SHIFT 2009 カレンダー

THINGSText: Yurie Hatano

2009年SHIFTカレンダー、12のビジュアル作品が決定!

フレッシュなクリエイター発掘を目的に、「SHIFT」の企画で2003年より毎年行われている「SHIFTカレンダーコンペティション」。6回目を迎えた今年の応募総数は、世界42カ国から1,572作品が集まった。そして、今年もその数多くの応募作品の中から12作品をセレクトし、2009年の1年間の月日を刻むカレンダーとなって10月20日より世界各地のセレクトショップなどで販売される。

Shift 2009 Calendar

昨年に続き、今年も三菱製紙株式会社の運営するグラフィックス作品プリントアウトセンター「PRINT’EM」の協賛により、「PRINT’EM」ウェブサイトでは、大判ポスターとしてお気に入りのカレンダービジュアルを購入することが可能。販売期間は2009年1月より1年間。

そして、今年は羽田空港内にあるMAM CAFEにて大判サイズのカレンダーを4作品ずつ、3ヶ月に渡り楽しむことのできるカレンダー展も行われる。

世界中で活躍しているクリエイターの、その活動の舞台を広げるきっかけづくりを担うまでとなった「SHIFTカレンダーコンペティション」は、この6年間を通じ数多くの才能を送り出し、その数は去年までで72作品に及ぶ。この活動を通じて多くのクリエイターに様々な出会いの場をつくり、そこから生まれるクリエイションの輪を更に広げていきたいという思いだ。

2009年、今年撒いた種もようやく芽を出す時期を迎えた。どんな風に開花していくのか楽しみな、若手クリエイターによるビジュアル12作品収録のカレンダーを、お楽しみください。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
デッドウッド
MoMA STORE