ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

HAPPENING

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

3周年を迎えた「ポートランド・パイレーツ・フェスティバル」のいつもの日曜日の風景だった。このフェスティバルは、雨でも快晴でも、北ポートランドの聖ジョーンズ橋下で毎年開催されている。「パイレーツ・オブ・カリビアン」にはジョニー・デップ演じるジャック・スパローが登場するが、この印象的なキャラクターの影響を受けた子供たちのために開催されているフェスティバルであることは容易に想像できるだろう。しかし、あなたが今まさに目にしようとしているものは、良くも悪くも、年齢に関係なく海賊になるという夢である。写真に登場する人々は、最高レベルの集中力と想像力を駆使して、将来を犠牲にして必死に演じているのだ。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008


まず始めに、そびえ立つ橋の下で、取っ組み合いや剣術による海賊の「対決」に見入った。リング上の人々が見物人よりも夢中になっていることにはすぐに気づいた。剣が交わるたびに、当事者たちはさらに興奮してくる。ひと段落ついた後、私は歩き出すことにした。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

砲弾を大砲の中に投げ込むのは、子供にとっては明らかに遊びである。私にとっての遊びは、海賊がいくつの袋を隠し持っているかを連想することだった。3つ発見した。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

音楽はいたる方向から聞こえてきて、フェスティバルでも目立っていた。ケルト民族が四重奏「Golden Boughs」を演奏しており、その音楽がとても海賊的だったので、座りこんで拍手を送った。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

これは少し奇妙だった。ロープで仕切ったエリアで、男がブラブラ歩き回っているのに気付き、少し距離を取って観察していた。すると、彼が鍛冶屋で、ずっと工具をいじっていることが分かった。彼は、目を合わせることなくスプーンの取っ手を作っていた。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

フェスティバルでは、たくさんの人たちによる海賊についての面白い解釈が現れていた。
たとえば、パイレーツ・ドルイド、キング・ネプチューン、キャプテン・ガロッシュ&カンパニー、待機中のグラストンベリー・パイレーツ、原宿ロリータ・パイレーツである。また、不気味なステージアシスタント・パイレーツも忘れることができない。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

お気に入りのアトラクションは、曲芸師のリス・トーマスだった。特に『子供たち、歴史をもっと読んで。ジョークが分かるから』というセリフを共にした彼のユーモアにはすっかり騙された。彼は、燃え上がるトーチで手品をしたり、肉切りナイフをお手玉しながらナイフの階段を登ったり、観客に砲弾で自らを狙わせながら綱渡りをした。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

巨大な爆発シリーズには、音が鳴ってすぐに興味を引かれた。川岸に降りると、ブラザーフッド・オーシャン・マーサナリーズ(B.O.O.M)と異名をとる海賊の一団が英軍の侵略を演じていた。彼らは、耳が麻痺するくらいの火薬、小砲、火器、ピストルを使用した。群衆は、バトルの盛り上がりを見つめている。何人かの海賊傭兵は怪我をしたが、幸運にも死者は出なかった。英国軍は最終的に降参し『ヤーーー!』と音を鳴り響かせながら退散していった。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

メインステージに戻る途中、切り株付近で、伝説的海賊ジャック・スパローを目撃した。

メインステージでは、B.O.O.Mの音楽部隊が船歌や海賊物語を演奏中だったが、とても奇妙で、奇跡的にサンタナの「スムーズ」に近いサウンドだった。群衆は本当に感じ入っていた。

ポートランド・パイレーツ・フェスティバル 2008

その日見た最後のステージは、キャプテン・ボッグ&サルティと呼ばれる子供に大人気のグループである。音楽が始まるとすぐに、全ての子供が前方に飛び跳ねて、狂ったように踊り始めた。私は、思うがままにジャンプしたり、動き回ったりする機会を逃した。嘆くしかなかった。この歌はとても楽しくて、活気があり、多少は子供向けに作ったものと感じないでもなかったが、大きな子供や、海賊たちも同様に歌っていた。彼らのショーは、腰を落ち着けるのにはちょうど良い旋律だった。今年ではないが、私も公の場でいつの日か海賊になるであろうと目論み、ニンマリしながらグランドを離れた。

Portland Pirate Festival 2008
会期:2008年9月20日、21日
会場:Cathedral Park、オレゴン州
http://www.portlandpiratefestival.com

Text and photos: delilah.loves.you
Translation: Kazunari Hongo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE