るのだろう」ということを改めて問い直すことになった。

THE PHOTO / BOOKS HUB TOKYO 2011
Photo: Naoko Iida

今回のフェアのディレクターである後藤繁雄氏は、開催時のステートメントで『痛みを感じながらこういう会を持つこととなった』と語った。予定されていた数々のアートフェアが中止になる中、複雑な思いもありながら開催に踏み切ったのは消費を促し、力、そして集客を結束させることによって少しでも写真を含めた芸術文化はもとより復興の手助けになりたい、という願いがあってのことだった。ちょうどこの頃、東京では様々な場所でチャリティーイベントが立ち上がりはじめていた。当日、表参道ヒルズの地下スペースには、プリントを展示したパネルと22の団体がアートブックを紹介するテーブルを並べ、集まった人々ので熱気で満ちていた。会期中に集められた自由料金制の入場料の半分は義援金として日本赤十字社と、東北の地で開催される塩竈フォトフェスティバルへ送られる。

tokyofrontline.JPG
左から 赤石隆明、細倉真弓、田中和人、湯浅亨 作品

入口を飾ったのは2011年2月に開催された「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD by amana group」の受賞作。「コンテンポラリーアートとしての写真」をテーマに写真家の篠山紀信、ホンマタカシなどの審査員によって選出された。

hosokura.JPG
細倉真弓「Volcano Lover」

細倉真弓の目は、きわめてドライな質感の中で私たちが目にしている世界の表層をはぎ、本質の部分をあらわにする。森の中を切り取った一枚には、ワイルドな感性を奮起させられたアーティストの力強さが感じられた。

hanatsubaki.JPG

資生堂「花椿」のビジュアル・ワークを手がけてきたアートディレクター仲條正義によるエキジビジョンブースでは、ファッション写真やフォー・テット等の音楽関係のプロジェクトで知られるジェイソン・エヴァンスの作品を展示。ジェイソン・エヴァンスの、様々なモチーフを取り込みイメージを実現する力に驚かされる。今回の展示には彼らしいビビッドな作品だけでなくノスタルジーを感じさせるような静けさをたたえた作品もあり、非常に良かった。

Gill.JPG

スティーブン・ギルの最新作「OUTSIDE IN」が掛けられた一角は、気持ちのよい空気感に包まれていた。少しピントのぼけたブライトンの風景にカメラの中に直接入れたブライトンの「もの」たちが重なる。そこには、日常を高い所から望んでいるような清々しさが漂う。日本に滞在して写真集を制作したこともあり、東北に思い入れもあるスティーブン・ギルは、近々チャリティーブックを制作する予定だという。

koyama.JPG
パネル左面 藤本涼 / 右面 小山泰介 作品

ニュートラルな色彩が強いインパクトを残す、G/Pギャラリー小山泰介。無生物の世界に視線を泳がせていると、たいがい人間味に溢れているというわけでもない色彩が、温かくユーモラスにも見えてくる。このようにクールに表現してしまうのが、新しい感性なのかもしれない。アーティストは、震災後に新作PDF写真集「SANDWICH Textures PDF」を販売するという一早いリアクションもおこした。オフィシャルサイトから期間限定で販売され、売上げは義援金として届けられる。

EXPOSED.JPG

2006年より大阪「CASO」で開催されてきた若手写真家のショーケース「THE EXPOSED」ブースでは、赤石隆明、天野祐子、矢島陽介、小浪次郎、中島大輔、中山正羅、磯部昭子、横田大輔を紹介。ほとんどの作家が80年代生まれという、いまだ未分化な才能溢れる作家たち。まだ発表作品はそう多くないが、もっと見たいと思わせる。

amano_rainbow.jpg
天野祐子「ヒア カム」

独特なまなざしで自然の姿を撮っていた天野祐子。身近な自然やそこで育まれた生態系等を写した写真からは、自然に寄り添い、かつ被写体と微妙な距離感を保ちながらフィールドワークしているのが感じられる。その関わりが思索的で心に残った。

moriyama.JPG

今回、コレクターの心を刺激したのではないかと思われる、タカ・イシイ・ギャラリー で紹介されていた森山大道のポラロイド。ポラロイドには撮ったらすぐ見ることができるというわくわく感があるが、その代わりに唯一1枚しか焼き出せない。今回紹介されていた作品も、もちろん1点もの。普段は白黒写真を撮ることが多い作家のカラー作品が見られるのも貴重だ。

honma.JPG

Gallery 360°はホンマタカシのシルクスクリーン作品「M」シリーズ特集。写真をシルクスクリーン版画に起こし刷ったという作品は、普通のプリントとは違った味わいがある。今回販売されていた新しい写真集は表紙に「M」のミスプリントを使用したという大胆な発想の一冊。本物の作品の一部を切りとって表紙にしているので幾つものパターンがあり、500部限定。しかも前日に刷り上がったばかりだったせいか、シルクスクリーン独特の匂いがぷんぷんしていた。こんな作品に出会えるのもフェアの醍醐味だ。

beams.JPG

”東京”から生み出されるアート、デザイン、カルチャーを世界に発信していく「TOKYO CULTUART by BEAMS」で紹介されていて気になった一冊は「saji」。一見するとアートブックか絵本かと思うのだが、実は「今日の食事が10年後の私の体を作る」というメッセージを伝えるレシピブック。フォトグラファーのMIHOが写真からアートディレクションまでを一気に手がけていて、コントリビューターが寄せたイラストも可愛い。数行程度で終わる簡単なレシピをのせて、食事の大切さを伝えている。

このほか、「1_WALL」展で若手発掘に一役買ってきた「Guardian Garden」、名著を取り揃えていた「SUPERLABO」、日本を代表するフォトマガジン「PHOTO GRAPHICA」、良書の発刊で知られる青幻舎等が厳選した作品を紹介していた。

talkshow.JPG

当日は写真家の小山泰介や鷹野隆大、ライターの山内宏泰を招いたトークショーや、「Words Without Pictures」日本語版発刊に向けての公開シンポジウム、アーティストと直接交流することができるブックサイニング(サイン会)なども開かれた。写真家をはじめ出版社、編集者、そしてオーディエンスまで巻き込んだコミュニケーションの場が提供されるのは本当に有意義なことだと思う。今回のフェアを訪れてわかったことで、率直に良かったと感じたのは、まだ震災の爪あとも不安も残る中、アーティストがあらゆることを汲み悩みながらも、いつもどおりに制作を始めていた、ということだった。トークショーでは震災という脅威を受けての写真の役割や復興への関わりについても語られた。コミュニティで交流やディスカッションが繰り返されれば、それだけ集まった力は強くなる。新たな写真のコミュニティが生まれたことに感謝しつつ、なにか糧のようなものを得て帰途についた。

THE PHOTO / BOOKS HUB TOKYO 2011
会期:2011年4月2日(土)〜3日(日)
会場:表参道ヒルズ 本館地下3F スペース オー
出展団体:亜洲中西屋、artbeat publishers+ G/Pgallery、between the books、Bueno! Books、Gallery 360°、Guardian Garden、Heuristic、HUgE、風とロック 、リトルモア、NADiff、Photo Gallery International、PHOTO BOOKS UNION、PHOTO GRAPHICA、photographers’ gallery、RAT HOLE GALLERY、青幻舎、SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS、SUPERLABO、Taka Ishii Gallery、TOKYO CULTUART by BEAMS、Youngtree press Ltd.
http://www.photobookshubtokyo.com

Text: Yuko Miyakoshi
Photos: Yuko Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE