アンリアレイジ

PEOPLEText: mina

「○△□」「凹凸」「シルエット」「アルファベット」… 毎シーズン、コンセプチュアルで示唆的なコレクションを発表している「アンリアレイジ」。当たり前とされていることに疑問を持ち、日常を見つめ直す。「身体という洋服における定規を問い直すこと。定規を変えない限り新しい洋服は生まれない。」をテーマにしたアンリアレイジ2010-11秋冬コレクション「wideshortslimlong」は、縦横比率を変形させたマネキンを用いたコレクションで、人々を驚かせた。アンリアレイジのデザイナー、森永邦彦の頭の中を覗いてみよう。

アンリアレイジ
ANREALAGE A/W 2010-2011 COLLECTION「wideshortslimlong」 © ANREALAGE CO.,LTD

早稲田大学在学中にバンタンデザイン研究所にも通われ、服づくりをスタートされていますね。大学在学中に何か転機となるようなことがあったのでしょうか?

僕が入学した頃、同じ大学の4年生に「keisuke kanda」の神田恵介さんが、3年生に「tokyo ripper」の佐藤秀明さんが在学していて、二人とも既に自分のブランドで活動していました。彼らとの出会いがとても大きいです。特に、運行中の電車をランウェイにして行った、神田さんのファッションショーが衝撃的でした。それは今迄自分がイメージしていた、着飾るだけのおしゃれなファッションショーではなく、強いメッセージ性のある表現としてのショーでした。それがきっかけで洋服の力に気付かされ、自分も洋服で表現したいという気持ちを持ちました。

cts_image_01.jpg
ANREALAGE 2009 S/S COLLECTION「○ △ □」 © ANREALAGE CO.,LTD

アンリアレイジは、“日常(リアリティ)、非日常(アンリアリティ)、時代”(エイジ)という3つのキーワードをブランドネームにしていますが、デザイナーとしてのそれらの言葉の解釈について教えていただけますか?

“リアル” は、いわゆる日常です。“アンリアル” は、非現実やバーチャルということではなく、日常の中に埋もれている気付かないことだったり、見過ごしてしまうことと捉えています。“時代” というのは常につきまとうものです。この時代に生まれて、この時代に服づくりをしているという同時性にすごく意味があると思うので、その時代とは対峙しながら活動していきたいです。ANREALAGEを、「UN REAL」ではなく、「AN REAL」としているのは、あくまでも僕は日常を描きたいので、その中にある違和感や日常気付かなかったことへのこだわりからです。

wssl_image_00a.jpg
ANREALAGE A/W 2010-2011 COLLECTION「wideshortslimlong」 © ANREALAGE CO.,LTD

最新のコレクション「wideshortslimlong」について教えてください。

本来の服づくりは、人の身体に合わせて着心地を求めるのが基本だと思うのですが、そこから全く離れて、原型に縛られないもっと自由な服づくりを始めようと思ったのが、4シーズン前です。形をつくるのではなく、もっと根本的なところで方法論自体をつくりたかったのです。そこには原型を使わず、自分たちなりの基準を設けた服づくりをしようという軸がまずあります。前シーズンまでは人の身体から離れた、抽象化された記号を原型にしてコレクションを発表していたのですが、今回は、人の身体に戻したところで何か違う尺度で服づくりができないかと考えました。

ロングスカート、ワイドパンツ、スリムパンツ、ショートジャケットなど、これら洋服の形を定義づける4つの形容詞に対する疑問からはじまったコレクションです。ロングスカートといっても、それは他の基準からみたら短いかもしれません。作品自体における絶対的な、ワイド、ショート、スリム、ロングというものはないと思います。長いと感じたら長いし、短いと感じたら短い。決して定規で測って決められるものではなく、感じたままに正直に、ということです。「身体という洋服における定規を問い直すこと。定規を変えない限り新しい洋服は生まれない。」というテーマを基に、縦横の比率を変形させたオリジナルのマネキンをつくり、それにあわせて洋服をつくりました。服の伸び縮みに合わせて、ボタンやタグ、ハンガーなど細かいディテールまでも変形させています。

wssl_image_photo_09.jpgwssl_image_photo_10.jpg
wssl_image_photo_13.jpgwssl_image_photo_28.jpg
ANREALAGE A/W 2010-2011 COLLECTION「wideshortslimlong」 © ANREALAGE CO.,LTD

完成までにどのような試行錯誤がありましたか?

やはり、出発点が一番迷うところです。新しい構造のパターンがなければ、きっと新しい洋服は生まれない。いかに新しく、面白くとも、洋服は着れるものでなくてはならないと思っています。そのための試行錯誤は毎シーズンあります。

butter_00_b.jpg
ANREALAGE 2006 S/S COLLECTION「BUTTER」 © ANREALAGE CO.,LTD

服づくりで一番伝えたいこと、表現したいことは何ですか?

いくらコンセプトを考え、服をつくっても、着て行って欲しい場所を指定することもできないし、毎日着てもらえる訳でもありません。所詮、洋服は洋服です。そこが洋服の儚さであり、とても力強い部分なのではないだろうか、と思います。アートのように、手の触れられないところで鑑賞するというのではなく、日常生活の中に取り入れられる凄さ。洋服を選んで着るということは、1日24時間のうちの何十時間かをその洋服と共に過ごすという事です。自分達がつくった洋服が選択され、それが着る人の生活の一部分として根付き、やがて人生のほんの小さな一部分になる可能性さえあります。僕らのつくる服で、日常を少し変えることができるかもしれない。そのような洋服の力をしっかりと表現していきたいです。

森永邦彦
アンリアレイジ・デザイナー。2003年「アンリアレイジ」を設立。「AN・REAL・AGE」とは“日常、非日常、時代”を意味する。2005年「GEN ART 2005」にてアバンギャルド大賞を受賞。2006年、東京コレクションランウェイデビュー。2009年、ストックホルム東洋博物館にて展示。
http://www.anrealage.com

Text: mina

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE