NIKE 公式オンラインストア

大野力

PEOPLEText: Mariko Takei

住宅や商業空間を中心に様々なプロジェクトを手がける建築家の大野力。2004年に自身の事務所「シナト」を設立して以来、2009年には米誌I.D.Magazineにて世界の注目新人40人に選ばれる他、2010年にJCDデザインアワードで金賞を受賞するなど、国内外で大きな注目を集めている。DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA1Fでは、大野力によるストアインスタレーション「ROLLS」が7月23日より展示される。

大野力

まず自己紹介をお願いします。

大野力、1976年大阪生まれ。2004年にシナト(sinato)という事務所を設立して、主に住宅や商業空間の設計を中心に活動しています。

建築設計事務所「シナト」の設立経緯を教えて下さい。

友人たちと遊びでデザインイベントに参加したのが最初のきっかけかもしれません。その後、たまたまそういった活動を見た知人から何件か仕事を頂くようになり、その流れで自分で事務所を開設しようということになりました。だから開設したその日に既にいくつか仕事があるという恵まれた状況でしたね。最初一緒にやっていた友人たちも、ほぼ同じ時期にそれぞれ独立して、今もお互い刺激し合える良い関係です。

建築、インテリアからそれぞれ代表作をご紹介いただけますか?

どれが代表作なのか分からないので新しいものから言っていくと、建築は「house O」(2009年)という三重県伊勢市に建つ住宅。
屋外プールや広大な駐車場に接する変形の敷地で、大きなスケールの中に放り出されたような場所だったので、周囲環境からは距離を取りながらも開放的な空間をつくることを考えていました。敷地のラインに沿って3つの長方形を分棟配置し、それぞれの一辺を延長して他方の長方形の頂点と結ぶことで「3つの長方形/3つの変形四角形/中央に三角形」を内包したひとつのかたちをつくっています。

house_o.jpg
house O(2009年)

3つの長方形は主な生活空間、3つの変形四角形は小さな中庭、中央の三角形はガラス張りの明るいホールになっていて、生活空間には必ず中庭かホールが隣接し、また中庭かホールの向こうには別棟の生活空間が垣間見えます。この「部屋のように小さな中庭」や「外のように明るいホール」を「外の部屋」と呼んでいるのですが、部屋の隣に外の部屋があってまたその隣に部屋があってという入り組んだ状態の中で開放的に暮らしていけるような住宅です。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE