ライジング・サン 2008

HAPPENING

通称「エゾロック」と呼ばれる、北海道発の野外ロックフェスティバル「ライジング・サン・ロック・フェスティバル(以下、RSR)」が今年で10年目という大きな節目を迎えた。約100組以上のアーティストを迎え、昨年は7万人を動員した北海道最大のロックフェスティバル。2008年8月15日〜16日の2日間、計7ステージで行われたRSRは『とにかく楽しむしかない!』と言わんばかりに人々が騒ぎ、自由に楽しむ。

ライジング・サン 2008ライジング・サン 2008


何もない石狩の広大な大地に現れた、2日間だけの夢の街は、残念ながら小雨が降る中でのスタートとなった。
最初はやはり大きなステージで、大きな音で気分を高めようと私達が向かったのは、入場ゲートの正面に位置するメインの「サンステージ」。今年の夏も各フェスティバルへ多数出演「京都音楽博覧会 IN 梅小路公園 2008」の開催を控えている「くるり」のライヴが15時にスタート。関西ならではの面白いMCと全9曲を披露してくれた。そして、8曲目「ばらの花」の前奏が聞こえた瞬間、静かに降る雨と前奏のギターの音がシンクロし、とても心地良く、自然と身体が揺れていた。

ライジング・サン 2008

サンステージの左奥に行くと見えてくる「レッドスターフィールド」をさらに奥に進んでいくと、クラブのような照明、デコレーション、ステージセットを備える「ムーンサーカス」にたどり着く。このステージで待つのは「Shingo02」。最近、色々なクラブサイトで彼の名前を見かけ、ヒップホップMCとして、独特なリリックと変幻自在なスタイルが若者の支持を得ている。確かに一括りにするとジャンルはヒップホップ。しかし多彩な音が含まれており、非常にドラマチックなサウンドと、彼から湧き出るリリックが今まで聞いていたヒップホップとは違い、新たなスタイルを見ることができた。

天候は尚も小雨が降り続き、この時点で私のメモノートは雨と湿気でグチャグチャ。着ていたレインコートも脱ぎたいほど湿気が多い中、浴衣を着ての登場は「東京事変」。意外とライジング初参戦の期待の1曲目は「丸の内サディスティック」からスタート。彼ららしいアレンジが加えられ、成熟された音楽が、ライトが映えるサンステージで披露される。

ライジング・サン 2008

これまた空気は一転。ここはどこのクラブ?と問いたくなるようなテクノサウンドが響く。音の波に自然と体が動き、全体が波打つ中「電気グルーヴ」の登場。

ライジング・サン 2008

終止、笑いと体の揺れが止まらないライヴだった。「サンステージ」のスクリーンは電気グルーヴ仕様の映像が流れ、それがまたかっこいい。途中、ピエール瀧がライトのついた衣装を着てステージに出てくると、ダンスを披露。それとともにかかる音楽が「かっこいいジャンパー」なのだから笑うしかない。個人的に「N.O.」と「Flashback Disco」が聞けて満足!

ライジング・サン 2008

RSRの会場で一番端にあり、他とは違う雰囲気が味わえるステージが「ボヘミアンガーデン」だ。「サンステージ」から「ボヘミアンガーデン」まで急いで走り、お目当ての「Suzuki Kenji a.k.a Kenji Jammer」のステージを見ることができた。さっきまでの焦りを一気に忘れさせるかのように、彼の奏でるギターサウンドがゆったりと流れ、会場に敷きつめられた藁の上で横になる。客席の上を揺れるベールを見つつ「Suzuki Kenji a.k.a Kenji Jammer」の音楽を聴くのは、なんて最高なんだろう。

ライジング・サン 2008

23時過ぎ、正面ゲートから一番近くにある「クリスタルパレス」の入り口には長蛇の列が出来ていた。ここでは鋤田正義、平間至信藤三雄、YOUによるトークショーが行われ、飛び入りでリリー・フランキーが長靴を履いて登場。テーマは写真が中心となり、彼らのビジュアル作品を巡ってトークはゆるく繰り広げられた。ビッグスター達を撮り続けている鋤田氏が「全てはミーハーが高じて」などと自分の仕事について語り、フィルム写真を救おうというプロジェクト「SAVE THE FILM」の紹介、YOUとのじゃんけん大会、客席から信藤氏へグラフィックデザインについての質問が飛び出し、最後にはリリー・フランキーが歌を披露するなど、ハプニング盛りだくさんの内容だった。

「アーステント」では「bloodthirsty butchers」のライブが始まっていた。ライヴハウスのような作りになってる「アーステント」のコンディションは「bloodthirsty butchers」のようなバンドにはとても合っている。20年前に札幌で結成され、ライヴ慣れした彼らのパフォーマンスは夜の雨で冷えきった体をあっという間に暖めてくれた。

ライジング・サン 2008

RSR初日の最後はTOWA TEI。一言で言えば「おしゃれ!」。約1時間のプレイでしっかりと流れをつくり、最後はお客をノリにノラせ終了。でもまだ物足りない!とお客からアンコールがかかり、彼ならではのクオリティー高いサウンドを1曲聞かせてくれた。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE