HIGH5 2

HAPPENING

beforeday_01.jpgHIGH5とはクリエイティブポータルサイト「HITSPAPER」がオーガナイズするデザインカンファレンス。2007年に始まり、今年で2回目の「HIGH5 2」が、11月24日に横浜の大さん橋ホールにて行われた。
今回のテーマは「Black Box」。短期間で早く結果を出すことを求められる現代社会に対し、物事を長いスパンで捉え、その過程を大切にして欲しいという意味が込められている。

HIGH5 2

スピーカーはそのテーマにふさわしい、物作りのプロセスを大切にしている6組のクリエーター達だ。大さん橋ホールの広い会場の真ん中にステージがあり、その左右に2つの大きなスクリーンが設置され、そこに作品を映しながらトークが行われた。会場はおよそ500人の観客たちでにぎわっており、デザイナーとおぼしき人たちが熱心にメモを取る姿が見られた。


HIGH5 2

最初のスピーカーは、Mr.Children「HOME」、一青窈「つないで手」、コブクロ「蕾」のPV・ミュージックビデオなどを手がける映像作家として知られている丹下紘希さん。元々は映画監督になりたかったそうだが、なかなか食べていくのが難しく、ちょうど90年代初頭にミュージックビデオが盛んになってきて、ミュージックビデオが芸術と商業の中間に位置していて可能性があると感じたので始めたそう。
丹下さんの作品に多くの人が登場するのは、「集団という現象に興味を持っている」から。一人では味わえない集団での無意識的なもの、統一美、また、多くの人がいるのにも関わらず孤独を感じるという都会的なものへの感心が、彼のフィルターにかかると、ちょっとシュールで不思議な世界となって現れてくるのが面白い。
『イラク戦争が起こった時、自分なりの形で反戦のメッセージを伝えたかったので、ノーギャラでもいいから枠をもらって表現をしたかった。』
そこで最終的には、スペースシャワーTVの協力のもと、個人広告のような映像を作ったという話がとても印象に残っている。誰でもできることではない。
『あの人は何屋さんかわからないけれども、面白いことやっているよね、というように呼ばれたい』と、丹下さん。『映像以外のグラフックなどの仕事を始めてから、楽になった』と映像のプロに仰られると、丹下紘希というクリエーターはどこへ向かっていくんだろうという期待でいっぱいになる。すっかり丹下ワールドに引き込まれてしまった。

HIGH5 2

Namは、2006年にグラフィックデザイナーの中沢貴之さんがフォトグラファーの間仲宇さんに、ポートレート写真を撮ってもらうことを頼んだことがキッカケで結成された。その後ヘアーメイクやスタイリストなど様々なメンバーが加入し、今では総勢10名以上となっている。
『グラフィックが取りこぼしたものをつくりたい。』
通常のグラフィックのルールには捕われず、自由な発想の中から新しいものを生み出そうとしており、また、偶然性を大切にしている。中沢さんは『事前に作り込んでしまうと、それ以上先のレベルにはいけない』と言い、「Namは実験の場」と位置づける。『色々な人が気軽に参加できる開かれた場として機能させたい』と語る、Namのこれからが楽しみだ。

HIGH5 2

アートディレクター/デザイナー川上俊さんが率いるartless。クライアントワークとセルフワークの2つのバランスを大切にしている。これからのデザイナーにとって、メディアの適正にあわせたデザインを行うことがとても大切と説く。例えば、ウェブサイトとプリントのデザインでは、共通している部分もあるし全然異なっている部分もある。それぞれに相応しいデザインを行うことで効果を最大限に活かすことが大切だと言う。ウェブとプリント両方の領域で活躍する川上さんだからこその言葉である。今、現場で活躍する一流のデザイナーからの言葉は、会場にいる同じ仕事をする人にとっては、響くものがあったのではないだろうか。

HIGH5 2

Qubibiは、勅使河原一雅さんというウェブアーティストの屋号で、勅使河原さんはCA4LAのウェブサイト「DAYDREAM」を初めとした様々な作品で多数の賞を受賞している、ウェブ業界では有名なクリエーターだ。『食べ物が身体を変えるのと同じように、見る物が作るものを変えるから、インプットするものを制限している。』と勅使河原さんが語ったのは興味深く、どのようなものを見ているのか、今度聞いてみたい。また、「ものを作る時のバランス、作ることの責任」を考えているという彼の物作りの姿勢に頭が下がる。まだ未公開のプロジェクト作品も紹介し、会場は盛り上がった。

HIGH5 2

5番目のスピーカーは、W+Kのアートディレクター、+CRUZ。彼のフィリピン系アメリカ人としてのアイデンティティや、自分が作品をつくるに当たって、そのアイデンティティがどのように作用しているのかについてプレゼンテーションした。「21世紀はアジアの時代」というのを強調していて、まさしく同感。最近の世界の動きから、それは徐々に実現に向かいつつあるが、アジアにEUのようなユニットを作るにはもう少し時間が必要だ。このプレゼンテーションでは通訳との連携があまり上手くいっていなかったことだけが残念だ。このような トークの時の通訳の難しさについて考える。

HIGH5 2

最後はステファン・サグマイスター。非常にプレゼンテーションが上手いと感じた。多くの彼のデザインの中から、今回は「Things I have learned in my life.」という、ステファンが日記に書いた格言を屋外などでつくり、それを写真に撮って一つの作品とするプロジェクトの話が中心だった。 「Everything always comes back to me.」(全ては自分にかえってくる)「Everybody thinks I am right.」(みんな自分が正しいと思っている)など、シンプルだが本質をついた言葉が、例えばギャラリーの壁いっぱいに敷き詰められたバナナによって表現されたりしていて、その言葉の意味と伝え方のギャップがとても面白い。
今回のトークで、ステファンが話すときは毎回マイクを持って立ち上がっていた。長身でスーツ姿の彼が立って話すのは印象的で、「伝える」ということへの情熱が感じられた。

約6時間という長時間に渡る6組のトークだったが、一組一組全然違った話があり、ためになったし面白かった。また次回のHIGH5を楽しみにしている。

HIGH5 2
日時:2008年11月24日(月・祝日)
会場:大さん橋ホール
住所:神奈川県横浜市中区海岸通1-1
www.high5.jp

Text: Wakana Kawahito
Photos: Hikaru Matsumoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE