ストックホルム・デザイン・ウィーク2010

HAPPENINGText: Victor Moreno, Erik Westeman

家具とインテリア・デザインの多様性で知られる北欧デザインの今。

ヴァーナー・パントンからアルヴァ・アアルトなど、前世紀に大きな影響を及ぼしたアーティストの多くは、北欧出身者だ。クリエイティブ集団のNKグループは、1920年代から1940年代に絶大な影響力を持ち続けた。
現在、これだけのIKEA人気にもかかわらず、国際舞台のトップに名を馳せるほど北欧人の名前はさほど多くないが、北欧デザインは、世界的にも良いポジションにあるといえる。スウェーデンは、北欧史のなかでも、個人の自立性を高めることを目指してきた中心地である。ファインアートの多くのアカデミーや、デザインスクールが、北欧の伝統的な専門知識を維持継続している。

ミラノで行われる「コスミット」は、ヨーロッパや世界各地にとって重要な家具見本市であるが、ストックホルム家具フェアも、最近では国際的フェアとして知られる、世界最大の北欧デザインの展示会である。

ストックホルム・デザイン・ウィークは2月8日から14日の間に開催された。幾つかのイベントや展示会がストックホルム市内の会場で行われ、フェアのパビリオンで行われたストックホルム家具市ノーザン・ライト・フェアがその中でも注目の的であった。北欧のように極端な陽光状況の地域にとっては、照明は重要な課題である。偏在する暗闇とすばらしいオーロラが共存するため、照明に関して考え、実験を行い、アイディアを生み出すことに対しては、真剣そのものだ。

デザイン・ウィークの間、750の出展者と40,000人近くの来場者が、ストックホルム郊外のアルヴショーを訪れた。出展者のなかには、北欧の大物家具プロデューサーやデザイナーのほかに、新進の個人デザイナーや、北欧やバルト諸国のデザイン・建築関連の学校が参加した。現地で経験することができた多数の展示会から、目に留まった作品を幾つかここで紹介する。

Massproduction-SANDER_001.jpg

マスプロダクションズは、ストックホルムを拠点に活躍するマグナス・エレバッハとクリス・マーティン率いる家具カンパニー。昨年、彼らの椅子「Tio」が、スウェーデン建築家連盟から「ゴールデン・チェア・アワード」を授賞され、脚光を浴びた。ストックホルム家具フェアで展示された彼らの最新プロジェクトである木製のスマートな椅子「the Waiter」は、レストランや自宅で食事をするためにデザインされたもの。『椅子を新たな観点から捉えることにしました。ウェイターは、椅子の周りでいつも働いているので、彼らが評価できる商品があるべきだと考えました。』と、デザイナーのクリス・マーティンは語る。

HR_Artek_Armchair_400_upholstered_with_reindeer_hide_2_photo_David_Lundberg.jpg

フィンランドのアルテックは、75周年記念を祝しストックホルムで出展した。1935年にアアルト兄弟、マイレ・グッリクセン及びニルス・グスタフ・ハールにより創業されたアルテックは、モダンな文化や、居住に対する新しい思考を推進するために設立され、これまでにすばらしいアート家具とそのカタログを届けている。「Dress the Chair!」は、優れた技術により作られているアルテック商品の品質の良さを強調したキャンペーンだ。アルヴァ・アアルトの代表作「アームチェア400」を中心に、アルテックのクラシックなアームチェアからインスピレーションを得て作品づくりを行うであろう高名なデザイナーやアーティストに呼びかけた。「ザ・タンク」と親しまれているアームチェア400は、1936年に初めてミラノ・トリエンナーレで披露されたもの。

donttouch.jpg

RVW」は、フェアに作品を出展した若手デザイナー2人組。以前、「VUJJ」に関わっていたヨハンネス・ヘルベットソンとヨーナス・ノードグレンが、去年立ち上げた。『RVWは、一貫性を持った創作を行っているので、トレンドやブームから離れています。私達の目的は、時代性のない家具を作ることにより、代々続く商品を提供することです。』と、2人は語る。展示会では、遊び心を取り入れた、ドライデル(こま)とガラス装飾品の中間的な花瓶「Don’t touch」を発表した。彼らの新しいコレクションであり、テトリスのような自由自在にアレンジできる「Alog」棚システムも出展されていた。展示された商品は、両方とも非永久的なデザインのものだ。外見的には軽量で、プロポーション的にも良く、形のシンプルさを楽しませてくれる低めのイージーチェア「Mollis」も出展されていた。

Beam_group_red.jpg

Zero」は、1970年代から活躍している経験豊富なスウェーデンの照明デザイングループ。新しいアイテムは、木製デザイン・シリーズだ。フレドリック・マトソンによりデザインされたピクセルシリーズの「The PXL」や、マティアス・ストールボムの新しい「Stitch」など、2010年の新作コレクションは、全体的に興味深いものとなっている。

IMG_0022.jpg

スウェーデン家具デザインの新生、フォーム・アス・ウィズ・ラブ(FUWL)は、ストックホルムの中心にある、リフォームが続いている19世紀の古いビルのなかで、最新コレクションを披露した。ボール紙、仮説演壇や来場者で込み合った部屋は、スウェーデンの照明メーカー、アトリエ・リクタンから、FUWLが出展した「Ogle」ランプで照らされたていた。ペンダント型の照明「Ogle」を引き立てたのは、フロアランプの「Bean Bag」だ。最新のLED技術を取り入れた照明は、スリムなデザインと機能性を持ち、生分解性のビニールフローリング材でつくった大きなバラのつぼみのような形をしている。FUWLは、ボイス、アトリエ・リクタン、ボロンと共同で展示をおこなった。

4b712a8a-49b0-4659-a387-3d3cd5afdd50.jpg

アイスランドのニットファクトリー、ヴィーク・プリョンスドッティルは、伝統と現代の製造法から影響を受け作品を展開している。スウェーデンのデパートPUB内のブティック「Aplace」で、小規模だが可愛いらしい展示会を行い、アイスランドの新たなウール産業を代表する作品を公開した。

IMG_0159.jpg

グリーンハウスは、インディペンデントなデザイナーが大御所デザイナーと隣り合わせに展示できる会場だ。ここで開催されたフェアは、創造力と実験精神とトレンド感で満ちていた。ここで展示された全ての作品は、プロトタイプばかり。北欧中の一流アカデミーやスクールが学生たちを宣伝するのには、最適なスペースとなった。今回の展示会では、リン・ビョークの折り紙風スツールをはじめとして、オスロ国立芸術アカデミーの学生のデザイン作品など、興味をそそるものが多かった。ストックホルムのベックマン・スクールによる「48m2」プロジェクトでは、48平方メートルのアパートに12の作品が展示された。このプロジェクトは、我々の空間に対する感覚、我々が必要とする柔軟性や個性や持続性に家具がどのように関わるかを探った。他に通称「HiAk」として知られるオスロにあるアーケシュフース大学が取り組んだ企画では、学生がデザインし囚人が製造した作品を紹介するというユニークな企画もあった。

Stockholm Design Week
会期:2010年2月8日〜14日
会場:ストックホルム市内各所
http://www.stockholmdesignweek.com

Text: Victor Moreno, Erik Westeman
Translation: Makiko Arima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE