ゲット・イット・ラウダー 2010

HAPPENINGText: Mao Xianghui, Hu Xiaodong, Aric Chen, Hiromi Nomoto

ゲット・イット・ラウダー 2010(Get It Louder 2010)は、「シェアリズム(sharism)」というテーマのもと開かれた。2005年から始まったこのエキシビションは、中国の新進気鋭のクリエイターを盛りたてていこうというもの。デザイン、映画、音楽、アート、幅広い分野で活躍する若者を中心としたクリエイターを集め行われる。今年は中国国内外から100名を越える参加者があり、初めて文学の分野からの出展もあった。9月19日から10月10日は北京の三里屯SOHOで、10月22日から11月7日は上海の800showにて開催された。

ゲット・イット・ラウダー 2010
Get It Louder 2010、上海会場

「シェアリズム」創作活動の過程は直線的ではないはず。自身を取り巻く周囲からの情報や他から得られた知識を、まるで雪だるまを作るように巻き込んでできていく。知識や情報の共有は人々にとって有益である。また知識や技術それ自体の発展も期待できる。さらに、共有するかしないかは自分で決めることができる。現在、知的財産権や所有権を強く主張するあまりに、これらのことができなくなっているのではないか。シェアリズムとは、この現状を打破し、更に人類を発展させられる考え方なのである。

%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF.jpg
映像作品「タイタニック」

80后(バーリンホウ:80年代生まれ)の作家ジャン・リャンユエンの映像作品「タイタニック」。小さな食堂、図書館、またはスーパーでのこと。映画「タイタニック」で水没していく豪華客船の船内の様な強力な放水。その中で人々は全く気付かずに平常通りの行動をする。世界では日々様々な事件や事故、災害が起こっている。外界でどんなことが起ころうと、私たち個人は黙々と普段の生活を続けているのだ。人間の強さとも、現代人の社会や他人に対する無関心さとも言える。

3%E5%88%86%E9%96%93.jpg
映像アーティスト集団「3分間」

「3分間 第9期—侠客」。同じ1つのテーマでありながら、メンバーそれぞれが違った種類のストーリーを紡ぎだす。北京を主に活動をする若手アーティストグループ。2009年5月からアンダーグラウンドで継続的に作品上映をするといった活動をしている。彼らは毎回テーマを用意し、3分間の映像作品を作る。以前のテーマに、「傷心」、「リマーク」、「コミュニティー」等がある。
ゲット・イット・ラウダー 2010は、彼らにとって公共の場での初めての活動である。

%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AA.jpg
写真作品「ボーイフレンド」

ハン・チャオの作品「ボーイフレンド」。フォトグラファーハン・チャオは、2005年から今に至るまでの自身の私生活、それから周りの若者たちを記録し続けている。怪しくも色鮮やかな彼らの世界。エンエンの艶やかさ、ジイジイの優しい穏やかさ、リー・シアタイの清らかさ、ミンミンの素直さと子供っぽさ、ドゥオドゥオの女の子の様な可愛さ。彼の目を通して見えて来る世界を、観客は恐る恐る覗き見るのだ。

%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC.jpg
アニメーション作品「ストーリー」

アニメーション作品「物語」は、ライ・ライ、ライ・カキ親子によって制作された。ライ・ライは自分の制作の他にナイキやマイクロソフトなどのメーカーの仕事も手がける若手デザイナー。その父ライ・カキは有名なブックデザイナー。ライ・ライは自分の先祖が書いた家系図から、絵を描くことで父とライ・ライ自身がそれぞれの物語を共有することを思いついた。父がボールペンで描く家族の周りを、小さな子供が遊ぶようにライ・ライの色鉛筆の色面が現れる。

%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97.jpg
「双飛」

80后の同じ言語を共有する士気ある若手アーティスト集団「双飛」。ときには認識ある大人に注意されながらも、彼らは街に出てイタズラをしかける。それを映像やインスタレーション、パフォーマンスで表現している。ゲット・イット・ラウダー 2010では、誰でもよく知るブランドのイメージをもとに、広告を自分たちで出演し制作した作品を展示されている。同じく展示された彼ら自身が作成したミュージックビデオ「コンテンポラリー商売」は多くの若いアーティストたちの共感をえることだろう。『展示不是你想展、想展就能展(展覧会は君がやりたくてもそうすぐには出来ない)』。

beijing%20soho.jpg
Get It Louder 2010、北京会場

アイ・ウェイウェイなど中国の大御所的アーティスト出展や、アニメーションアーティストのスン・スンのように若くして既に様々な賞の受賞経験を持つクリエイターもいるものの、まだ青臭さが残るクリエイターたちも多く参加している。彼らの中にこそ次の中国クリエイティブ界を担う人物が存在しているのではないだろうか。

Get It Louder 2010 北京
会期:2010年9月19日〜10月10日
会場:三里屯SOHO
住所:北京市朝陽区工体北路
TEL:+86 10 6561 5550 (北京展示局)

Get It Louder 2010 上海
会期:2010年10月22日〜11月7日
会場:800show
住所:上海市静安区常徳路800号
TEL:+86 21 6335 3637 (上海展示局)

Get It Louder 2010
TEL:+86 10 6561 0550 (Get It Louder事務室)
http://www.getitlouder.com

Text: Mao Xianghui, Hu Xiaodong, Aric Chen, Hiromi Nomoto
Photos: Get It Louder

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE