チェン・ラン

PEOPLEText: Ralph Yuu

信念とあこがれの対象を持つことで、本当の自分に出会う。

%E7%A8%8B%E7%84%B6_%E8%BF%91%E7%85%A7.jpg

1981年、内蒙古生まれのチェン・ラン。2004年に中国美術学院油絵科を卒業。俳優として映画「バンブー・フォレスト」の制作に関わり、アーティスト、ヤン・フードンと5年間活動を共にした後、アーティストとして独立した。

2009年夏、北京のユーレンス現代美術センターは、有名アーティスト、ヤン・フードンによる若手アーティストたちのエキシビジョン「サイレント・アンド・アウェイ・フロム」を開催しており、美術センターの職員をしていた私は、参加アーティストの一人であったチャンと知り合い親しくなった。チャンの作品は、そのほとんどが映像インスタレーションで表現されている。青春時代と生活の中にあるイメージの断片が彼の作品の主な構成要素だ。構想の流れがつくり出す影、視覚環境、そして命と時間の知覚の中で、私たちは少しずつ彼の解釈と思考を体験する。私と程然は年が少し離れているが同い年と言ってもいいくらいだ。私と彼は似たような記憶や経験を共有している。光と影の中に現れるそれらの映像は私の心の奥底にも存在するのだ。

まず、最近の作品とエキシビジョンについて教えてください。

2010年の8月にモンゴルのウランバートルに行きます。ゴビ砂漠で制作を体験し、地元の素材を使ってアート作品をつくってもらうために、地元のオーガナイザーがアーティストたちを招聘するのです。これはとても興味深いプロジェクトです。私は映像装置を使ってこのエキシビジョンの「最後の作品」を制作しようと考えていますが、そのメッセージは『国境への到達は観光の終わりを意味する』という、架空の国境に関連したものになります。私たちがエキシビジョンを終えた後にはアートは残りません。ゴビ砂漠が発表の場であるならば、このメッセージはその場が発するものです。ゴビ砂漠のアート作品がアート最後のユートピアであるならば、そのメッセージはユートピアが失われる場所にあるのです。貧しさにも関わらず、街が理想的な空気感とエネルギー持つウランバートルが私は大好きです。

若い世代のニューメディア・アーティストとして、現在のあなたの表現は主に映像インスタレーションに関連していますね。あなたが大学で学んだ油絵とは大きく違いますが、大学で学んだことは現在のあなたの創造と表現にどのように関連し影響しているのでしょうか?最終的な創造表現に映像インスタレーションを選んだのはなぜですか?

私はどのような素材や方法も否定はしません。ドローイングも映像も文章も単なる手段に過ぎないのです。上手くいかなかったことすら含め、さまざまな法則の特性を生かして作品を表現します。何年も前に撮影され、ぶれてぼやけたHi8の映像、音もなければ何の説明も書かれていない旅の記録、それにもかかわらず人々の息づかいや笑顔、そして風景があり、カメラのファインダーを覗き込んで、生き生きとした瞬間を捉えようとするカメラマン自身になったようにすら感じられる、そんな映像の断片に出会ったのです。その映像には真実があり、言葉や時間そして空間のことを考えさせてくれました。これこそまさに私が映像に求めていることなのです。少なくとも今はこのやり方で作品制作をしていくつもりでいます。

私にとって油絵の勉強はとても重要な経験でした。物事の間にある関連性の見つけ方、空間形成の方法などに加えて、続けることの重要さを学びました。ある見方をするなら、私の中で大学も絵画も既に消えてしまったと言えるでしょう。コンセプトに捕われるのが良い事かどうかわかりません。制作の合間にルネサンス期の彫刻や建築における芸術的表現に触れるために出かけることがよくあるのですが、作品からはインスピレーションを感じ、常に得るものがあります。時代や作者に関係なく、本物の芸術は真に迫っていると思います。

4519857579_abaed87fb2.jpg

あなたの映像作品やインスタレーション作品には、若者や若い時期の記憶の叙述や描写を見るのですが、あなたはそれらの作品を通して、明確な物事を抽象的な表現や解釈に置き換えています。例としては「リーク・ハート」のエキシビジョンや、上海のジェームス・コーハン・ギャラリーでの映像作品「ピジョン」がありますが、異なる映像形式とそのアイディアの関連性について教えて下さい。

実を言うと、映像作品の製作前に脚本や撮影内容を細かくつめることはありません。トライ・アンド・エラーの手法を使って撮影に挑みたいのです。次から次へと問題が生じますが、それを真正面から受け止めたいのです。とても刺激を受けますし、この方法によって作品の完成度が損なわれるとは思っていません。それどころか今ではほとんど忘れさられてしまった、インスピレーションを伴うものだと考えています。進んだテクノロジーは、私たちから微妙で繊細な物事に対する感覚を奪います。コンピュータ・テクノロジーや合成技術、そして3D映像は想像力に取って代わりました。近い将来、想像することをやめてしまった私たちの姿を想像できます。常にリアリティがあって、満たされていて、謎すらない。想像が現実に変わり、その影響が及ぶようになったとき、私たちは未来の何に対して夢を抱けばいいのですか?インスピレーションのみに頼って作品づくりをするのだと言っているわけではありません。そうではなく、インスピレーションこそがアーティストが向き合わなくてはならない、最も大きな問題だと考えているのです。

4520493948_b3b83060a0.jpg

美術学院で油絵を学んだ後、あなたはシアターに俳優として参加しました。そして現在はご自身の映像作品で監督をされています。あなたはアイデンティティと役割を変え、現代アートのほとんどの分野に身を置いてきました。さまざまな役割の中でどのような経験をされたのでしょうか?そして、それぞれの分野を通しての変化にどのように対処されてきたのでしょうか?

ドローイングを学ぶ中で、私はダ・ヴィンチを崇拝し、フィルム制作では何をすべきなのか考えさせられました。制作活動を始めるにあたって直面した問題でした。役割とアイデンティティの概念は私にとって単純なものではありません。実際、私たちは自分自身を形づくる上で、違った生活や仕事経験に頼る必要があります。私が絵画を学んだのは植物の絵を描くためではなく、世界を構成する細かい要素や法則を理解し見つめるためです。多くの映画や本に触れる事で、私たちは人がそれぞれ違うスタンダードを持っているという事を理解します。あなたには憧れる存在がいるでしょう。記憶に深く刻まれた情景や言葉のやりとりもあるでしょう。それはあなたが覚えていたい人物たちとストーリーでしょうか。事実私たちはこのような体験と自分自身を照らし合わせます。崇拝する対象をもつと同時に、あなたは一人の登場人物として入り込みます。あなたが崇拝し続けているものや、信仰しているものの現実世界で参考になるような行為や観点、これらは、あなたの心の中の世界に依存して影響を及ぼします。当然私たちは、本当の自分自身に引き合わせてくれる信仰と、あこがれの対象が必要になるのです。

Text: Ralph Yuu
Translation: Kazuyuki Yoshimura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE