イケア50周年記念エキシビジョン

HAPPENINGText: Victor Moreno

スウェーデンを世界に広めたイケアのストーリー。

イケア50周年記念エキシビジョン

あなたは一目見て、利益を得ることを目的とする企業の製品が、どのようにしてアートになってしまうのか、そして、イベントとアートエキシビジョンの境目はどこにあるのかという疑問を抱くだろう。
モルテン・キャステンフォーズによるこの美術館と、キュレーターのステファン・ベングストンが表現したかったのは、現象と革新、そしてそのデザイナーたちという、第二次世界大戦後にスウェーデンを世に広めたイケアのストーリーだ。

IMG_5517.jpg

エキシビジョンの期間中には、オリジナルとコピーや、美学の基礎、環境と制作の側面などの問題についてディスカッションを行う、幅広いセミナープログラムが行われた。

IMG_5577.jpg

また、このエキシビジョンは、時代ごとのスウェーデンのライフスタイルを紹介する上でも大きく成功した。イングヴァル・カンプラードについてのストーリーはまるでおとぎ話のようだ。ここでは、スモーランドという、スウェーデンの田舎出身の少年が、どのようにして世界で最も裕福な男となったのかを描いている。彼のホームタウンはエルムタリッドで、このエルムタリッド流ライフスタイルがこうした成功へと導いたのだ。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE