ブルーノ・ディコラ

PEOPLE

動物としてこの世に戻るというシンプルだけど奇妙な話。

Bruno DicollaBruno Dicolla
Return as an Animal, 2008

今月後半のカバーデザインを手がけたのはブルーノ・ディコラ。すでに各会場で開催がスタートしている「DOTMOV 2008」にセレクトされた映像作品を手がけたひとりだ。ブラジルのサンパウロをベースに、アート、モーションデザイン、イラストレーション、GIFアニメなど幅広いアウトプットで私たちの目を楽しませてくれる。そんなブルーノ・ディコラの世界へご招待しよう。

まずはじめに自己紹介をお願いします。


私はブラジルのサンパウロに生まれました。サンパウロは乱雑な街です。さいわい私には他の地方に住む親類がいたので、子どもの頃はよくそこを訪れていました。また、家族旅行にもよく連れて行ってもらいました。だからサンパウロから出たことのない子どもよりも多くを学ぶことができました。でもサンパウロにも素晴らしい活動をしている素敵な人たちはたくさんいます。だからこの街での生活が好きです。

Bruno Dicolla
The International Illustrated 3rd Issue, 2007

どのようにしてアートやモーションデザイン、GIFアニメの活動を始めたのですか?

そもそも、それらはみんな繋がっていると考えています。ひとつの物の見方を表現するための、異なる方法だというだけです。はじめはレコードのジャケットを作りたかったのがきっかけなのですが、私が最初に就いた仕事はそれとは程遠い、とてもおかしな仕事でした。アートディレクターとして働いた小さな広告会社での仕事はくだらないものだったので、そのかわりに自分でイラストレーションや映像を作り始めたのです。その後その会社は辞めましたが、自分の作品をつくることはずっと続けてきました。

最近の活動について教えてください。

最近では、 アナ・ヘレナ・トクタケディエゴ・デナルディ、そして私の3人で、トレバー・サイアスとコラボレーションして「ア・サニーデイ・イン・グラスゴー」というバンドのミュージックビデオを作りました。トレバー・サイアスがニューヨークで撮影した素材を私たちが仕上げた作品です。あとは、数点の絵画を制作し終えました。

Bruno Dicolla
Return as an Animal, 2008

DOTMOV 2008にノミネートされた作品、「Return As An Animal」のコンセプトは何ですか?

以前、死後の世界についての神話を聞いたことがありました。それは22回生まれ変わった後、もしもカルマが残っていなければ、人は動物に生まれ変わってこの世に戻ってくる、というものでした。信じるかどうかは別として、そのシンプルで奇妙なストーリーに惹かれたのです。

Bruno Dicolla

あなたの作品のなかでは、動物たちが印象的で重要なモチーフになっています。そしてその動きはシンプルでありながらもリアルな感覚に満ちています。あなたの生活の中で動物は身近な存在だったのですか?

私は、動物たちは人間よりも賢いと信じています。私たちが知らない何かを彼らは知っています。ですが私自身は動物たちをテレビや動物園の中でしか接したことがありません。「動物としての帰還」の冒頭のシーンは、私が自分の飼っている猫を撮った写真からインスパイアされたものです。

Bruno Dicolla
Virose, 2005

あなたの作品では、色使いや、点描、模様等といった背景もとても独特です。それについて教えてください。

ブラジルではそこかしこで、独特の模様をした舗道が見られます。長年にわたって目にしてきたそれらに影響を受けていると思います。それと、私の壊れたテレビも時々素敵な模様を作り出している事があります。

なにか影響を受けたことや、人、出来事はありますか?

家族と友達、道で耳にする会話と、毎日眼にする出来事です。多分。

Bruno Dicolla
The International Illustrated 3rd Issue, 2008

今回手がけていただいたカバーデザインについて教えてください。

ある少女に会って、その子がちょうどこんな感じだったのです。彼女はデスメタルとかそういう類のものが大好きで、とても格好よかった。でもその後二度と会う事はできませんでした。

次にしてみたい事はなんですか?

新しいバンドを作って、新しい映画を撮って、新しい自転車を買いたいです。個展をやるかもしれません。でも今のところは展示のためのアニメーションを仕上げるのに忙しくて、完成するのが待ちきれません!

シフトの読者にメッセージをお願いします。

あなた自身のために、感じたままに行動してください。他人がどう思うかなんて気にしないで。

Bruno Dicolla
bruno@brn.cc
55 11 9962 7165

Text: Yurie Hatano, Mariko Takei
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE