MUTE

THINGS

東京の「他人の庭」から、2008年8月現代アートシーンの最前線で注目されている若手、中堅作家をシンプルなワンテーマで紹介するアートマガジン「MUTE」が創刊された。マガジンデザインは、ヒロ杉山率いるエンライトメントと話題の人たちによるデザインで、年2回の発行となっている。

MUTEMUTE


「MUTE」というタイトルについて本書の中で『(アートを見る時に)自分の外の声を消し、心の声を聞く』と説明されているが、それは本書を見るとすぐにわかる。本書はページに作品のみが掲載されており、文章は最初と最後に数ページあるのみで、作品を鑑賞する際に余計な情報が目に入らず、作品のみを展覧会のよう に鑑賞することができる、魅力のある見せ方をしている。

今回の創刊号のテーマは「すりぬける物語」と、物語的要素のある作品が集められ、個性的なアーティスト29名が集まった。本書ではその29名の作品を、更に「超俗、濃景、断片、直感、詩的」と分類して紹介している。今回はその5つの分類から1人ずつアーティストを紹介したい。

MUTE

「超俗」からは、デビッド・シュリグリー。サインペンによるドローイングによるもので、拍子抜けしそうなシンプルな作品。だが作品のシンプルさとは逆に、ドローイングや文字から考えさせられる要素は強く、社会的なメッセージを感じるものであり、彼の作品のファンも多い。

MUTE

「濃景」からは、ハーネン・バス。西洋史を題材にした作品で、古典的な深い色の中の人物達は少し不安を呼ぶようであり、ストーリー性を強く感じる。その意味のある深さに、惹きこまれてしまうような作品だ。

MUTE

「断片」からは、リカルド・ランザリーニ。白い空間の中にポツリポツリとミクロ人間が存在する、奇妙でおもしろい作品。小さな人物それぞれが違う姿で、それぞれが何かをしていて、作品全体でも部分でもじっくり見て楽しめる。

MUTE

「直感」からは、フィリップ・グレーツィンガー。直感というものを感じる荒々しい描き方で、彼独特の世界観を感じる作品。鮮やかな色は色彩的にも魅力があり、そこに登場する不思議なキャラクターの存在感を惹きたてている。

MUTE

「詩的」からは、ロイヤル・アート・ロッジ。人物や動物が描かれているが、日常的なようで何かユーモアがあり、ついつい魅入ってしまうような作品だ。ごちゃごちゃせず、シンプルな画面の中にいるキャラクターは、何か私たちの心の奥に語りかけてくるような存在感を持っている。

今回紹介した作品は、個性豊かに様々な表現が認められているおもしろさと同時に、しっかりとしたメッセージ性も持っている。「MUTE」は、そんな厳選された珠玉のアートと、静かにじっくりと対話をすることができる、魅力のある一冊だ。

参加アーティスト:Francis Alÿs、Michael Raedecker、David Shrigley、落合多武、Sean Landers、Thordis Adalsteinsdottir、Hernan Bas、Avner Ben-Gal、Dubossarsky&Vinogradov、Nogah Engler、Andreas Golder、Scott Grodesky、Philip Gröezinger、Bendix Harm、David Harrison、Yun-Fei Ji、Frank Magnotta、Ricardo Lanzarini、Lorenzo De Los Angeles、Tala Madani、Claudia&Julia Müller、Basim Magdy、桑原正彦、Jockum Nordstrom、RoyalArtLodge、Christian Schwarzwald、Katharina Wulff、Wang Xingwei、横井七菜

MUTE No.1 Fugitive Tales
仕様:A4ワイド、128ページ、1,800円、3,000部
刊行:2008年8月、年二回
発行元:他人の庭 
取扱い書店:丸善本店、紀伊国屋書店新宿本店、ジュンク堂新宿/池袋本店、ナディフ各店、リブロ渋谷店、タワーブックス新宿店/渋谷店、ユトレヒト、PROGETTO、エビスアートラボ、恵文社、青山ブックセンター青山本店/六本木店、TSUTAYA ROPPONGI(2008年8月20日現在)
ISBN:978-4-9904425-0-7
問い合わせ:03-3418-0357/post@tanin.biz

Text: Asami Miyamura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アドリアン・M/クレール・B
MoMA STORE