丸若屋

PEOPLEText: mina

国際基準になるような日本人らしいかっこよさとは?

丸若屋
2010年1月。上出・九谷・惠悟展 「九谷焼コネクション」(表参道 / スパイラル)、「医学と芸術展」(六本木 / 森美術館)などで注目を浴びる上出長右衛門窯・上出恵悟。そこには、日本の伝統工芸を新たな視点で現代に蘇らせようとしている、若きプロデューサーの丸若屋代表・丸若裕俊がいる。2009年のデザインタイドでは印傳(いんでん)という、数百年に渡り日本に伝わる鹿革に漆でプリントをした工芸を使用し、浅草の職人と共にデザインしたiphoneケース「otsuriki」を発表。一躍、丸若屋という存在を知らしめた当人だ。自らを民芸オタクだと話す丸若の、ものづくりへの熱き思いを伺った。

maruwaka_pic.jpg
© Maruwaka. Photo: Koichiro Kutsuna

丸若屋は単に反復することが伝統ではなく、そこからの積み重ねで育まれる新しいものこそが伝統だとするコンセプトのもと、ものづくりをされているそうですが、その中で「つくり手の責任のあるものづくり」に対し強く意識的であると伺いました。そのあたりについて、お聞かせください。

「つくり手の責任のあるものづくり」というのは、一般にセクションごとに責任があって、それは知らないとか、担当じゃないんでとか、上の者に…とか、よく聞くじゃないですか。それを聞いたときに誰もがそうだと思うんですけど、気持ちよくないと思うんですよ。政治の番組なんかを見ていても、曖昧なことを言って無責任に逃れることを前提にしているとしか思えない。例えば、注意書きとかを見ても逃れるための注意書きですよね。それはものづくりにもすごく言えることだと思うんです。だから伝統工芸に関しては、特につくり手のそれぞれの人が次の人、使う人までを見てつくることが大切だと思うんです。職人さんと話してみてすごくわかったのが、「そういうのはできない」って言うことや本来あるべき頑固という姿は、それをやることでうちのブランドやお客さんに対して顔向けができないっていう、そういった意味での頑固だと思うんです。頑固っていうと融通がきかない、発想力がないという人もいっぱいいると思います。それは、その言葉に甘えてる責任逃れだと思うんですよ。やっぱりつくり手はいつもチャレンジしないといけないし、いいものをつくれるんだったらどんな技術でも、どんな困難な道でも進むのがつくり手のあるべき姿だと思うんです。その両方に歪みがあると思うんですよ。それを無くすために一番簡単なのは、多分責任を持つことだと思うんです。そういう意味で、「つくり手には責任が必要である」と。そして、使い手にも、僕たちのポジションも勿論そうだと思うんです。

伝統工芸にかかわるきっかけはどういうものだったのでしょうか?

ある時、人を介してご紹介いただいた九谷焼が最初のきっかけです。根本的に僕は、手仕事であったり日本の文化というものに対して興味があり、好きっていう気持ちが強かったので。例えば、子供が仮面ライダーを見て熱狂するじゃないですか。それと同じように日本のものを見たときに、僕はこれは古いもの、これは新しいもの、これはつくられているもの、こっちは文化的なものっていう概念がないので、簡単にいうとヤバイかヤバくないかっていう。その時に仮面ライダーよりもヤバかったんですよ、単純に言えば。それが年代を追うごとに、実は自分たちのDNAの中に本当は実在していたものだっていうのに気づいた時のショックというか、衝撃があったんです。自分の何代前かわからないですけど、おじいちゃんとかがちょんまげをしてたってことに気づいて。これは途切れるのがもったいないなっていうのがありました。

IMG_8290.jpg
「skull」Photo: Koichiro Kutsuna

そういうことに敏感に反応できる感受性というか、そういう素地が人一倍強かったから実際こういう活動に繋がっていったのですね。日本人であれば、みんながそういうDNAを受け継いでいるわけで、それが丸若さんほどの行動力をもってここまで形にして発信しているのは、何が違うからだと思いますか?

僕が育った地域が横浜の中華街で、絶えず多国籍な環境にさらされてたんです。そんな中で子供ながらに、日本人というものに対してすごく意識が出てきた。僕は海外の文化は素晴らしいものだと思うんです。でも、日本人の文化は少なくともそれに負けてるものではないと間違いなく思う。それなのに、日本の若い同年代の多くは、そっちに興味を持ってくわけじゃないですか。それにすごく疑問を持ったんですよ。僕は全然海外生活もないんですけど、多国籍な中で育ったってこともあって、海外の人たちに対してコンプレックスがないんです。外人の見た目がかっこいいのはわかりますけど、彼らがちょんまげしたらかっこいいのかっていうとかっこよくないわけで(笑)。だから日本人らしいかっこよさっていうのがあると思うんですよね。それはすごい、国際基準になると思うんです。いくら日本人がイタリアのスーツを着ても、それは何て言うか演歌を歌ってる外人にしかならないわけですよね。根底にはかっこよくなりたいっていう願望はあると思うんです。その規模感がセンター街でかっこいいと言われたいのか、東京でなのか、日本なのか、国外なのかっていう規模感の問題だと思うんですよ。僕は、大きいとか小さいとかではなくて、どこに行っても誇れる感じっていうか。どこの国に行っても何をやってるって言えるし、何をつくってるというのも言える。それがすごくストレスがない状態ですね。

ski.jpg
「滑る千石舟急須」上出長右衛門窯 © SPIRAL / Wacoal Art Center. Photo: Katsuhiro Ichikawa

上出長右衛門窯とのプロジェクトについてお聞きしたいのですが、上出さんとの出会いの経緯やどんなところに魅了されたのか教えてください。

僕は日本オタクな部分もあって、それは否定するところじゃないんですけど、何でもいいってわけじゃないんですよ。日本文化を守ろうっていう観点から入ったんじゃなくて、すごく自然なところから入ってきてる。だから日本の伝統工芸に関しても10個あったら2個くらいしか興味持たないです、多分。その中でまさしくいい例として、上出長右衛門窯というものがあって、彼らのつくっている感性と姿勢はまさに魅了されるに値するものでした。それはひとつは、現在も前に行こうとしているということ。前に行くっていうのも色々あると思うんですよ。例えば、助成金をがっちりとろうっていうのも前に行こうとしていることだと思うんですけど、彼らはあくまで先代から自分の代に変わったことに対して、どうやっていくのかとか、長衛門窯っていうものをどうやって今の時代感に合わせていくのかを考えている。すごく現代に合っているんだけど、昔ながらなんですよ、精神部分が。つくってるものも素晴らしい。そういうところで非常に魅了され、次期6代目の上出恵悟さんとの出会いがありました。彼との話の中で僕のポジションで考えること、彼のポジションで考えること、もちろん角度も全然違うわけですし、お互いに育った環境も全然違う。でも、同じ向かおうとしてる部分が非常に共感できたこと、そこに関してはほとんど会話がいらなかったんです。他のつくるという工程の上では、色々とああじゃないかこうじゃないか、できるできないってあったんですけど、そこの部分に関しては本当に短い期間で共有できた。これはすごく自分の中では大きくて、これならやっていけるなっていうのがあったんです。フィーリングというか、言葉であんまり言えない部分を共有できたので。

KUTANISEALPRODUCTS.jpg
KUTANI SEAL PRODUCTS

「KUTANI SEAL WORKSHOP」は九谷焼の転写(あらかじめ印刷された文様をシールにのように貼り付けて焼く)技術を使って遊ぶワークショップですが、手書きの上出長右衛門窯では使わない技術です。それを彼らとやろうと思ったのは何故ですか?

普通の言葉ですり合わせただけの関係ではできないくらいの振り幅のことをやろうと思ったんです。方向が一緒だからできるよねっていう、ギリギリのところをやりたい。その中で「KUTANI SEAL」というのができた。お客さんたちにも喜んでいただいているのは、言葉の部分ではなくて、そういうことを感じ取っていただいてる部分もあるんじゃないかなと。ビジネスのためだけにああいうものをやったわけでもないし、きれいごとのためでもなくて、すごく現実的で日々の日銭を稼ぐためにという意味合いもあるわけですから、もちろん。すごく現実的な中で生まれたものなんですよ。

_MG_4235.JPG
© SPIRAL/Wacoal Art Center. Photo: Katsuhiro Ichikawa

ワークショップは2009年から始めました。子供からお年寄りまでが参加していて、課外教室の延長みたいな感じで老眼鏡をとったりつけたりしながらやってる方もいます。ビアグラス、マグカップ、プレート、シリアルボール、湯のみ茶碗、茶碗などから形が選べて、シールは45種の絵柄や文字があります。シールのモチーフは対象物が七福神であったりとか、干支であったりとかしますけど、絵は全部現代のもので上出恵悟の書き下ろしです。

pumatraditional.jpg
© Maruwaka. Photo: Hiroshi Homma

ジャパンブランド政策の影響もあって伝統工芸とコラボレートするものも多いですよね。それは伝統やローカルが持つ価値とか魅力を再認識するひとつのきっかけではあると思いますが、一方で資本主義経済の枠組みの中心に伝統工芸が据えられ、振り回されて伝統工芸自体が疲弊しているような話も耳にします。例えば、これまで守られてきた伝統工芸ゆえの生産体制を混乱させてしまうきっかけになったり、職人に負荷がかかったり、あるいは大量生産用に伝統技術の見直しを迫られるような問題に直面したり。伝統工芸を取り巻く、そういうものづくりの現状をどう思いますか?

いい部分と悪い部分両方あると思うので、一方方向で見ないようにしています。伝統工芸をやってる人たちって今辛いんだよね、この時代辛いんだよねってよく言いますが、300年前の伝統工芸をやってる人たちは違う意味でもっともっと辛かったと思うんですよ。その時代、時代にいろんな外からの圧力や内からの圧力というのがあったと思うので、それも素直に受け入れることが大切だと思うんです。まずそれは、つくり手の人たちの気持ちとしてそう思ってもらいたい。だから、なんで俺の代はこんな時代背景に生まれてしまったんだろうとかいうのではなく、自分の直系で先生というか先輩たちの乗り越えてきたっていう実績があるわけじゃないですか。それをもうちょっとポジティブに捉えてもらえたらなって思いますね。もうひとつは、ジャパンブランドのような政策に関してですけど、僕個人はポジティブかネガティブかって言ったら現状の仕組みにはネガティブです。現場を知らないで何かをやるのは無理があるわけですよ。特にこのジャンルはそうだと思うんです。でも支援は必要だと思います。なぜなら国のアイデンティティっていうか国力を示すものだと思うので、それを国が保全したりバックアップするのは当たり前だと思うからです。大切なのはその仕方ですよね。

望ましい支援のあり方とはどういうものだと思いますか?

支援にあたっての基準と手順が大切だと思います。基準に関しては、審査する方たちが審査するに値する人たちかどうか。もうひとつは、手順に関してですが、いつの時期であろうとどのタイミングであろうと、聞く耳を持つべきだと思うんです。「それは終わっちゃったから来年まで待って」とか「資料はこれがなければダメだよ」とか、「組合で何人以上いないとダメだよ」とか。システムって大切なものだと思うんですけど、ものづくりって別に一人だからいいものができないってものでもないし、100人集まったからっていいものができるわけでもない。ましてや美しいものをつくるときに統計ではできないこともある。統計ではかろうっていうのはちょっとまずいな、って思います。

iphone.jpg
「otsuriki」iphoneケース Photo: Koichiro Kutsuna

2010年GDPも中国に抜かれる、一方ではものづくりの工程がファスト化され極度に加速化するなど、日本のものづくりの環境もグローバル社会の中で大きな変容を迫られていると思います。その中で、日本のものづくりの進むべき方向性についてはどう思いますか。丸若屋の今後の活動についても教えてください。

僕らや職人さんがつくっているものは文化であり、民族性が集約されてるものなんです。実はコンセプトを形にしているんですよね。ものをつくってるようで、ものづくりじゃないんですよ。ハードなものじゃなくて、ソフトなものをつくってる。例えばこのコップがイケアで100円で売っています。でも、薩摩切り子では100万円するとします。なぜか。それは付加価値がつくから。まず、付加価値っていうのはソフトウェアであることを僕は自覚したい。ハードに比べたらモデルチェンジは遅くていいんです、概念なんで。それがひとつ僕の考え方であるのと、だからこそ10年、20年耐えられるものをつくらないとならない。概念なので。その間にちっちゃいマイナーチェンジだったりがあってもいいと思うんですよ。だけど、携帯電話のモデルチェンジと同じスピード感で市場に入っていっても無理なわけです。伝統工芸はハードな部分に囚われすぎるのではなく、精神的な部分を大切に広めていくのであれば、形はちょこちょこ変わったとしても本質は変わらないと思うんですよ。だから今のような物質社会が崩壊したときにこそ、精神性や概念といったソフトな部分が重要視されると思うんです。
今後の活動としては印傳(いんでん)は形を変え、生活に馴染むもので色々やっていきたいというのと、素材としての伝統工芸をもう一度見つめ直すのもいいんじゃないかと思っていて、そのプロジェクトをやっていきたいです。

なお、丸若屋ではオンラインショップがオープン。「oturiki」シリーズの新色やKUTANI SEALで制作された九谷焼食器が入荷、販売されている。また3月3日より、日本橋三越での「輪島キリモト&上出長右衛門窯」展会期中、KUTANI SEALのワークショップも開催予定。詳細はサイトで確認して欲しい。

丸若屋 (まるわかや)
住所:東京都世田谷区中町1-20-6 #201
TEL:03-6318-7431
info@maru-waka.com
http://www.maru-waka.com

Text: mina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE