ヴォルサロンゲン 2011

HAPPENINGText: Sara Överengen

90年前から変わらず、ストックホルムで一番早い春の兆しを見つけられるのが「ヴォルサロンゲン」。「スプリング・パーラー(春の展示会)」という意味を持つこのイベントは、リリエバルク美術館で開催されている。毎年行われるこの展示会は、ストックホルムの住民の間でとても人気があり、館内はいつも多くの人で混雑している。今年の展示会では255作品が出品されており、それらは131名のアーティストによるもので、みな18~86歳までのスウェーデン出身者だ。スプリング・パーラーには誰でも出品することができ、他ではめったにないユニークな表現方法も寛容的に受け入れられている。ここでは、若さと老い、斬新と古典、美しさと醜さなど、あらゆる表現技術の組み合わせに出会うことができるだろう。

ヴォルサロンゲン 2011

スプリング・パーラーでは匿名で出品するため、作品の評価は作者の年齢や性別の偏見なく行われる。出品に応募するには、18歳以上でスウェーデン在住者であることが条件となっている。この展示会は毎年、スウェーデンのマスコミからは酷評を受けており、例えばタブロイド紙の「エクスプレッセン」は今年の展示について、「ヴォルサロンゲンはいつもどこかが悪い。総じて絶望的な展示会で、255点の作品の中には一貫したテーマがない。」と書いている。これについては筆者も同感だ。しかし、それこそがスプリング・パーラーなのである。テーマなどなく、境界線も何もない。ここでは、最も公平で率直な展示方法でアートを体験できる。純粋に楽しめるアートなのだ。

この”スプリング・パーラー”の他に、「オング・ボルサロン」も開催されている。「ヤング・スプリング・パーラー」と呼ばれ、リリエバルク美術館の地下で開催されている。ここでは、若くて野心的なアーティストの作品が展示されている。出品の条件はただひとつ、18歳未満であることだ。

今年は新たにQRコードの利用を試みている。作品の隣に備え付けてあるQRコードを電話で読み取ると、作品に関する情報をダウンロードできるようになっている。あなたのスマートフォンをアートフォンにしてみてはいかがだろうか。

mirzajanzadeh_sara.jpg

アラビア生まれのサラ・ミルザジャンザデーは、今年のスプリング・パーラーの中で最も目を引く展示を行った。巨大なチャードル(アラビアの黒いベール)と接着剤、カラフルなスパンコールで制作されたその作品は、「皆既食」と名付けられている。スパンコールはひとつひとつ落ちていき、館内に散らばっていく。それによって彼女のアートが会場全体に広がるのである。

messner_karola.jpg

カローラ・メスナーは、芸術については独学で学んでいる。彼女が本来専門としている職業は、神経科の医師である。今回の展示には、菩提樹(ぼだいじゅ)で作った手彫りの彫刻作品を2点出品し、「いのちの環」、「進化」と名付けた。その仕上がりは職人技に溢れている。すべての出展作品は隔年で販売されることになっており、価格はアーティスト自身が決める。メスナーは「これを売りたくないの。ずっと持っていたい。」と言って、それぞれに50万スウェーデン・クローナ(約650万円)の価格を付けた、それは58,000ユーロに相当する。

hedblom_jini.jpg_804.jpg

生きた苔の上に置かれているアクリル製の実物大の棺を見せることで、ジニ・ヘドブロムは私達に現実的な死を考えさせようとしている。つまり、いつか起こりうる死としてではなく、必ず起こる死として。

sjostrom_josefin.jpg

ヘドブロムと同じように、ジョセフィン・シェストレムもまた、生と死の境界をテーマに作品を制作している。ガラス容器の中で、わずかに動いている2つの肉片。電磁気によって制御されたその動きはまるで鼓動のようで、その肉片が生きているかのような感覚を覚える。

lestander_dan.jpg_903.jpg

昨年のダン・レスタンダーの展示で、聖歌隊が穴の開いた氷の中に入って歌っているという寒々しい映像があった。その映像は1カットで撮影されていたようだった。今年はそれを更に発展させ、彼自身の下半身を氷の中に浸け、ゆっくりと頭を回転するというものだ。彼は不可能を探ろうとしている。

diagram.jpg

ダイアグラムは、以前にもスプリング・パーラーに出品したことのある2人組みのアーティストだ。今年は2点のインスタレーションを展示した。ひとつはビデオ映像、もうひとつはフレームに入った白い画用紙。映像には彼らの手が映っていて、片方の手は絵を書いているが、もう片方はそれを消している。このインスタレーションで表現しているのは、彼らの共同作業は時々は大成功するが、時々は今回のように、ただの白紙になることがある、ということだ。

Vårsalongen 2011 / The Spring Parlour 2011
会期:2011年1月27日〜3月27日
時間:11:00〜17:00(火・木曜20:00まで、月曜休み)
入場料:80/60 SEK
会場:Liljevalchs Konsthall
住所:Djurgårdsvägen 60, 115 21 Stockholm
TEL:+46 (0)8 508 31 341
http://www.liljevalchs.se/varsalongen/

Text: Sara Överengen
Translation: Yuki Nakagawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE