NIKE 公式オンラインストア

新井夏希

PEOPLEText: Mariko Takei

対極や矛盾をアナログとデジタルで表現する気鋭クリエイター。

新井夏希

2010年最初のSHIFTの表紙を飾るのは、SHIFT2010カレンダーで最後のページを飾るビジュアルを手掛けた新井夏希。東京を拠点に個人として、さらに、「東京イラストレーションセンター」のメンバーとして繊細な線が印象的な作品を展開している彼が、現在の活動や手掛ける作品について語ってくれた。

新井夏希

まずはじめに自己紹介をお願いします。

新井夏希。長野県生まれ、東京都在住の23歳です。
東京イラストレーションセンター」に所属しながら、個人でも活動しています。

souen.jpg
「装苑賞」応募作品 / 新井夏希 + 大貫洋平

これまでにどのような活動をされてきましたか?最近の活動について教えて下さい。

第二回イラストノート誌「ノート展」大賞受賞や、パリにて行われた日本のアパレル合同展示会への作品提供、その他に東京イラストレーションセンターとしての展示等を行ってきました。
最近では、イベント「Voilà, Vantan!」にて旧フランス大使館内で作品を展示しました。
また、ファッションデザイナーの大貫洋平と「装苑賞」に応募し一次審査通過、現在制作中です。

paris_taishikan.jpg
Voilà, Vantan! 出品作品, 旧フランス大使館, 2009

イラストを手掛けるようになった経緯を教えて下さい。

もちろん絵は好きなんですが、専門学校で絵を学ぶうちにポップなものに対する反発心からか、今のような絵を描くようになりました。

010.jpg

ウェブサイトを拝見しましたが、デジタルとアナログな対極するような2つの異なるイラストの作品を手掛けていますね。それぞれどのような手法で作品を手掛けているのですか?また、2つの作品群には、それぞれ何かテーマやコンセプトなどありますか?

オリジナル作品に限って言うと、対極や矛盾、といったものが大好きなので、いつもそれを意識して描いています。そういった意味では、どちらの描き方もテーマは同じだと思います。
一つ一つの作品の中にもいろいろな対極を描いているので、その辺りも見てもらえるとうれしいです。
また、色より形の方が好きなので、アナログはモノクロ、デジタルはいろいろな色を均等に使い色の印象をなくし、形を印象づけるようにしています。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE