トランスクール・トーキョー展

HAPPENINGText: Rachel Alexis Xu

捕らえ所の無いアートの意味と目的は今まで(燃えさかる様に)語られ実ってきた。そんな果てしない沢山の言葉に埋もれながらも、「トランスクール・トーキョー」展は歓迎すべき休息の場所と言えるだろう。もし今日の、そして過去のアートに対する不安な問題が、メッセージ性のある教育的振る舞いにあるとしたら、この展示はそんな非難に対して勇敢に立ち上がり、その気取らなさとシンプルさで新鮮な風を吹き込むものとなっている。

トランスクール・トーキョー展

この展覧会は日本の現代美術の先駆けとなるアーティスト達の作品が見られる貴重な機会となった。作品を展示するだけでは無く、熟考したシンプルさに覆い隠されたアイディアを煮えたぎらせている。現代美術の展覧会を開いて物事を単純にするのは難しい。しかしトランスクール・トーキョー展の功名なところは、展示の起点として絶えず視点を強調した事にある。

koheinawa.jpg

視点を強調する事は、不意にアーティストの世界観に繋がり、そしてそれは明確に彼/彼女達の作品に表れている。展示された作品はそれぞれの世界観を表す。名和晃平の「PixCell-Deer」は、水晶玉により歪み、拡大された剥製の鹿を使ってヴァーチャルと現実の世界をまたぐ。エマニュエル・ギラードの写真によるインスタレーションは、砂っぽくじめじめとした普段あまり目の当たりにしない東京の通路を表している。一つの物の見方が真実だとは誰も言う事ができないが、その代わりにこの展示では複数の視点が一カ所に集っている。同意するか拒絶するかは、展示に訪れた者の発見となるだろう。

narayoshitomo-.jpg

視覚を用いた展示は、背景と環境にも繋がりをみせる。現在と過去、両方の文化的要素が見られるこの展示からは、現代美術が社会の歴史や文化からかけ離れたものでは無い事が伝わる。奈良美智の見ている者をものうげに睨みつける子供の絵は、純真な感性を愛する日本人を皮肉に表し、更に一目で伺える漫画の影響が印象的だ。村上隆による花の絵のシルクスクリーン版画は、日本においての技術の長く輝かしい歴史に対する敬意が伺える。これらは一見社会の意識からはみ出したそれぞれ異なった要素だが、もしかしたら逆説的に、日本の現代美術の時代精神となったのかもしれない。

murakami-.jpg

もし展覧会で少ししか察する事がなかったとしたら、アートが孤立状態の中存在し、少数の視点でうわべを飾っているのではないという事を知るだけでも価値かもしれない。トランスクール・トーキョー展は美術鑑賞を強力にかきたて、我々の興味をそそる機会ともなっている。

Trans-Cool TOKYO
会期:2010年11月19日〜2011年2月13日
会場:SAM at 8Q
住所:8 Queen Street, Singapore 188535
TEL:+65 6332 3222
http://www.singaporeartmuseum.sg

Text: Rachel Alexis Xu
Translation: Meiko Maruyama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE