カリン・ホフコ

PEOPLE

働くことと楽しむことが彼女の世界を統治する!
Karin Hofko
先日フィーチャーしたSALOTEZMOに続き、SHIFT 2009 カレンダーの選出アーティストから、もう1人のアーティストを紹介しよう。ニュージーランドに在住のドイツ人メディア・アーティスト、カリン・ホフコ。彼女がデザインしたSHIFTカバーと、以下に語られる奔放なプロジェクト、アイディアをお楽しみ下さい。

カリン・ホフコKarin Hofko

SHIFTカレンダーコンペティション、選出おめでとうございます!応募のきっかけは何でしたか?


このコンペティションについて教えてくれた夫に感謝です。
上の画像に、バンザーイ! イエーイ! ワォー!の大爆発を表現しました。

カリン・ホフコ

カレンダー選出作家のプロフィールでは、好きなものを紹介していただきました。では嫌いなものは?

まだ誰もスター・トレックに出てくるような機能するテレポーテーション装置を発明していないことが嫌ですね。もしそれができたら、私はうぬぼれ女子と傲慢男子にビームを発射します。

Shift 2009 Calendar / Karin Hofko

カレンダー選出作品の解説によると、作品はおもしろい自然発生的コラボレーションから生まれたそうですが、同じような日常からのコラボレーションがあれば紹介していただけますか?

はい、たった今進行している、この手のコラボレーションがちょうどあります。「NONA HITS!」です。

これは「記録(録画、録音)して、メールして、ミックスしよう!」というとてもシンプルなアイディアです。一週間前にドイツ出身の友人、シル・エッガーと、実験するための様々な記録メディアをメールし始めました。シルは、ベトナムのサイゴンで知り合ったアーティストです。彼女は今、弦楽器を弾くのが好きで、まさに純粋な記録となる彼女の声についても探っているところ。とにかくYouTubeの「NONA HITS」で、どんなものか見てみてください!
このサウンド&ビデオ探求を一緒にする実験的なメンバーを探しています。あなたかも!メールください!
それから、ニュージーランドのオンライン&アナログマガジン「Pie Paper」のアートプロジェクトや、最近ではLAの「Dublab」というオンラインラジオをベースにしたインフォメーションプロジェクトに参加することも好きです。

カリン・ホフコ

バックグラウンドや、育った環境について聞かせていただけますか?

名前はカリン・ホフコ、またはキア・ロイヤルです。母は中米のエルサルバドル出身で、父はドイツ南部のババリア出身。この家族のバックグラウンドからすると、私の半分は中産階級で順法精神があり、半分は、のんびりと堕落しています。私自身はドイツで生まれ育ちました。母は祖国が大好きで、毎年休暇にはそこに行きます。パトリシア・マリソルが姉で、ジョセフが弟。2人ともおもしろくて、私の人生は彼らに影響されています。

アニメーション、ビデオアート、ミュージック、グラフィック、イラストレーションなど、様々な分野を手がけていますが、それらを通して自身の作品に共通していると思うものは何ですか?

1、ルールに支配されています。「ルールに従うな!」というルールに。
2、私の日々に起こっていることを反映しています。
3、物事を融合しています。
4、初心に戻るよう心がけてます。

カリン・ホフコ

最近のプロジェクトについて教えて下さい。

OKERAKAというプロジェクトがあります。カラオケを切り離したもので、いろいろな歌が細かい欠片に刻まれているのです。それは歌詞ではなくて、サウンドのハーモニー部分だけになります。それらをアレンジした新しい歌に、それぞれのコントリビューターやシンガーが先入観に捕われることのないユニークな解釈の歌詞をかみ合わすのです。例えば、フィリピンのカラオケトラック10曲が、1つの作品になったりしています。

ではこのサンドウィッチ・エンターテイメントに合わせて歌ってみてください!「Nr. 03-OKERAKA」です。今のところ英語とフィリピン語とロシア語のバージョンがあります。

カリン・ホフコ

サイトで紹介されている「OKYO」などのサイドプロジェクトとは、どのようなアイディアから生まれていますか?

どうやって答えましょう?まず「サイドプロジェクト」という言葉について調べましょう。

ウィキペディア(英語版)によると『ポピュラーミュージックにおいて、サイドプロジェクトは、あるバンドで既に知られている1人以上の人によって行われるプロジェクト。一時的に異なったスタイルに切り替えるバンドやアーティストにも当てはまる。通常これらのプロジェクトは、メインプロジェクトによって確立された境界の中では探検できないと感じるその人やバンドの音楽的興味の、異なった局面を強調する。サイドプロジェクトが、後にフルタイムの活動になることもあるが、ソロ活動もしくは別のバンドのためにバンドをやめるということではない。』とあります。

しっくりきますね!サイドプロジェクト大好きです!私の頭を回転させ続けるために重要です。

OKYOは、私の夫であるレインボーモンキーとのプロジェクト。私達は2004年に出会い、すぐに音楽制作によって感情を表現する強い必要性を感じました。ファーストアルバムが完成するまでに1年くらいかかり、それをデストリビュートする人を探すのに、もう1年かかりました。今は、セカンドアルバムについて頭を悩ませているところです。ファーストアルバムは、ニュージーランドのオンラインレーベル「Sellmates」でMP3のダウンロードができますのでどうぞ!もしくはマイスペースをご覧ください。

今回のSHIFTカバーのコンセプトは?

なにかエンターテイメント性があって、人的で、シフトするアクションに関係したものを作りたいと思いました。

カリン・ホフコ

ニュージーランドのアートシーンについて教えて下さい。

私よりもニュージーランドのことを良く知っている友人たちから発言を集めてみました。

「島国根性で内省的」
「若くてモダン」
「知られていないが良い」
「競争心が必要ない」
「土地固有のアーティスト」
「全く別の国」
「ニュージーランドのアーティストはよくやってる」
「商業的なアーティスト/協力的/文句なし」

カリン・ホフコ

次に挑戦したいことは何ですか?

私には、トーンとリズムだけに基づいた新しい言語を作成することによって、人類と、宇宙人と、動物と、他の物の間の革命的なコミュニケーションフォームを発明する、というビジョンがあります。
こちらのリンクをクリックすると『こんにちは、ご機嫌いかがですか?いい天気ですね?』という一節が、翻訳されてどのように聞こえるかという、ちょっとした試作品が見れますよ。

SHIFT読者にメッセージをお願いします。

SHIFTチームに、こんな素晴らしいプラットフォームを提供してくれてありがとう!そして私の家族と、長い付きあいの友人イナクにも感謝します。

Text: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE