リチャード・バイヤーズ

PEOPLEText: Joanna Kawecki

メディア・アーティストとして活動しているリチャード・バイヤーズは、世界各国のアーティストたちとコラボレートして光や映像を用いた映写作品を生み出し、人間が音や光と相互に作用し合って感動を伝えている。

リチャードはベルリン、東京、オーストラリアなどでグループ展や個展を開催してきており、仲間達とのコラボレーションも盛んである。多くの才能を持つ彼だが、それには彼がこれまでに経験してきた作品が大きく関係しているだろう。イラスト、絵画、彫刻、さらには10年以上の月日をシドニーの工業デザイン分野で過ごしてきた。

こういった背景が、彼の作品作りやコラボレーションに対する幅広い態度にも表れており、彼に会えば影響を受けずにはいられない。最近の中心プロジェクト「音・伝達・光」は注目に値する、見逃せないものの一つだ。

リチャード・バイヤーズ
Richard Byers solo work Berlin © Richard Byers

クリエイティブな生活を送る中で、光を投写しての作品作りを始めた経緯についてお聞かせ下さい。

「クリエイティブな生活を送る」といっても、自分では僕の人生をそういう風に考えた事は無いですね。でも確かに人生っていうのは、常に創造性を含んでいるものだとは思うけどね。

長年プロダクトデザインの世界で、デジタル・コンセプト・アーティスト、それからクリエイティブ・ディレクターとして働いてきて、その間さらに週一度営業している「フリジッド」というクラブで、ビデオ・アーティストとしても活動してきました。その後、活躍の場がクラブから美術館、画廊、シドニー・オペラハウス(作品の上映は建物の中と外両方で)へと広がっていったのです。たいていの場合は、映写機材を使用してるのですが、一般に使われている画面アスペクト比の4:3を使わないのが僕のやり方の特徴の一つです。デジタルのマスキング処理を利用して、スクリーンの形がわざと不揃いになるようにしたのです。その場に合わせた形のスクリーンを使わず、出来るだけ周りの環境と映像とを同化させるためにね。実を言うと、僕が気に入ってるのは、スクリーンを使わずに壁や地面、天井に直接映写する手法です。気に入っているうちの一つに、スクリーンを取り外して近くのあちこちのものに直接映像を映し出すというイベントがあるのですが、これは最近計画してる作品に面白い形で繋がっていっています。

10年の間でそういう流れになったのは、まったく自然なことでしたね。夢中だった趣味の一環から始まって、副業だったものがいつの間にか僕の生活の一部、収入源、そしてもちろん情熱そのものになったのです。熱中できる、ということが何よりで、何をしようが、もしそれに夢中なら上手くいくだろうし、素晴らしい機会や経験に巡り会えるはず。まず熱中できるものを見つけるのが一番大変ということですね。

stl%20berlin.jpg
Sound.transmission.light Project Berlin © Richard Byers

音・伝達・光」というプロジェクトがあるのですが、これはオン・ヤウ・ルイという、今はベルリンに住むオーストラリア人アーティストとのコラボレーションで生まれたものです。2009年に2人で考えたのは、紙の表面に光と映像を映写してそれが音に反応する、といったものをつくろうということでした。ベルリンのルーフ・トップス・スタジオでさらに案を具体化した後、僕は東京に行って「音・伝達・光」の初めてのライブパフォーマンスを、知り合いだったミュージシャンのツダ・ユキコと行いました。彼女が他にも2人のミュージシャンの友達をプロジェクトに参加させてくれて、2週間のうちに彼らオリジナルの歌を半ば即興で作曲したり。僕も、彼らの声や弦の音色、管楽器の曲の周波数を音に反応して視覚化してくれる作品をプログラムしました。幸いなことに東京の都心部に会場を見つけることができたのですが、別の友達の旦那さんが「No No Yes」っていうファッションレーベルを運営していて、わざわざ千駄ヶ谷にある工房の地下を貸してくれたのです。

印象に残ってるのは、ユキコがショー終了後に、先ほどまでの出来事を事細かに説明してくれて、それがあたかも光と会話してるように聞こえたこと。投影された光は上手く彼らの声の特定の周波数に反応するように調整されてたのですが、パフォーマンスのある時点で3人が観客に背を向けて、スクリーンに直に向かい合って立ったのです。その、ぞくぞくするような歌声と、シンコペーションを用いたハーモニーがまさに光と会話してるようで、あの瞬間あの場に居てすごく興奮させられましたね。

stl%20sydney.jpg
Sound.transmission.light Project Sydney © Richard Byers

東京の後、僕はオーストラリアに戻り、それからオン・ヤウが訪ねて来てくれて、2010年にはシドニーで4人のミュージシャンと一緒にパフォーマンスしました。2つのショーを行い、その両方を通して、僕らがやってることで観客、そして、参加しているミュージシャン双方が愉しんでる、というのが確かな手ごたえとして掴めました。ミュージシャンたちにとって、映写された光というのは、新たに加入したバンドメンバーのような感じで、一緒に作業したり、意見を交換したり、観客を魅了できるものを一緒に作り出せるような存在そのものなのです。次の街ブリスベンでは、クイーンズランド州立図書館の「エッジ」というデジタル文化施設でアーティスト・イン・レジデンスとして4ヶ月を過ごさせて貰いました。そこにいる人々には感謝しています。ただ最近大洪水が起こったばかりで彼らのことが心配です。
エッジでは、さらにソフトウェアをプログラムして物理センサーとArduino(アルデュイーノ)というシステムのマイクロ・コントローラを組み込みました。ブリスベン在住のエレキギタリストのバンバンと、アロンゴ・テ・フィウとハンナ・シェファードというヴォーカリストの3人のミュージシャンとコラボレートしたのです。即席の5.1chサラウンドシステムを作ったり、3chのサラウンド・ビデオでのパフォーマンスを行いました。さらにインスタレーションとして、会場内で観客が先ほどのパフォーマンスの音楽やビデオを、動きを利用して再現するっていうのも行いましたよ。

2011年は、この一環のパフォーマンスも一先ず終わったので、これを書いてる今、ベルリンに戻って次の「音・伝達・光」のパフォーマンスを行う予定です。今度はクレア・クーパーとクレイトン・トーマス、それからオン・ヤウもいます。今年の4月にはベルリンにあるオーストラリア大使館でパフォーマンスを行うことになっています。

観客に向かってあなたが投げかけようとしている考えは、どういったものなのですか?

ただの考えではなくて、それ以上に僕らは作品の中に含まれる感覚を伝えて、観客自らが心の内に持つ感情が、素直に反応出来るというパフォーマンスを行いたいのです。

Sound-Transmission-Light-Brisbane.jpg
Sound Transmission Light Brisbane © Richard Byers

新しいプロジェクトを手がける時に刺激を与えてくれるものはありますか?

人生こそがインスピレーションの源です!ある特定の場所の、近辺の環境というのは、直接的なインスピレーションになることが多いですね。僕は、いつも色々な場所の写真を沢山撮るのですが、特に細かい部分や物、それも見過ごされたり、常にそこにあるがゆえに忘れ去られている物を選んでいます。いつもそこにあると、ついつい存在を忘れてしまうことってあると思うのですが、たとえ常に目の前にあったり聴こえたりしてるものでも、一度立ち止まって見てみようよ、ということなのです。例えば、通りに置かれた牛乳瓶を運ぶプラスチックケース、これは椅子代わりに使われてるのですが、ほとんど誰もケースには目もくれようとしない。そこで僕は想像してみるのです。もしそのケースが建物の間を縫って、通りを歩き出したらって。そしてそれを実際に作品に組み込んでみる。もう一つの例えは、「サラウンディングス 5. 1. 3」というブリスベンでのパフォーマンスの構想を練ってた時のこと。当時、僕が借りてた家には典型的なオーストラリアの中庭が付いてたのですが、ちょっと草が伸びきっていて、でも日没の時には、とにかく素晴らしい景色が一面に広がっていたのです。太陽の光がとにかく綺麗で、緑色の草原の上に黄金色の光が照り輝いていて。そこで、ビデオカメラを丈の高い草の間に置いて、太陽の光と草の葉の形を映像に収めたのです。すごく単純なことだったのですが、それをパフォーマンスの中に組み込んだところ、観客とミュージシャンを、ゆっくりと風になびく草と日の光の映像が取り囲んで、何だか昔から親しんでる環境にいるような気分になりました。ただ慣れ親しんだ、といっても、たぶん彼らがこれまでに体験していない角度からのという意味ですけどね。

その他に、主に影響を受けるものといえば、音楽と音。「音・伝達・光」で才能溢れるミュージシャンたちと一緒に作業していると、素晴らしいインスピレーションを次々と得ることが出来るのですよ。僕個人の作品制作では、たいてい少ない作品を沢山聞くようにしています。同じアルバムを延々繰り返して一日中、あるいは一週間ずっとそればかり聞いたりします。こうやって、その音楽に対して持つ隠れた感情や、自分の感受性なんかを吸収していきます。それが下図となってさらに言葉や絵になっていき、そこから作品のコンセプトなどが生まれてくるのです。
さらに、いつも膨大なインスピレーションを与えてくれるのが人間です。プロジェクトに参加する人だけでなく、一緒にお茶を飲んだり食事をしたり、一杯やったりする人もその中に含まれています。他人と感情を通わせるという行為をしている時点で、それはもう一緒に作業しているも同然なのです。プロジェクトに参加している人間に限られた事ではなく、回りの環境や人、感情が僕を刺激してくれるのであって、僕も彼らに同じように刺激を与えられる存在でありたいと思っています。

様々な町や場所で光を使ったプロジェクトをやっていく中で、予想していなかった状況に置かれる事はありますか?

予想できない状況というのは最高の環境ですね!むしろこっちから望む位。でも、もちろん、そういうのは事前に計画出来るものではないですけど。僕はビデオを撮ったり、何組もの写真を撮影したりして、次のプロジェクトに備えることがよくあります。でもそういう時にヒントを与えてくれて、新しい方向性を見せてくれるのは、自分では予想してなかった写真や映像だったりするのですよね。それから、会場も場所によって性格がまったく違うので、映写機材もまったく違う風に働くし。例えば、東京では、ファッションレーベルの工房の小さな地下室でショーを行ったのですが、そこは僕達のために片付けてあって、ほとんど空っぽだったのです。でも始まってみたら、明らかにその場所では十分な大きさでは映写出来ないことに気付いて。そこで思い出したのが、一年ほど前に小さな鏡を購入して同じような状況で使おうとした事でした。ただ、その時は考えは良かったのですが、その鏡が小さすぎてね…。それで、今回はどこで大きな鏡を見つけたら良いんだろう?と考えあぐねて、辺りを見回してみた。そしたら部屋の隅に姿見がちょど置いてあって!まるで僕を待っててくれたかのように、そこにあったのです。

Light-on-Canvas-Berlin.jpg
Light on Canvas Berlin © Richard Byers

コラボレーションはあなた、そしてあなたの作品にとってどれほどの重要性を持っているんでしょうか?

他の人々との共同作業なしでは、このプロジェクトは意味を持ちません。そもそも存在すらしてないと思います。オン・ヤウと始めにコンセプトを話し合って構想を練ったり、彼女のミュージシャンの友人であるフェリックス(彼は初期の実験段階でクラリネットを弾いてくれた)とたまたま一緒に作業する機会を得たことで、ミュージシャンともっと一緒に活動していこうと思ったのです。その後、東京やシドニー、ブリスベン、そして今ではベルリンのミュージシャンたちとの素晴らしいコラボレーションを体験することができました。僕個人の作品でもコラボレーションは凄く重要な意味を持っていますが、そこまで表面的ではないと思います。先ほども言ったように、お互いに意思疎通を図ろうとすれば、すなわちそれが共同作業となる。過去数年間旅する中で、出会った全ての素晴らしい人々は、僕にとっては皆一緒に作業してきたも同然なのです。皆には感謝してるし、僕も今後の彼らの計画にとって同じように良い刺激になれたら良いなと思っています。

パフォーマンスアートが最近では技術進歩や、世間により身近になったことでより自由になったと感じますか?

制限ってのはいつでもあると思います。5年、10年前と比べたら確かに制約は少なくなったとは思いますが、何より重要なのはアイディアですし、そのアイディアを実現する技術うんぬんはその後じゃないかなと。
今では、技術的なものもだいぶ安くなってきてるので、僕のような個人でも、昔は高くて手が出なかった専門機器も使うことができます。そのお陰で、大きな組織に属さなくとも自分でより踏み込んだことを試せるようになったし、新しい考えを生み出したり発展させることもできます。なので制約が幾分ゆるくなったのは確かです、でもまず良いアイディアと意味のある結果が生まれて来ないとね、技術を当てにする前に。

音楽と人に大きく影響を受けているようですが、作品を作っている時は何を聴いているのですか?また影響を受けている人物も教えて下さい。

今聴いてるものをいくつか挙げると、現代クラシック音楽ではマックス・リヒター(米)、ヒルドゥル・ギスラドッティル(アイスランド)、アンビエントではローレンス・イングリッシュ(豪)、ロシル(カナダ)に、ミナモ(日)、それからベン・フロスト(豪・アイスランド)、ヨンシー&シガー・ロス(アイスランド)、モデラート(独)、アルヴァ・ノト(独)。最近聴き始めたマグノリア(豪)、あと友達が貸してくれたブライアン・イーノの「7700万枚の絵」も素晴らしいです!僕は、Last.fmとサウンドクラウドがすごく好きなのですが、音楽友達が何を聴いているのかを見るのは楽しいですね。もちろん他にも影響を与えてくれるアーティストはたくさんいます。光を使った作品で有名なオラファー・エリアソン、イラストレーターのオードリー・カワサキ、エローネにマロタ、彫刻家のゲハルト・デメツ、オーディオビジュアルの分野で活躍する黒川良一、ライト・サージョンズとか他にも大勢います。最後に、いつも刺激を与えてくれる素敵な友人たちの名前を挙げておきます、特にオンモノには感謝しています。

Text: Joanna Kawecki
Translation: Yuki Mine

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE