ワード・オブ・アート

PEOPLEText: Bertina Appel

『芸術家として自身の目的は至ってシンプル。それは人々をインスパイアすること。』
– リッキー・リー・ゴードン(ワード・オブ・アートのクリエイティブな活動家)

RickyLee.jpeg

ワード・オブ・アートは、ユニークな独自のコンセプトをケープタウンを拠点に実行すべく、ヨハネスブルグから迎えられた2人の南アフリカ共和国の友人によって設立された。様式化された芸術展覧会に関する考えを打ち壊そうと、ワード・オブ・アートはギャラリーの外、そして、ストリートへと芸術を運び出すと同時にインスパイアし、世の中へ新しいクリエイティブな可能性を見出すことを目指している。その目的は、世の中へ芸術を溶け込ませすべての人々にとって芸術を格式ばった形式を気にせずアクセスしやすいものにすることで、それにより、皆がインタラクティブになり、新しいアーティストやクリエイティブな人が表現しなければならないことを楽しむことができるようになるのだ。

img_0052.jpg

ワード・オブ・アートについて紹介してください。

私とパートナーが別々の道を進むことになったので、会社としてのワード・オブ・アートはなくなりました。ワード・オブ・アートはアイディアそのものでもあるので、私はやり残したことを継続していきたいと思っています。すばらい新チームと共に新しい名前でね。

ワード・オブ・アートのアイディアは伝統的なエージェンシーとして枠組みされることのない、芸術家、プロジェクト、展示会、イベント、マーケティング戦略、そしてクリエイティブキャンペーンのためのプラットホームを作ることでした。私は自身がすることすべてにおいて芸術性、想像性、および創造性に対する強いフォーカスを持ちたいと思っています。ピーターパンを信じていて、皆彼らが成長するにつれて飛ぶ方法を忘れるという彼の理論も信じているのです。

皆がクリエイティブであり芸術家であると信じています。なので、クリエイティブで芸術的なプロジェクトを通して、私は心を奮い立たせ影響する経験を提供し、その結果として我々のクライアントやオーディエンスに彼らは既に飛ぶ方法を知っていることを思い出させてくれるのです。

WOA3.jpg

これまでにない方法で南アフリカの才能を起用する背景にある考えは何ですか?

理解と機会をそれに見合った芸術家に作るということです。私が18歳のとき、既に活躍している芸術家が適正な評価を得る手助けをするグラフィティ・アートプロジェクトを立ち上げました。また、彼らのやりたい仕事を彼らにさせるためのプロジェクトも始めました。私自身、アーティストで、芸術家マネージメントをしたくなかったので、数年間そのプロジェクトを手掛けました。以前のパートナーと私が話していて気付いたのは、様々な媒体や才能を紹介したり、自分が新しいプロジェクトを企画する自由を与えてくれるエージェンシーを作る可能性についてです。アーティスト達は既に我々の友人であったため、ふさわしい人物を見つけるのは難しいことではありませんでした。常に私たちがやったことは、必要とされたからということを信じていたし、アーティストもそれに値し、南アフリカの舞台裏ではプロジェクトを進める人や才能を売り込むことが必要とされていたのです。

picture_31.png

最近「1000ドローイング」のキャンペーンでヨハネスブルグでの活躍が見受けられますが、ケープタウンとヨハネスブルグとでは、クリエイティブな取り組みには大きな違いはありますか? これはケープタウン以外で手掛けた最初のキャンペーンですか?

私はもともとヨハネスブルグ出身で、働き詰めの一日の意味についても学んだ場所です。私はヨハネスブルグにみなぎるエネルギーが大好きです。それは急速に変化していて、近いうちに必ずアフリカのニューヨークのような場所になるでしょう。ヨハネスブルグには何もかもあり、とても素晴らしい人々がいます。ケープタウンには、より小さく機能的でクリエイティブな中心市街地があるので、より世界に近い場所だと思います。 ケープタウンでは新しい人々に出会うことや、人の名前を知ることは簡単で、ヨハネスブルグより創造性が幾分大事にされ感謝されていると思います。ヨハネスブルグは資金に乏しい街なのが悲しいことですね。私は、ケープタウンの海や山が人々を留めていると思います。

「1000ドローイング」は、4年前にそれを進めてきた私の友人であるフェリックスとデーヴという2人のアイディアでした。今年私は、このプロジェクトを別のクリエイティブなレベルへ立ち上げるためにケープタウンへ来ました。それは驚くべき出来事で、私がかつてやってきたことよりも満足させてくれるものでした。いくつかのすばらしいチャリティーのために資金を集めただけではなく、ケープタウンで強いエネルギーを捉え、本当にクリエイティブな相違点を作るために人々をインスパイアすることができたと思います。

picture_34.png

「非芸術家」を含むすべての芸術家を募集する際にウッドストック内外にあるスペースでのイベントやキャンペーンを共にするためにみんなを招待するという新鮮なアプローチを持っています。なぜこのようなアプローチを取ったのですか?またその目的は何ですか?

先ほど言ったように皆クリエイティブです。1年前に私たちは町の治安の悪い地域にある半廃屋のウッドストック・インダストリアル・センターに移りました。意欲的な家主のサポートもあり、私は何とかビルをいっぱいにするために50人以上の新しいクリエイティブなテナントを引きつけました。各芸術家がスタジオを活気づけ、現在ビルにはミニランプがり、ヨガや写生の夜のイベントがあり、私はムービーナイト、クリエイティブナイトや展覧会など特別なイベントをオーガナイズしています。新しいチームと私は、これまでと一風変わった市場やクリエイティブなコンサートの企画を練っています。私の目的は芸術をポピュラーでよりアクセスし易いものにすることで、これを実現化するために芸術は皆によって共有されなければなりません。

ウッドストックにある、あなたのスペースに作品を展示するために必要なことは何ですか?

確かではありませんが、私はそれが若くて刺激的で、偽りがなく、「くだらない芸術家気取り」であるべきではないと考えています。きっと、必要なのは、ただ美しいものを作ること。現在、ギャラリーは本当のフォーカスではなく、私は人々に新しいギャラリーがオープンしたと考えて欲しくありません。ただ、私にはスペースがあり、また芸術家を知っていたのです。アーティストやプロジェクトスペースへの投資を含めた長期プランなのです。2010年の3月に10人の現代アーティスト、イラストレーター、画家、およびデザイナーの作品による始めての重要な芸術展のキュレーターを務めます。これまで、ギャラリーは「インサイダー・アート」と呼ばれる私の友人が扱うNGOプロジェクトを通して若い囚人の作品の展示会から寄せ集めたものやマッチしたものを主催しました。また、Cashril+(cashrilplus.com)という11才の芸術家によるコミックブックの展示会があり、彼の作品は売り切れてしまいました。私のお気に入りの芸術家です。

2010年、どんなことが期待されますか?

うまくいけば、「ワード・オブ・アート」の新しい名前は「メイク・ビリーブ」と呼ばれるでしょうが、新しい名前はまだ決めかねているので、今後の動きに注目してください。2010年に向けて私はギャラリーのスタイルと基準の作成を計画しています。バイヤーにこの刺激的な都市内で起こっていることや現代の動向に注目して欲しいと思います。

今年は、ナショナル・ジオグラフィックや、スパイアー・コンテンポラリー・アート・コンペティションデザイン・インダバなどのクライアントと素敵な仕事をする予定です。また、展示会やイベントといった形で「パッション・プロジェクト」を軌道に乗せること。最後に、5年前に立ち上げた(非営利の)イニシアチブ「ライト・オン・アフリカ」と共にさらにクールなことを目指したいです。ここでは、政府や大使館を拠点にアフリカで刺激的な新しい芸術プロジェクトを作成する目的で様々なスポンサーと共に活動したいと思っています。

また今年は、南アフリカで「ペーパーガール」を開催する予定で、とてもワクワクしています。もともとのアイディアはベルリン発で、現在では世界の至る所にあります。ペーパーガールプロジェクトは、グループで芸術をコレクションし、展示し、まるめて、自転車に乗ってそれを配布するというもの。パーティーもあります。シンプルですが非常に美しいアイディアです。

Word of Art
住所:66 Albert Rd, Woodstock Industrial Centre, Woodstock, Cape Town, South Africa
TEL:021 4487889
http://www.word-of-art.co.za

Text: Bertina Appel
Translation: Yuya Masumoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE