NIKE 公式オンラインストア

第6回 ベルリン・ビエンナーレ

HAPPENINGText: Yoshito Maeoka

5月中旬頃、オラーニエン通りからモーリッツ広場の方面に抜けるあたりに、気になるポスターがボードビル一面を占拠していた。ポスターは女性のポートレイトや身体の一部を接写したモノクローム写真とサックスブルーと白の余白から成っており、小洒落たアパレルメーカーの広告に見えた。しかしながら何処にも関連を示す文字情報は無く、これらポスターが何故掲載されているのか謎のままだった。

DSCF3052.JPG

しかしながら、ベルリンのアートファンにとって、これは既知の事実であった。これらの写真は、ベルリン・ビエンナーレのウェブサイトにアクセスすると真っ先に映し出される、ミヒャエル・シュミットのシリーズ「Frauen」だった。これらの写真はポスターの他、カタログ等の配布物にも繰り返し登場し、いわば今回のベルリン・ビエンナーレのアイキャッチとも捉えることができる。

キュレーター、カトリン・ロームベルクによると、これは広告か?広告であれば何の広告か。そうでなければ何か?等説明が要請される図式を浮き彫りにする意図があったという。そのような仕掛けを導入に据える、今回の第6回目のベルリンビエンナーレに私はとても期待を膨らました。タイトルもまさに「what is waiting out there / was draußen wartet」(外では何が待っているのか)と題する。

DSCF3021.JPG
旧ナショナルギャラリー

今回の会場はベルリンビエンナーレを主催するKWの展示スペース他、南方のクロイツベルク地区4会場を中心に構成される。また旧ナショナルギャラリーではゲストキュレーターにマイケル・フリードを迎え、展覧会のタイトルにふさわしく19世紀のアーティスト、アドルフ・メンツェルの迫った現実をリアリティ溢れるドローイングを中心に展示していた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE