ソンニ

PEOPLEText: Gisella Lifchitz

今月のカバーデザインを手掛けたのは、アルゼンチンのブエノスアイレスで活躍するイラストレーター、SONNI(ソンニ)。ハッピーで楽しい世界で、出版物、アニメーション、Tシャツ、ゲーム、ビデオクリップなど様々なプロジェクトにおいてイラストレーションに情熱を注ぎ込む彼は、現在自身のラインの製品の制作に取り組んでいる。これまで、多くのギャラリーや美術館での個展やグループ展に参加しているが、ストリートアートにも活動の幅を広げ、その作品はブエノスアイレスの街の至る所で目にすることができる。

Sonni
Photo: Lucila Bodelón

まずはじめに自己紹介と最近の活動について教えて下さい。

大学でグラフィックデザインの勉強を始めるのと同時に、いくつかの映画会社のアートセクションでグラフィックデザインを担当しました。その後、イラストレーションに転向し、クリスチャン・ターデラダニエル・ロルダンと一緒に勉強しました。子供の頃から絵を描くのが好きで、いつも描いてばかりいました。ある時を境に、会社のスタッフとしてだけではなく、自身の制作を始めたいと思ったのです。自分にとってはそちらの方が面白かった。今では、アメリカのスタジオ、フレンズ・ウィズ・ユーでフリーランスでプロジェクトに携わったり、コスタリカのレヴィスタ・コレクティバとコラボレートしたりしています。今は仕事がとても楽しいです。

Sonni

これまでの仕事で印象に残っていることは何ですか?

フレンズ・ウィズ・ユーとの仕事です。きっかけは、昨年彼らが「Trimarchi DG」に来た時に、ファブリカ・デ・バナナでの僕の展覧会を見に来てくれて、作品をとても気に入ってくれたのです。

Sonni

アーティストで良かったことは何ですか?

展覧会を開催できる事ですね。普段自分が入っている殻を破って外に出られるのですよ。コンピューター以外の空間で作品を発表して、沢山の層の情報を扱うようになりました。これまでにも3回の個展、10回以上のグループ展を行ってきました。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE