ON ZA LINE

PEOPLE

繊細に模倣し、自然の微妙な形や機能的な特性を反映する美しい陶磁器作品を制作する。
ON ZA LINEON ZA LINEこれまでに、3つのユニークなコレクションを展開し、ヨーロッパの「STORE」や高島屋など著名な小売店より注目を集め、 国立新美術館SFTギャラリーでも展覧会を行った「ON ZA LINE」。精密な型を作ることで、その素材や作品は自然に近い形に残り、実のところ自然の持つフォルムのパーフェクトなまでの陶製コピーを手にしているかのような気にさせられる。忙しい真っ只中にあるON ZA LINEの小玉清美さんと倉橋愛さんに彼女達の作品の昨日、今日、明日について伺った。

ON ZA LINE
ON ZA LINE (Ai Kurahashi & Kiyomi Kodama) © Sebastian Meyer

ではまず、ON ZA LINEのスタートした経緯を教えてください。


2005年にスタートしました。その当時、私たちはそれぞれ違った仕事に就いていたのですが、そんな中で「私たちのプロジェクトを始めるなら今だ!」ってお互いに気付いたことがきっかけでした。私たちの初となるコレクション「She Needs a Treasure」に着手し、作り終えたのが、2005年でした。その後、次にどう進めたらいいのか迷っていたのですが、小さなポスターを印刷し、ショップや友人に手紙を添えて、そのポスターを送ることにしたのです。返事は来なかったりしましたが、いくつかとても前向きなリアクションを頂くことができました。実は、そのフライヤーを受け取ったある友人から、私たちに興味あるとの連絡を頂いたのです。小さなミラクルだと思ってます。それから引き続き、今に至ります。

ON ZA LINEON ZA LINE

多くの人が陶芸をやっていますが、このプロジェクトで何をする予定なのでしょう?

正直言うと、本当のところ何が私たちのゴールなのか、わからないです。ひとつだけ言えるのは、ただ前に進み続けるだろうということです。私たちは楽観的だし、絶えず前進していくというアイデアは素晴らしいと思ってます。それは、続けるというステップを踏むごとに、自分たちが本当にしたいことが更に明確になっていくからです。

ON ZA LINE

いくつか作品について聞かせて下さい。苔リングのアイデアはどのようにして生まれたのですか?

自然の本当の「グリーン」なジュエリーは非常に珍しいので、多くの人が苔リングに興味あるようですね。でもそのリングのアイデアは、私たちが手がけている「The Garden as Science Fiction」(空想科学としての庭)という、とても大きなテーマからきていて、次のエキシビションのタイトルでもあります。苔リングはそのアイデアの中から生まれ、現在手がけているコレクションの基本コンセプトを明確に現していると思っています。それは、自然の視点で「グリーン」が、今後長年に渡り、より注目を集めているということです。つまり、より珍しくて、より高く評価され、より価値あるものです。苔リングを購入した人からの声を聞いてみたいと思ってます。

ON ZA LINE

では「The Leaf Dish」について教えてください。

「Leaf Dish」は日本語で「葉っぱのお皿」と訳されます。それを考えた時、ずっと昔人々は、食器として葉を使用してきました。私たちの「Leaf Dish」は古代からある元々の葉のお皿の進化形です。陶磁器というカタチで再生しているわけですから、それは、ほとんどサイエンス・フィクション的なものです。普段は粘土で型を作るのですが、この「Leaf Dish」の時は、型を使わなかった。なので、お皿の全てが私たちによる「デザイン」ではないのです。何枚か葉っぱを集め、型として利用し、敢えてデザインしないようにしました。機能はそれ自体が持つ形から自然と生まれたのです。

どのようなフィードバックを受けましたか?人々の反応は?

大体の人がまず聞くのが「これは何でできてるの?」です。私たちの作品をカワイイと言ってもらえるととても嬉しいです。でも、コレクションの作品それぞれは、全く違ったものです。それぞれが異なる表情を持っています。もしかしたら、最初のコレクションが好きな人は、2回目のコレクションは好きではないかもしれない。それでも、たとえ、コレクションがそれぞれ別の表情を持っているとしても、それぞれが何らかのかわいらしさがあることを、いつも確信しています。私たちにとっては、とても大切なことで、それは希望の兆しとも言えます。

ON ZA LINE

今後の予定を教えてください。

沢山のことがあります!近々、インフィオレのジュリー・エリオットとコラボレートします。彼女は私たちの作品をとてもよく理解してくれていて、日本だけでなく世界中で私たちの活動を理解してくれる人を見つけるきっかけを作ってくれた人でもあります。もうひとつ今年は、友人がやるプロジェクト「Emo Design」に携わることになるでしょう。ジュリアンやプロジェクトの発起人のセドリックとのコミュニケーションに言語は必要なかったです。ちょうど、彼らに作品を見せたところで、無意識にわかったのが、お互いに共通の理解があるということです。「Emo Design」というプロジェクトは、パリや東京を拠点としたアートムーブメントを目指し、「本来の素材や物理的特性を感情的特性に変換したり、その対象物を使って、話を伝え、そこから意味を創り出す」というコンセプトのもと活動を行っています。

面白そうだし、たくさんの発見と進展で忙しくなりそうですね。ありがとうございました。

ON ZA LINE 展「The Garden as Science Fiction」
会期:2008年10月8日〜19日
会場:燕子花 別館
住所:東京都目黒区青葉台2-16-7
TEL:03-3770-3401
開館:13:00〜19:00
閉館:月・火曜日

Text: Vicente Gutierrez
Translation: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE