ヴィクトリア・ゼントナー

PEOPLEText: Gisella Lifchitz

ヴィクトリア・ゼントナー、通称「Vicze」はアーティストだが、とりわけ我が道をいくアントレプレナーでもある。日曜日うたた寝しそうになった時、雑誌のページで彼女を発見した。彼女の美しい自宅の記事を読み、色彩や形状、鮮やかで真に迫る絵にすぐさま惹きつけられた。
その後、グーグルでより多くの彼女のアートワークを見てみた。そして、ついに彼女に会い、彼女がソウルを持ってそれを表現する方法を知っているということ、その秘密に迫ることができた。

ヴィクトリア・ゼントナー

あなたのキャリアはどのようにスタートしたのですか?

当時私は家業をよく手伝っていました。父はカーペットやカーテンを、最終的には壁紙を販売していて、13年間父と共に働きました。学校を卒業し、ボザール様式を勉強すると同時に働き始めたんです。だけど両立はできず、その後、インテリアデザインを勉強し、空いた時間に現場で働きました。

幼少の頃から、独学のスタイルでずっと絵を描いてきました。それから父や祖父のために数々のパターンを作ったりもしました。

DSC_0157.jpg

2〜3年前から、ある人達が私の仕事を見て、いくつかのプリントの依頼を受けるようになりました。作り方については全く分からなかったけど、コンピューターのレッスンを受け取り組んでみることにしたんです。
それと同時に、自宅のとなりにワークショップとして利用できる家を借り、他の人達と共同で数々の展示会やフェアを始めたんです。

数年前、家業は辞めることにして、ネットを通じてシルクスクリーンを学び始め、それから初めてプリントを制作しました。全てにおいて著しく成長した時期です。ストリートで4、5箇所ほどの壁画を描き、幾つかプレス機を導入するようになりました。それからすぐに自身のブランド「ティエンダ・ラ・プラヤ」の製品を販売し始めました。

それから、メトロポリタン・デザイン・センターや女性デーというイベントで壁画制作の依頼を受けました。あらゆることが速く過ぎていく毎日を送ってます。

jardin.jpg

現在の活動をするようになったのはなぜですか?

知らず知らずのうちにそうなりました。家系ですね。私は生地が大好きです。それは基本ですね。あと、シンプルであらゆるものに活用できるシルクスクリーンも大好き。こうする上で最大に得られるものの一つは、人に知り合えることです。新しい友人や世界を広げてくれます。
新しく知り合った人々が素晴らしい物事を私の人生にもたらしてくれるし、そのことに魅了されてます。

あらゆるものに驚き、自分が子供になったような気がしますね。常に感動し、物事は常に異なり、新鮮です。それは何よりも精神的な成長となります。大きな組織での経験もあるし、私はアートと経営を組み合わせようとしています。

Paisaje%2001.jpg

仕事をしていく上でのテーマは何か教えてください。

以前、コロンビアへ行ったことがあって、その旅行はとても素晴らしいものでした。テキスタイル、色彩、様々な花やジャングルの全て。一年中春のようで、深い緑に自然が溢れ、まるでエデンの園のようでしたよ。カラーパレットはまさにラテンアメリカン。至る所に色がありました。植物や自然、庭や曲線が大好きなんです。自然のリズム、創造されたすばらしい世界も私を刺激します。無意識な状態に身をまかせ、意識をコントロールしないようにするんです。私の仕事場も偉大なエネルギーがある所なので、とても気に入ってます。

「ティエンダ・ラ・プラヤ」(ビーチショップ)という名前にしたのはなぜですか?

その名前が、最初に友人とシェアしていた場所だったということと、ビーチに住むことだった私達の夢だったからです。みんなビーチが大好きでしょ!

vic3.jpg

次回のプロジェクトについて教えて下さい。

ただ製品を販売するのではなく、生地の量り売りをしたいです。新しいデザインやプリント、またより多くの具体的なプロジェクトも考え中です。現在は、パレルモのバーで壁画をペイントしていて、やりがいがあってとても楽しいですね。

patio.JPG

これまで、あなたがしてこなかったことで何かやりたいtことはありますか?

陶芸をやりたいですね。人は10年以上もの間同じことはできないと思うのだけど、自身の話を語ることが、他の人に何か影響を与えられればいいなと思ってます。自分の話をすることで、他の人が進むべき道を見つける手助けになるということはすばらしいことです。

このインタビューが何か他の人のためにもなるので、私にとってもプラスになるわ。それは、私の中に大きなエネルギーと愛を注入することなんです。私は、様々なことをしたくて、創造し、人々をつなぎ、新しいプロジェクトについて考える。そしてたった今、私がこの記事を書いている間にも、私は決心をするんです。記事を見つけたらそれを壁に飾る。毎日それを見て、自分の踏んできたステップの全てからインスピレーションを得るのです。小さいプリントから巨大な壁画まで、これらの美しい自然の形に自ら入り込み、この人生を受け入れたいと思います。

彼女が紡ぐ色と話にとても刺激を受けた。私が次なる一歩を疑うたびに、彼女の道にならって、あるがままを受け止めたいと思う。

Text: Gisella Lifchitz
Translation: Megumi Tsuruoka
Photos: courtesy of Victoria Czentner

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE