NIKE 公式オンラインストア

LY

PEOPLEText: Kazumi Oiwa

ぶくぶくぶよぶよもくもく
きらきらはかなくせつない、ふしぎなふしぎな黒と白のLyの世界。

内面世界に登場するキャラクター達が織りなす景色を、連鎖的に構築して絵画として表現しているアーティスト。角の生えた奇妙な生き物や男性器を携えたクリーチャー、生まれては増殖して、ゆっくりと消え去っていく儚い世界観が特徴。一見すると、まずは本人の死生観や性的な世界観が見て取れるが、さらには現代社会に蔓延するディスコミュニケーションや性差などのボーダーを、マージナルに行き来することへの憧れなど。 作品からは隠されたメッセージが散見できる。

Ly

自己紹介をお願いします。

モノクローム・アーティストのLy(リィ)です。
1981年東京生まれ。黒と白で絵を描いています。

Ly
夢に出てきたのっぺらぼうの生き物

現在、モノクロアーティストとして活躍されていますが、なぜ、モノクロの世界に辿り着いたのでしょうか?

なんで辿り着いたかは自分でもよくわからないのですが、自然と今のスタイルになっていました。でも、Lyの生活の中にはいつも黒という色が目立っていて、過去を辿るといろいろなところにモノクロだけになった要素があるように思えます。

白よりも黒に対する執着心があって、小さい頃から自分の部屋が真っ黒だったんです(伯父が建築家で…)。壁とか机とか黒で、窓は大きいのだけれど銀のブラインドだけで、今思うとおしゃれな感じなんですけれど、当時はお友達呼んでも「え?」って顔されてしまって、ほんと洞窟みたいだし始めは慣れなかったのです。そんな真っ黒な空間で絵を描いたり勉強したりしていたので視界にはいつも黒があって、黒が落ち着く色にいつの間にかなっていたのです。そして今と変わらず小さい頃から描いていたのが黒いペンでした。黒いペンと紙があっていつも描いてるっといった感じです。塗り絵も嫌いで塗っても2トーンですませちゃうところがありました。

あと母が赤が嫌いで、幼稚園や小学生の頃って女の子って学校で赤いものを持たされるじゃないですか。あれも全部、黒にされていましたね。絵の具バッグとかお習字の道具とか男の子といっしょに黒を持たされていました。小学生からこどもの絵画教室に行って、いろんな色をつかって描いてるうちに自分の大好きな黒には白の色しか合ないなと感じたことも大きいです。

そして、10代後半からもう黒と白を使ってしか作品を創らなくなり、今に至ります。小さい頃に感じたことがとても大きい影響を今でも与えています。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スティーヴン・チータム
MoMA STORE