NIKE 公式オンラインストア

鈴木大

PEOPLEText: Mariko Takei

10月1日に発売開始のSHIFT 2011 カレンダー。そのビジュアルのひとつを手掛ける鈴木大(すずき・だい)は、神奈川在住のグラフィックデザイナーだ。今月号のカバービジュアルとともに、グラフィックデザイナーとして活動する経緯や手掛けた作品、今後の抱負などをお届けしよう。

鈴木大

まず自己紹介をお願いします。

こんにちは。名前は鈴木大と申します。1984年の福島県生まれ、現在は神奈川県に住んでいます。4年制大学を卒業した後、メーカーで3年間勤務して今年の6月に退社し、一人で活動を始めました。

これまでにどのような活動をされてますか?また、グラフィックデザイナーとして活躍するようになった経緯を教えて下さい。

これまでの活動は友人のCDジャケットやフライヤーなどをたまに作るぐらいです。グラッフィックデザイナーになろうとしたきっかけは、大学4年生のときに就職活動をしているときに「やりたいことはなんだろう」と考えた末、マックとイラレストレーターやフォトショップなどを購入しつつ自力で勉強しました。

20100906.jpg

これまでに手掛けたプロジェクトや作品をいくつかご紹介ください。

自分で作成した本「HERE TO STAY」が一番新しい作品です。僕が影響を受けてきたものや思いついたものをグラフィックデザインやイラストにしたものをまとめたものです。あとは退社後リニューアルした自身のウェブサイトです。可変グリッドレイアウトにして作品を見やすくしました。

今回、SHIFTカレンダーコンペティションに参加された動機を教えてもらえますか?また出品作品についても制作意図などお聞かせ下さい。

ちょうど会社を退社したときに、学生時代から見ていたSHIFTのカレンダーコンペティションは今年もあるのかな~とのぞいてみたところ、募集していたので力試しのつもりで応募しました。

制作意図は「不調」にあります。ファミコンのRPGなど戦闘画面でキャラクターがダメージ受けたときにステータスの表示の色が変わったり、キャラのアイコンが変化したり、とそのようなことをうまく表現できないかと思い作りました。

howl.jpg
howl

000MHz」代表とありますが、000MHzについて活動内容を教えて下さい。

000MHzといっても実際は僕個人で活動しているにすぎなかったりします。僕自身が活動するにあたって、何か分かりやすいキャッチーな屋号みたいのがほしいなと思ったのと、よくグラフィックデザイナーの方々がこういったオリジナルの屋号をつけているのがかっこいいなと思ったからです。

opticgirls.jpg
optic girls

ご自身の作品集「HERE TO STAY」を制作されてますが、どんな作品を収録されているのですか?また、これを作った理由が特にあれば教えて下さい。

ロゴ、イラスト、グラフィックデザイン、パロディ、写真、フォント、影響を受けたものをサンプリングしたりしたのを自分で作りまとめたものです。
これを作ったきっかけは学生時代に「2027」という本を読んで主人公たちが禁止されている本を作るという行為に刺激されました。

今回手掛けて頂いたシフトカバーデザインについてご紹介下さい。

移り行くコンテンツと、それを見る瞳で構成しました。リロードでランダムに変化する速度も、それを見る人それぞれを表しています。なのでリロードを試してみてください。ちなみにフラッシュの制作には兄に全面的に協力して頂きました。

savepoint.jpg
save point

制作する上で影響を受けていることはありますか?

とにかく色んなものから影響受けてると思います。昼間聴いているラジオだったり、ぶらぶらと散歩している時だったり、寝る前に読む小説やマンガだったり、と挙げればきりがないです。

monolith.jpg
monolith

音楽、マンガ、小説が好きだそうですね。それぞれの中で一番好きな作品(作者)を教えていただけますか?

音楽ならニューオーダーのアルバム「Substance」、マンガなら藤子不二雄先生の「SF短編集」、小説なら星新一先生の「ようこそ地球さん」におさめられている「殉教」が好きです。特に藤子不二雄先生の「SF短編集」は、ダークサイドな面とひねりの利いたオチなど、いろいろと影響を受けました。

sad_bros.jpg
sad bros

今後どのような活動をおこなっていきたいですか?また、何か活動のご予定があれば教えて下さい。

地道に楽しく活動できればいいなと思っています。また違った本のアイディアがあるので、いつの日か作りたいと思います。
ここまで読んで頂いてありがとうございました。

HERE TO STAY」は、一部700円(税込)にて購入可能。購入についてはcontact@000mhz.orgまでお問い合わせ下さい。

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE