ジョン・ウー

PEOPLEText: Emma Chi

8日間にわたって開催された第13回上海国際映画祭も、金爵賞の発表とともにフィナーレを迎えた。中国映画界が最盛期を迎えつつある今、国際的に影響力を持つ監督の考えを知っておくことは大切だろう。そこで、この映画祭の審査員長を務めるジョン・ウー監督にお話しを伺った。

ジョン・ウー

中国系アメリカ人のジョン・ウー監督は、中国広州市にて1946年9月22日に誕生。4歳の時、家族とともに香港へと移り、やがてハリウッドでの成功を手に入れた。今や世界的に影響力を持つ、数少ない中国人監督の1人である。現在はアメリカ在住だ。彼が世に送り出してきた映画は、成功し続けてきた。彼はまた、映画の美を追及してきたことでも知られている。昨今のアクション映画においては、”すばらしい暴力の美である”と称賛された。彼の主な作品は、「男たちの挽歌(1986)」「狼/男たちの挽歌・最終章(1989)」「狼たちの絆(1991)」「ブロークン・アロー(1996)」「フェイス/オフ(1997)」「ミッション:インポッシブル2」「レッドクリフ(2008, 2009)」。これらの映画を見た観客は、鮮烈で凍りつくようなスリルを味わうと同時に、信念を貫く勇敢なヒーローに熱く共感したに違いない。

RedCliff%201.jpgRedCliff%203.jpg
「レッドクリフ」(2008)

第13回上海国際映画祭の審査員長の立場から、今年度の映画祭に関して感想を教えてください。

まず初めに、映画界の仲間と一緒に映画祭を実行できたことを光栄に思っています。そして、すべての作品に感謝しています。今回の映画祭参加者は本当にすばらしく、このような才能ある若い監督たちと映画祭を作り上げることができ、大変うれしく思っています。また、今回から、経験を問うことなく、制作活動の長い監督の作品にも光を当て、彼らのすばらしい作品を紹介しました。また、今回は、さまざまなジャンルの作品を取り上げました。このように多種多様な作品を紹介することは、国際映画祭として大切なことだと思っています。

RedCliff%202.jpg
「レッドクリフ」(2008)

では監督の立場として、先鋭的な映画についてどう思われますか?

昔の映画は、その時代の流行に寄るところが大きかった。しかし、映画の根底は、新しいことに挑戦し続けることにあるはずと思っています。流行を追わないこと、目の前にあることに目を向けないこと、を私はいつも主張しています。映画が観客にあまり受けいれてもらえなかったとしても、特に若い監督にとって、それは大切な経験です。どんな監督でも、絶対に成功する映画などはつくれません。失敗を重ねて、学んでいくしかないのです。
また、映画の多様性も重要です。監督ひとりひとりに個性があって当然なのです。ですから、若いうちから、自分のスタイルを大切にしてほしい。武術映画に詳しくないのであれば、武術映画は撮らないことです。かつて香港では、誰もが同じタイプの映画、つまり武術映画を次々と作りました。観客はいつも同じような映画を見るしかなかったのです。やがて、それが原因で映画市場が縮小した時には、救いとなるような他のジャンルの映画は1つもありませんでした。

RedCliff%204.jpg
「レッドクリフ」(2008)

新作映画「レイン・オブ・アサシンズ」では、何か新しい挑戦を試みていますか?

この作品は、サスペンス溢れる時代映画で、武術にも新しい要素を加えました。脚本が本当に良くできていて、非常に豊かな感情表現が織り込まれています。武術映画としては非常に珍しく、女性の視点から描かれた映画となっています。

WindtalkersJW.jpg
「ウインドトーカーズ」撮影風景(2001)

昨今の観客は、昔の観客と比べて違いはありますか?

最近の観客は、昔よりも、映画に求めるものが多くなりましたし、知的な観客が多くなりました。観客の多くは、映画から何かを得ることを期待していて、映画を観た後も、映画を反芻します。10年後に映画を再び観るときでさえ、そこに価値を見出そうとするのです。観客は、映画から、人生に関わる意味のようなものを見つけようとします。心の琴線に触れるような映画を欲しているのです。私は、監督として、そのような映画を撮影することに、意義を感じています。

フォン・シャオガン監督は、かつてこのように言っています。『中国人監督は自分の生まれた国を拠点とするべきだ』と。これに対し、ハリウッドを拠点としている数少ない中国人監督として、どう思われますか?

フォン・シャオガン監督が言ったように、中国に身を置くべきだという考えに、賛成する気持ちもあります。どんな監督も自分流の撮影法があり、国内のニーズのほうが適している監督もいるからです。しかしその一方で、国際的な映画の制作でこそ力を発揮できる監督もいると思っています。どうしたらハリウッドに手が届くのかと、若手の監督によく聞かれますが、私がいつも彼らに言う言葉は、ハリウッドに執着せずに、まず母国で素晴らしい映画をつくりなさい、ということです。ヒット作を作れば、他の国であろうとも、名を知られることになり、ハリウッドへの招待状を手にする可能性もあるからです。経歴なしに外国への扉を叩こうとしても、誰も目に留めてくれません。

face%20off.jpgReign%20of%20Assassin.jpg
「レイン・オブ・アサシンズ」(2010)

ハリウッドについて教えてください。

中国には、よりたくさんの要素があると感じています。テーマも尽きることがありません。文化遺産が豊富にあり、歴史もの、伝説から、現代もののストーリーまであります。多民族国家のため、それぞれの民族が独自の物語を持っており、それを映画にすることが可能です。スポンサーとプロデューサー、映画会社は、長期の計画を立てるといいですね。ハリウッドの良い例として、「アバター」があります。製作に10年をかけましたが、その間、映画会社は監督をサポートし続け、1000万ドルの援助をしました。結果として、監督は最新の3D技術を駆使して先鋭的なストーリーを作り上げ、世界中の観客の心を捉えたのです。
では、これと同じことが中国でもできるかと言えば、難しいでしょう。例え、新人の監督が構想を抱き、2〜3年かけて最新技術を用いて製作したいと思っても、サポートしてくれる投資家は見つかりません。今日、私たちが目にするタイプの映画は、あと数年後には飽和状態となります。観客は、新しい先鋭的なタイプの映画を欲するようになるでしょう。

mission_impossible_iii_ver2.jpg

それは、皆が直面している問題なのですか?

今のところは、良質なシナリオライターも、脚本も少ない。香港映画の事情を考えてみても、ずいぶん長い間、良いストーリーをつくることを重視していなかったのです。また、自由な発想もありませんでした。商業映画は特に脚本を深く練っていません。
ハリウッドに関しては、こちらもまたお決まりのパターンにはまってしまっています。例えば中国の物語「花木蘭」で「ムーラン」という映画を製作し、今後は、孫悟空や封神演義、水滸伝などのストーリーが映画になるかもしれません。皆が同じものに執着している今だからこそ、自分で脚本を書き、クリエイティブな制作をしている若手の監督を応援すべきだと思っています。

Text: Emma Chi
Translation: Chihiro Miyazaki

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE