トビー・ヤン

PEOPLEText: Justin Tsui

トビー・ヤンは、ハッピーなメッセージが込められたカラフルなグラフィックとキャラクターで私たちを笑顔にしてくれる。この香港在住のデザイナーは、自らの作品を人々とのコミュニケーションの手段としてだけではなく、社会問題を解決するツールとしても使っている。作品で使われる明るい色は、何も我々の注意を引くことだけが目的ではない。彼の作品は、バンズやMINDstyleなど数々のインターナショナルブランドの目に留まり、数々の面白いコラボレーション企画を実現してきた。そして、世代で最も才能のあるデザイナーとして「40 under 40」で名誉ある賞を受賞した。

Toby Yeung

最初に自己紹介をお願いします。

香港生まれ、香港在住のトビー・ヤンです。グラフィック、イラストレーション、キャラクター、フィギュア・デザインなど様々なスキルを使い分けながら、アーティスト、デザイナーとして活動を行っています。「CUBEMEN(グラフィック・デザイン)」、「tobyHK(フィギュア・デザイン)」、「Skullove(Tシャツデザイン)」などいくつかのブランドでの活動を通して、他のフィールドで活躍する世界中のデザイナーと多くのイベントやコラホレーションを行ってきました。また、「Get it louder」、「useagain-asia」、「CustomizeMe」 など多くのメディアで、自分自身のアートワークを発表しています。

Toby Yeung

非常にアニメ風でカラフルなキャラクターデザインですが、どこからデザインのインスピレーションを得てますか? またキャラクターたちに込められた共通のメッセージはありますか?

私にとってキャラクターデザインとは、自分自身の周りで起こる物事の反映なのです。あるキャラクターシリーズは、ある日アイスクリーム屋さんで見たアイスの色と形を元に作っていたり、またあるシリーズは、全て私の友達をキャラクターにしたものだったりします。全然似ていないと言う友人もいますが、私にしてみれば、それぞれ独特の特徴を持っています。

色については、実は個人的には黒が大好きなんですが、作品は自然とカラフルになってしまうんですよね。おそらくその制作過程を本当に楽しんでいるからでしょう。基本的には、自分を素直に表現して相手とコミュニケーションがとれるような、シンプルなグラフィック、シンプルな色使いが好きです。

自分自身の作品を1つの道具として使い、人々の社会問題に対する意識を高めたいと思っています。それが常に私のデザイン哲学です。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE