サイレント

PEOPLEText: Rebecca Toh

シンガポールのデザイン事務所サイレント(SILNT)。アートディレクターのフェリックス・ングとスタジオマネージャーのジャーマイン・チョングにより経営されているこのスタジオは、清潔感にあふれ、かしこく、控えめ、且つ豪華なデザインで知られている。独自のブランドとデザインコンサルタント業の他に更に二人は、シンクタンク、アノニマスを結成し活動している。

フィレックスとジャーマインは、ベルリン、東京、上海、そしてクアラルンプールを巡った巡回展「デュアル・シティ・セッションズ」や「ア・デザイン・フィルム・フェスティバル」(アジア初)、そして「見落とされ正当に評価されてこなかったアイデア、声、そして過程」(’ideas, voices and processes that are overlooked and under-appreciated’)を特集した雑誌「ブラケット」の出版を手掛けてきた。

更に二人は最近、ユニークで型にはまらない横向きデザインのカレンダーの第二版を創作したばかりだ。

どのようにしたらこの様な事が可能なのか、サイレントの設立者兼アートディレクター、フィレックス・ングの話を伺う事ができた。

SILNT

自分のデザインスタジオを持つというのはどんな感じですか?

とても自由ですし、色々な人達と出会えます。

日課にしていることはありますか?仕事の仕方を少し教えてください。

私は夜に活動はしませんね。ですので、毎朝早起きをしています。4時くらいです。そして5時から11時にサイレントの仕事をしています。もしミーティングがなければ、その日の午後はアノニマスの仕事に時間を使います。

Bracket%20Vol%2001%20%28a%29.jpg

現在スタジオでは何を手掛けていますか?

現在はフレグランスブティックのイラストとブランドウェブサイトを仕上げているのと、「ブラケット」2号の企画、あと2011年の「ア・デザイン・フィルム・フェスティバル」の映像を審査しています。2011年は面白いプロジェクトがいくつかありとても楽しみです。

H%20is%20for%20Haiti.jpg

サイレントはお二人でつくられていますね。また、スタジオでは同時に沢山のプロジェクトにとりかかっていてとても忙しいかと思います。それをどう対処していますか?

それは、時間管理と何かを犠牲にすることだと思います。

クリエイト系の人達の大きな誤解の一つは、組織が嫌いだと言う事、そして私達のほとんどがそんな自己達成的予言に落ち入るということです。時間を使って自分達の考えや必要な事を整理する事の必要性を拒否するのです。また犠牲ということでもあるのですが、自分のやりたいプロジェクトができるという事は、大抵あまりお金にならないという事です。その代わりに自分に必要のない物にあまりお金をかけず、そして存在するビジネスモデルに自分のライフスタイルを合わせる必要がある、そういう犠牲があります。

サイレントの世界における価値はなんだと思いますか?

その質問については、誰かに代わりに答えてもらう事にしましょう。

A%20Design%20Film%20Festival%20%28b%29.jpg

サイレントではウェブサイトのデザインからコラテラルの印刷まで、クライアントと関わるプロジェクトを手掛けています。また、デザインのシンクタンクのアノニマスでは雑誌の発行、巡回展の発足、ア・デザイン・フィルム・フェスティバルの開催など様々な事をやって来られましたね。ご自身にとって、この中で一番楽しいと思うアクティビティを教えてください。

難しい質問ですね。クライアントがいるサイレントでは、多少の妥協も必要です。アノニマスでは妥協の必要はありません。すべてを自分のやりたい様にできます。両方をやる事が私達にバランスを与えてくれていのだと思います。そうでないと、自由がありすぎるのもつまらない物です。

calendar%20two%20thousand%20eleven%20by%20SILNT%20%28b%29.jpg

素敵な2011年のカレンダーをお作りになりましたね。このカレンダーについてご紹介下さい。またその一番最良な使い方はなんだと思いますか?

私はパートナーからスケジュール調整にとらわれ過ぎと言われてます(笑)。

プロジェクトをする時に(クライアントと個人に)道理にかなったスケジュールと締め切りを定めるのはとても大切な事だと思います。時に複数のプロジェクトを同時にこなさなくてはいけない時、自分がやりたい事の為に時間を上手にやりくりするのは難しいです。自分が何かを成し遂げなかった時に自分に与える一番の言い訳は”忙しすぎる”です。だから自分達がもっと上手に整理できる様に、助けてくれるカレンダーをデザインしはじめたのです。

カレンダーに間違った使い方はありません。書き込んでも良いし、過ぎた日に線をひいて消しても良い、個人的なプロジェクトの為に週の数日を縦に並べてもかまいません。

calendar%20two%20thousand%20eleven%20by%20SILNT%20%28c%29.jpg

あなたの様に自分で何かを始めたい人にアドバイスをお願いします。

早起きをして、人にやさしく、妥協せず、そして人の手助けを絶対に待たない事です。

今後の予定などありますか?

現在大型のスタジオカレンダーをつくるために製紙会社と打ち合わせをしています。人と共有できるようにデザインされますが個人でも、小さなスタジオでも中くらいのスタジオでも良く使えるでしょう。全てうまくいけば2012年には完成します。

Text: Rebecca Toh
Translation: Meiko Maruyama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE