NIKE 公式オンラインストア

HIGH5 3

HAPPENINGText: Kayo Tamura

2010年1月23日、横浜港の大さん橋ホールでにてクリエイティブ・カンファレンス「HIGH5 3」が行われた。HIGH5はクリエイティブポータルサイトHITSPAPERが企画し、今回で3日目となる。テクノロジーの発達やグローバリズムによって、世界規模で世界基準・規格が求められフラット化の波が様々な業界の淘汰を促していることを背景に「ガラパゴス」をテーマに、6名がプレゼンテーションを行った。
去年同会場で行われたHIGH5 2は、雨という悪天候だったが、今年は晴天で天気にも恵まれた。大さん橋ホールは、外に出るとデッキがある海の見渡せる環境で、汽笛の音などが鳴る、都会ではなかなか味わえない場所であった。

l_high53_02-thumb-525x350-1768.jpg
Speaker 01 SHIMURABROS. / Photo: Hikaru Matsumoto

1組目は映像作家の「SHIMURABROS.」から始まった。SHIMURABROS.は、志村諭佳(姉)と志村健太郎(弟)による兄弟ユニット。2007年カンヌ映画祭に参加し、映像作家として注目を集めている。3次元化された「X-RAY Train」などの話が聞け、今後の新たなインスタレーションや実験的映像がとても楽しみだ。

DSC01726-1.jpg
Speaker 02 志賀理江子 / Photo: Kayo Tamura

2組目は、写真家の志賀理江子。2008年に木村伊兵衛写真賞を受賞し、若手の写真家として注目されている人物である。話の中心になったのは、HIGH5 3が行われた翌日に出版された、1000冊すべて手作りの「カナリア門」。その本が出来るまでのストーリなども語ってくれた。一つ一つの写真に長いプロセスとストーリーがあり、独自の感覚と、その発した言葉の強さに思わず、引き込まれてしまうようだった。

梅が発光しているような写真があった。この写真はもう咲かない梅の木に紙の花を作って、死んだ梅の花を咲かせたもの。梅の木を育てていたおばあさんに届けた写真である。『やさしさとかではなく、見てしまった責任。』と語った。独自の世界を持ち語られた話は、とてもすばらしいプレゼンテーションだった。

DSC01740.jpg-1
Speaker 03 Klein Dytham architecture / Photo: Kayo Tamura

次にプレゼンしたクライン・ダイサム・アーキテクツは、建築、インテリアだけに限らず、インスタレーションやイベントなど幅広く活動しているイギリス出身のアストリッド・クラインとマーク・ダイサムによるデザインユニット。メンバーのマークは当日子供が生まれるということで欠席したため、今回はクラインのみによるプレゼンテーションとなった。プレゼンテーションでは、内装を手がけたウェブ制作会社カヤックの写真を例に上げながら過去の作品を紹介。

そして、今では276都市で行われているぺちゃくちゃナイトについては、スーパー・デラックスがなければ始まらなかったと語った。ドラックなどのイメージが強かったボゴタでも、ぺちゃくちゃナイトは行われ、そこで行うことによってこんなに面白い人もいるという発表になるのだという。ぺちゃくちゃナイトの可能性を改めて実感し、今後の展開も期待したい。今年で来日20周年を向かえたというクライン・ダイサム・アーキテクツは、建築家の枠にとどまらないユニットだと改めて感じ、とてもよい刺激になった。

l_high53_13-thumb-525x350-1801.jpg
Speaker 04 LAB Rockwellgroup / Photo: Hikaru Matsumoto

4組目には、イタラクティブチーム「ラボ・ロックウェルグループ」が登場。ラボ・ロックウェルグループは、プロダクト、インタラクティブ、建築、グラフィックなどのデザイナー集団。制作するときは、どういったインタラクティブなスペースを作っていくか、環境にいかに溶け込めるかを心がけているそうだ。『私たちがほんとうにやりたいことはデジタル、インターネットなどの境界線をなくすこと』と話していた。型にとらわれず面白い表現をしている彼らの、今後の活躍を期待したい。

DSC01812-1.jpg
Speaker 05 長浜徹 / Photo: Kayo Tamura

次に登場したのが、ロンドンのクリエイティブ・スタジオ「Hi-ReS!」に所属し、写真家として活動もしている長浜徹。第29回ひとつぼ展に入選し、写真をベースに様々な作品を制作している。ポップでユーモアな印象を持つが、以前は加工しない写真を撮っていたそうだ。それが回りの人たちから影響を受け今のスタイルになっていったという。

DSC01815-1.jpg
Photo: Kayo Tamura

その影響を受けたという2人には学生時代に出会った。1人はLe gunで、彼のイラストの写真にはない自由さに、もう1人のアレックス・バトラーにはメンタリティーに影響を受けたそうだ。そして学生時代に制作した作品も見せてくれた。今まで見ていた写真とは異なる表現が、いかにして作られ今が築き上げられたのか、これからの写真表現の可能性を垣間見れたプレゼンテーションだった。

DSC01843-1.jpg
Speaker 06 伊藤直樹 (W+K tokyo) / Photo: Kayo Tamura

最後にプレゼンテーションを行ったのは、最近ワイデン+ケネディトウキョウの代表に就任したクリエイティブディレクターの伊藤直樹。様々な賞を受賞し、カンヌ国際広告祭では審査員も務めた経歴を持つ。広告は、『100%存在を受け入れられないもの』で、『広告は嫌われている』と否定から始まったプレゼンテーションだが、そのことを前提に制作していると語る。広告の存在価値やその意味など、とてもためになるプレゼンテーションを披露。W+K Tokyoの作品でもあるコカコーラやホンダの「the power of dream」のCMを流し、『作り手の良心が含まれたこの2つの広告は、言葉を代弁することを提供している』と語った。そのため見るものに感動をあたえるのだろう。短い時間の中で完結されたプレゼンテーションはとても分かりやすく、勉強になった。W+Kでの伊藤直樹の活躍をこれからも期待したい。

会場では一足早く「カナリア門」が販売されアートレスの川上俊と、kotenhitsの河田孝志によるアーティスト・ブック「:balloon」も販売されていた。これからもさらなる飛躍が期待される人材のセレクション。ビックネームばかり集まるカンファレンスとはまた違い、刺激を受けたプレゼンテーションであった。次回はどんなプレゼンテーションが聞けるのか、とても楽しみである。

HIGH5 3
会期:2010年1月23日
会場:大さん橋ホール
http://www.high5.jp

Text: Kayo Tamura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE