「サイコアナリシス:現代オーストリアの眼差し」展

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

フロイト、ヴィトゲンシュタインを生んだオーストリア 
肉体と都市に潜む闇と狂気を見つめて 

「サイコアナリシス:現代オーストリアの眼差し」展
Ursula Mayer “Goldflames Out In The Sky” 2002, Still from the DVD, color, sound, (3 min 30 sec), Courtesy of the artist

サイコアナリシス(精神分析学)は、19世紀後半に、オーストリアの精神分析学者のフロイトによって唱えられた言説で、患者の自由連想、空想や夢などの思想を言語化することで、無意識下の葛藤を定式化して解釈するもの。そんなサイコアナリシス的なアプローチで、都市、個人、身体を捉え、映像または写真で表現しようという展覧会がトーキョーワンダーサイト渋谷にて開かれている。今回選ばれた7組のオーストリア人現代美術作家は、建築的、身体的、個人的とそれぞれが主題としている切り口から作品を作り上げた。

2-w468.jpg
Maria Hahnenkamp “Untitled. (from the series “Dress”)” 2010, 6 parts, Pigment-print on Hahnemuehle Baryta paper, 83 x 108 cm each, Courtesy of the artist and of Krobath, Vienna|Berlin

マリア・ハーネンプカンプの“動く建築”ともいえる作品は、衣服を用いて建築と身体の問題を扱っている。「Untitled. (from the series “Dress”)」(2010)は、1960年代のウィーンの建築のオーナメントパターンが刺繍されている布を、さまざまな角度から撮影したもの。もうひとつは、ガラス板の上を赤い服を着た女性が動きまわっている所に、ジェンダー理論を唱えたジュディス・バトラーのテキストが重なっているビデオ作品「V8/10」(2010)。そのテキストはラカン的、フェミニズム的であるが、意味や解釈は複数に読み取れる。

西洋の文脈では、“テキスト=語る”ということも建築的なアプローチと見なされる。したがって、たとえ建物そのものが登場していなかったとしても、テキスト自体が建築的示唆に富んでいれば、その作品は建築として見なされるのである。

1-w468.jpg
Bitter / Weber “image.source” 2000, 4 parts, A0 prints on paper, 133 x 93 cm each, Courtesy of Photo Collection of the Austrian State, permanent loan to the Austrian Gallery of Photography at the Museum der Moderne, Salzburg

ビッター/ヴェーバーが出品したのは、サスキア・サッセン、レム・コールハース、マイク・デーヴィス、ウァルター・グロピウスなど、建築界の重鎮たちのテキストを使い、1960〜70年代のアムステルダムのベイルメル都市拡大プロジェクトを4枚の絵にすることで社会の変化を表した「image.source」(2000)。また、6週間、東京に滞在制作したことで生まれた、日本の縁側からタイトルをとった、「EN」シリーズの2点。これは、メタボリズムをテーマに、自律可能な日本の現代建築のあり方に焦点を当てた。

6-w468.jpg
Markus Schinwald “Ten In Love” 2006, 35 mm film on DVD, color, sound (4 min 37 sec), Courtesy of the artist and of Georg Kargl Fine Arts, Vienna

ある部屋に集まった、奇妙なオブジェをまとう人たち。彼らによって行なわれる不可思議な儀式に、違和感を覚えてもおかしくはないはずだが、なぜか自然に受け入れてしまう。
マルクス・シンヴァルドは『「Ten in Love」(2006)は、映画というよりは、まるで詩のようなものです。』という。オーストリア・グラーツの有名なある女子修道院付属学校のカフェテリアを舞台に、登場人物のさまざまな愛と関係性が交差し、無意識の感情や欲望が描き出される。

また、「Lukas」「Magnus」「Nicklaus」「Gunther」(2010)はフリーマーケットやオークションで購入した昔のポートレートの上に、装飾やマスクを書き加えたもの。ここからは、オーストリアの長い文化および美術史の一番先端に自分が今存在しているという、歴史への敬意が感じられる。と同時に、文化を壊すのではなく補うことで、次世代につないでいく。そんな想いも読み取れるのではないだろうか。

7-w468.jpg
Andrea Witzmann “Otto & Ottokar”, 2008, 2 parts, C-Prints, 100 x 134 cm each, Courtesy of the artist and of Layr Wuestenhagen, Vienna

その他にも、ジェンダーを扱った映像のウルスラ・マァイヤー。ビッター/ヴェーバーと同じくメタボリズムをテーマに、窓をつかって、1960年代の丹下健三の都市計画に使用されたテキストを効果的に用いた作品や、建築写真を展示しているアグライア・コンラッド、被写体を構造的に撮るアンドレア・ヴィッツマン、ステージセットをまるで現代の建築のように捉えたドリット・マーグライターの作品が展示されている。

ゲストキュレーターのヴァルター・サイデルは言う。『建築は、人々の身体、マナーや行動を制限します。その制限が個人の意識と無意識に変化をもたらすのです。』その制限によって変化した意識と無意識を解き放つ役割を、サイコアナリシスは担っているのだろう。

私たちは毎日、何かしらの建築物に接して生きている。家、オフィス、公共建築などさまざまな役割の建物、そしてそれらとの身体的、個人的な関係性。これらの作品が、そのことについて再確認させてくれる。もしかしたら、この展覧会を見終わって会場を出たとき、街にある建物に対する意識が少し変わって見えるかもしれない。

サイコアナリシス:現代オーストリアの眼差し
会期:2010年5月29日(土)〜8月1日(日)
時間:11:00〜19:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
会場:トーキョーワンダーサイト渋谷
住所:東京都渋谷区神南1-19-8
TEL:03-3463-0603
入場料:無料
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
共催:オーストリア教育芸術文化省
後援:在日オーストリア大使館 文化フォーラム
巡回:熊本市現代美術館 9月18日(土)〜11月28日(日)
http://www.tokyo-ws.org

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE