ワイレッド

PEOPLEText: Victor Moreno

ローランド・ヨルトは、ファッション界で長いキャリアを持つ物腰柔らかな人物だ。タイムレスなスタイルに、キュビズム、ビートニク・ムーブメント、モッズ・ジェネレーション、そしてポップカルチャーを織り込む斬新な視点と、まっすぐで真摯な姿勢をあわせ持ち、スウェーデンファッション界のヒットメーカー、ワイレッド創始者そしてヘッドデザイナーとして、その成功に関わっている。ローランドは、ブランドのインスピレーションとして欠かせないアートや音楽との距離を密接に保っており、ワイレッド・アート・プロジェクトは、その距離をさらに縮めることを目的としている。オイルコーティングを使って質感を出すなど、ワイレッドには生地に対する遊び心もある。ワイレッドのフットウェアは、メンズもレディスも、すべてのコレクションにおいて極めて素晴らしいアイテムに仕上がっている。ワイレッドは、その揺るぎない価値観と、新しいあり方を求める熱い想いを通して、過去10年間のヨーロッパファッションの最も革新的な側面を表していると言える。より掘り下げた質問をローランドに投げかけてみた。

Whyred - Roland Hjort
Photo: Victor Moreno

国際的なファッション業界の中で北欧ブランドをどのように見ていますか?フランスやイギリス出身の他のデザイナーと比べてご自身をどのように捉えていますか?

一般的に、スウェーデンのブランドは、ヨーロッパにおいて独自性を出しやすい、北欧特有の簡潔さとカジュアルさを備えていると思います。ワイレッドでは、より質の高い経験を求めて、イヴ・サン=ローランバレンシアガジル・サンダーのような、より国際的なブランドを意識したアイデンティティーの確立を目指しています。現在私たちは、ヨーロッパにおいて成長を続けていますが、同時に、国際的な市場から注目され、北欧ブランドというよりも国際的なブランドとして比較されるようになることを望んでいます。

SS11LB0004_88.jpegSS11LB0008_88.jpeg
Whyred SS 2011 collection

前コレクション「アスピレーション」は、ニューヨークやパリで発表しましたか?

私たちのPRエージェンシーが11月にパリでポップアップ・ショールームをオープンした際に、コレクションの柄や色彩が高く評価されました。私たちは現在北欧の市場のみと連携をとっていますが、国際市場への拡大も視野に入れています。

アメリカ市場はどうでしょう?

アメリカでの販売は行っていません。

アジアの市場はどうでしょうか?

韓国とオーストラリアには取扱店があります。

SS11LB0010_88.jpegSS11LB0011_88.jpeg
Whyred SS 2011 collection

製品のクオリティーについて考えたとき、ブランドにはどういったことが重要なのでしょうか?

バランスが常に重要ですね。

現在はどういったことに取り組まれていますか?

2011年の秋コレクションを仕上げたところです。ファッションウィークでまもなく発表される予定ですよ。

デザイナーとして影響を受けた人物はいますか?

シンプルなブーツ、ミリタリー系のニットとパーカを仕立てのいいシャープなスーツでまとめ、独自のモッズ哲学を表現するポール・ウェラー。ストリート・スマート・クラシックにモダンさが融合したデヴィッド・ボウイとルー・リード。それから、いつもシャープな着こなしのアラン・ドロンには影響を受けましたね。女性ではジェニファー・コネリー、ソフィア・コッポラ、ビアンカ・ジャガーや、より男性的なティルダ・スウィントンやパティ・スミスがいます。特定のファッションスタイルというよりも彼ら自身の持つ雰囲気が重要なのです。私たちのブランドをぜひ身に付けていただきたいですね。

SS11LB0014_88.jpegSS11LB0016_88.jpeg
Whyred SS 2011 collection

ワイレッド・アート・プロジェクトと次のコラボレーションについて教えてください。

私のアートに対する興味は、「アートプロジェクト」と銘打った友人達との一連のコラボレーションの中で浮き上がってきました。ヨーケム・ノルドストリョームはアンダーウェア製品のために模様をデザインしてくれました。ロジャー・アンダーソンはレザーバッグのプリントを制作してくれましたし、ヨナス・ノーベルは傘とスカーフのデザインを手掛けてくれました。現在はリリエバルク美術館とより大きなコラボレーションに取り組んでいて、何人かの新進気鋭のアーティストや往年のすばらしいアーティスト達と組むことになるでしょう。まだ準備中でもあり、これ以上はお話しできませんが…。

ワイレッドの重要な要素である音楽について教えてください。ショーでパフォーマンスを行ったバンドはいますか?

そうですね、音楽からの影響はとても大きいですし、私たちのインスピレーションの元となる人には多くのミュージシャンがいます。店内では特別にセレクトした音楽を流しており、すべてのショーには注意深く決められた音楽的テーマがあります。ショーの中で生のバンドパフォーマンスを行ったことはありませんが、スウェーデンのミュージシャンのマーカス・クルネゴードと、ヴィクトリア・バーグスマン(ティクン・バイ・トゥリーズ/ザ・コンクリーツ)による、ザ・デッド・ボーイズの「エイント・イット・ファン」、ジョン・ケールの「1999」、そしてカエターノ・ヴェローゾの「マリア・ベタニア」のカバーアルバムを2009年の秋冬コレクション用に制作しました。2011年の秋冬コレクション用にはヨハン・ヒンデシュ(オーディオノーム/フェ)とのコラボレーションを計画しています。

新旧どちらのバンドがお好きですか?それとも両方お聞きになるのでしょうか?

両方です。これまでのバンドですと、デヴィッド・ボウイ、シルバーブリット、ザ・スミス、テレビジョン・パーソナリティーズとヴェルヴェット・アンダーグラウンドを常に聴いています。新しいバンドでは、オーディオノーム、ソフト・ムーン、ザ・ホラーズ、サン・アロー、ホワイト・フェンス、クロマティックス、ハイプ・ウィリアムス、そしてサレムを聴きますね。

ワイレッドのショップでは優れた本も取り扱っています。興味深いアーティストのものから素晴らしいビジュアルのものまで様々です。

ショップに置かれている本は、私の本棚コレクションをモデルにしていて、コレクションを通じて表現しようとしているブランドのデザインプロセス、スタイリングや考え方について、お客様のインスピレーションとなる役割を果たしています。常に手の届く範囲に私が置いている本で、シンディ・シャーマンヘルムート・ニュートンオラファー・エリアソン、そしてヒッチコックのスタイルやポール・ウェラーの生き方を扱ったものなどがあります。

Text: Victor Moreno
Translation: Kazuyuki Yoshimura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE