フォン・シャオガン

PEOPLEText: Emma Chi

フォン・シャオガン(馮小剛)の新作「唐山大地震」が7月22日から中国本土と香港で同時に公開となった。これは中国で初めてのIMAX作品となる。

fengxiaogang_dadizhe_339003.jpg
《唐山大地震》(2010),馮小剛

中国人映画監督、フォン・シャオガンは1958年生まれ。幼少期から芸術と文学を愛した。年月をかけて、彼の独特の映画スタイルは観客の中に根付き、その評価は高まってきた。1997年から1999年にかけて彼が制作したコメディー三部作「夢の請負人」「遥かな想い チャイニーズ・ドリーム in U.S.A.」「ミレニアム・ラブ」は大成功を収め、中国国内映画の新時代を拓いた。しかしフォンは、コメディー映画だけで満足することはなかった。2000年に制作した「一声嘆息」では、現代社会の中のジェンダーという問題に一石を投じ、2006年にはシェイクスピア風の悲劇をモチーフに武術を描いた「女帝 エンペラー」を制作。2007年の「戦場のレクイエム」では大作を監督し、彼の高い能力を世間に知らしめた。10年もの間、一途にエンターテインメント映画にこだわり続けてきたフォン・シャオガン。彼が2010年「唐山大地震」で全身全霊を懸けて観客に捧げるのは、空前の叙事詩である。

tsddz-pos002339.jpg
《唐山大地震》(2010)

この映画を制作したきっかけは何ですか?

カナダから戻ってくる飛行機内で読んだ、チャン・リンの原作小説がきっかけです。実によい物語でした。現在の映画監督に足りないのはよい物語です。物語が映画を作るのです。

tsddz-pic009339.jpg
《唐山大地震》(2010)

これまでに様々な題材を扱ってこられましたが、あなたの監督法について教えて下さい。

私はただの映画監督であり、自分がどんな種類の監督なのか考えた事がありません。ただひとつだけ言えるのは、何か違ったことに挑戦したいということです。なおかつこれは意図してできることではありません。私は無理矢理にSF映画を撮ろうとしたのではないのです。無理矢理に撮ろうとすれば、その題材でなくてはならず、そのための脚本を探さねばならず、結果として状況はより困難になっていきます。私の場合は脚本次第であらゆる変更を行います。そこに様々な人が関わり、様々なことが起こり、自然な流れとしてその物語を語りたくなる。全ては、脚本によって決められるのです。

tsddz-pic012339.jpg
《唐山大地震》(2010)

作中に登場する母親の選択について、監督ご自身は正しいとお考えですか?

この映画に関して言えば、彼女の選択が正しいとは言えません。彼女は非常に困難な立場に置かれたのですから、その判断を評価することはできません。子供を持つ母親の選択、私はこの場面を見る人は誰もが衝撃を受け、考えさせられると思います。どこに生きる親であろうと皆、こうした選択を迫られれば深く傷を負うでしょう。とてつもない悲劇に遭遇した時、人は粘り強く生きなければならない。多くの人々が助けの手をのばしてくれるのだから、決してあきらめてはいけないと私は思います。悲劇に直面した人と対峙する時、我々は「理解」という言葉を実行しなければいけません。

tsddz-pic027339.jpg
《唐山大地震》(2010)

ベテランの映画監督として、また多くのジャンルを手がける監督として、フォン・シャオガンの映画とはつまり何だと思いますか?

私の映画とはつまり、私自身が見たいと思うような映画です。私は映画を見るのが好きです。おそらく多くの人がそうでしょう。私は、一般の観客と何ら変わらないのです。多くの映画監督たちは観客と距離を置いていますが、それは好ましくありません。彼らは、一般客は自分達監督より単純なものだと考えています。しかしそんなはずがあるでしょうか?観客の中にはたくさんの監督も含まれるのです。もし映画監督が、観客を自分達よりも下に見ているなら、それは馬鹿げた考えです。観客と距離を置くなどというのはさらに馬鹿げたことです。

tsddz-pic020339.jpg
《唐山大地震》(2010)

映画を決定する鍵は、脚本だと思いますか?それとも役者だと思いますか?

特に重要なのは、脚本です。もっと多くのプロデューサーが、良い脚本に投資してくれることを願っています。映画の中に有名なスターがあまりいなくても大して問題はありませんが、脚本が良くなければ、作品は必ず失敗します。だから私は、よい脚本とよい作家には有名な役者と同じくらいの価値を与えるべきだと思います。私の知るプロデューサーたちも、そうしたいと考えています。

tsddz-pic019339.jpg
《唐山大地震》(2010)

この映画はヒットするでしょうか?

私はシュー・ダーシャを研究しています。彼の言葉にとても良いものがあるので、それを借りたいと思います。『私には、恥じることは何もない。』

tsddz-pic022339.jpg
《唐山大地震》(2010)

唐山大地震
脚本:苏小卫
監督:馮小剛
主演:徐帆、張静初、李晨、陈道明、王子文ほか
制作:中国 / 香港
http://aftershock.hbpictures.com

Text: Emma Chi
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE