ビル・ウォルフ

PEOPLEText: mina

2010年5月に中国上海にて開催される国際アートフェア「ART SHANGHAI 2010」に参加予定のビル・ウォルフ。過去に東京藝術大学に在籍し、木とブロンズなどを得意素材とするニューヨーク在住の彫刻家だ。先頃「COEXIST」で発表されたビルの新作「Flock」は、目覚ましい発展を遂げるネット社会とそれらがもたらすグローバルな文化や環境が多様なコミュニティを生み、個人は自由にそれらを日々選択しながらも、本来個人的なものであるはずの私たちの行動が常に群衆(Flock)と共に存在することを喩えた作品だった。そんなビルの新作「Flock」と彫刻について話を伺った。

DSC_0786.jpg
“Flock” (installation view), gallery COEXIST, Tokyo, Japan 2010 © Bill Wolff

「Flock」の制作背景には神話があるそうですね。それについて教えていただけますか?

12世紀の詩です。「The Conference of the Birds」という、30羽の鳥が、シムルグというペルシャ神話の神秘的で神のような生きものを探して旅をする話です。長い旅の末、30羽の鳥は、ついにシムルグの土地に辿り着きます。そして彼らが見たものは自分たちの影だけだったと気付くのです。このように、シムルグは一つの生き物であると同時に30羽の個々の生き物でもあるのです。私は、この物語がグループと個人の関係のための良い比喩として用いることができると考えました。

f.jpg
“Flock” (installation view), gallery COEXIST, Tokyo, Japan 2010 © Bill Wolff

壁面にあった平面作品について教えてください。

形式上、私は壁を含むことによってギャラリーを拡大することが重要であると思いました。壁の平面作品は、30羽の鳥のための背景を意図した遠くの山々と谷のイメージです。幻想世界への窓のようなものです。私は以前、根津にスタジオを構えていたことがあって、日本画の画材屋や伝統的な墨絵を頻繁に目にしていましたし、それらを材料とすることもありましたので、しばしば自分の作品を通して日本と中国の伝統的な作品の影響が見られるようにしています。

DSC_0681.jpg
“Flock,” (detail) gallery COEXIST, Tokyo, Japan, 2010 © Bill Wolff

「Flock」の素材や構造について、少し詳しく教えてください。

「Flock」はシナノキでできています。軽くてアメリカでは彫刻に一般的に使われている材料です。イチョウの木と似ています。足はとても強いオーク材で出来ていて、人が家具をつくるために使うのと同じジョイントで材料ごとに集められています。大部分の塊が非常に細い足の上で空中に留まっていなければならないので、納得の行く感覚の動きを得るにはこれが必要でした。構造を作り上げたら削り、それから焦がして端をサンドペーパーで磨き柔らかく滑らかにします。そうして、暗い部分と明るい部分のミックスを作るのです。それから、大きな部分は化学処理して色を変えた銅箔で覆います。この方法で、表面の色は明るい木、銅箔、金茶色、そして黒のミックスになります。私は、遅い午後の日差しが鳥の群れの翼に反射しているような効果が欲しかったのです。

2_3Eat_the_Young_Furrow.jpg
“Furrow and Eat the Young” (installation view), cherry, copper leaf, 2009 © Bill Wolff

複数の彫刻が織りなす動きとバランスの狙いについてはどうお考えですか?

私はどの彫刻にも強い運動感覚を持たせることに常に興味があり、優雅な平衡感覚がある物にもまた惹きつけられます。どんなスペースにでも観衆より多くの(またはより大きい)彫刻を置きたいのです。人は少数の小さな展示物を展示するギャラリーに入ると、彫刻をより小さく劣っているように考えやすいからです。でも、たくさんの彫刻や自分たちより大きな彫刻を展示するギャラリーでは、作品と観衆の関係は違ってきます。人々は、自分と彫刻の相互関係について考えなくてはならないのです。ギャラリーに足を踏み入れる観衆をも含めた運動感覚をつくること、これが私の今回のゴールでした。

11_Gone_Are_The_Days.jpg
“Gone Are The Days,” Gallery Sakamaki, Tokyo, Japan, 2008 © Bill Wolff

これまでの一連の作品に特徴的な口のようなフォルムについて、そこに込められている想いを教えてください。

私は、長い間、口や頭のシンボルとしてホーンのような形状を用いてきました。私は、まるでそれが話せたり音を奏でるかのようなアイデアが好きなのです。それは、周囲のあらゆるものを食べたり、吸い上げてしまうようにも見えますし、聞くことができるようにも見えます。それは、木の丸い部分からつくられる非常に自然な形なのです。私は、それが人々に問いかけるのが好きです。最初にその形状を使い始めたとき、私はそれを、“消費に基づく生活様式(消費し過ぎること)”のシンボルであると考えていました。でも使うにつれ、それは万能感覚器であると思うようになったのです。少し抽象的な頭(のイメージ)によって、人々はそれが何なのか、何をしているところなのかに思いを巡らせます。(例えば、誰が見ても完璧に鶴に見えるような)完全な再現描写の彫刻や芸術は美しいけれど、観衆にこれが何なのか、何をしているところかなどを想像させることへの影響が損なわれることに気付いたのです。

o.jpg
“Elemental,” Live oak, dimentions variable, installation view, Garden, Brockport, NY, 2004 © Bill Wolff

作品を屋外に設置されることも多いようですが、作品と場所との関係性について意識していることは何ですか?

彫刻が白い台に展示されない限り、それは常に、それがある空間に属します。私は作品が観衆に疑問を投げかけるのが好きです。だから、私にとっては作品と観衆が同じ空間(作品は白い台の上でなく)に存在することが大切なんです。本当に独特で興味深い環境で作品を展示する機会があるときにはいつでも、そう心掛けています。より多くの問いかけを促す場所がより良い展示場所であり、屋外の自然に勝る展示場所はありません。私は屋外での作品展示やメイキングが(作品にとって)とてもよいものだと気付きました。それはまるで自然または展示スペースと協力しているかのように感じるからです。ホワイトキューブのために作品を作るときは、それはより単独な作品制作作業のようです。

最後に、あなたにとって、彫刻とは何ですか?

彫刻は、それを見ている人々と同じくらいリアルです。彫刻は私にとって、時間についての複雑な考えや瞬間を提示する機会であり、この手段なら時間のあるときに見てもらえたり、調べてもらえます。数千年の技巧とオブジェクト制作を続けるための方法であり、ありとあらゆる境界を越えて人々と繋がる素晴らしい方法です。

ビル・ウォルフ
作品が持つジェスチャーやフォルム、運動感覚、展示場所との関係性などから、現代社会が抱える社会と個人との問題を作品に投影させ、観る者に問いかける彫刻家。
http://billwolff.blogspot.com

Text: mina
Photos: courtesy of the artist

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE