チャン・リク

PEOPLE

新しいファッションの才を持つチャン・リクは、数年間のデザイン分野での幅広い活動を経て、自身のブランド「wear-and-tear」を今年スタートした。ニットクラフトを次のレベルに仕立て、異素材のミックスを恐れない作品コレクション。彼女の創造はモダンで、ひねりが加わっている。この若いデザイナーはデザインキャリアに対する野望と夢に溢れ、自身のブランドと共に海外へ進出予定。応援してます!

チャン・リクチャン・リク
Portrait by Joyce Cheung

バックグラウンドについて聞かせてください。


香港理工大学で、ファッションデザインを学びました。卒業後、ジュエリーや、衣服、舞台衣装やアクセサリーのデザインなど、いくつかのフリーランスの仕事をしていました。その頃から、アクセサリーをデザインすることへの興味に気付きました。

初めてファッションデザインに興味を持った時のことを覚えていますか?

高校生の時、ファッションに注目し始めました。おそらく、女の子の本能だと思います。常にデザインの世界に何が起こっているかを把握していたく、それ以来ずっと様々な種類のデザイン雑誌を読むことが、私の趣味の1つになっています。色々なデザインの側面に対するものすごい好奇心にインスパイアされて、色々な素材を融合するデザインを創作しています。

チャン・リク
Summer Collection Mix

今年ご自身のブランド「wear-and-tear」がスタートしましたが、ブランドを立ち上げるとは大きな挑戦ですね?

はい、大変です。特に1人でのブランドなので。ただ、私はとてもラッキーだと思っていて、なぜならデイドリーム・ネイションにいた時にビジネスの部分を経験できたからです。インディペンデントデザイナーとしてブランドを立ち上げる方法を学びました。それから、パリ・トレードフェアや、ロンドン・ファッション・ウィークの制作サイドを見る機会がありました。そういう経験がとても役に立っています。

インディペンデントデザイナーとしての、この初期段階で1番大きな挑戦は、ブランドに全ての時間を注げるように、自分で資金繰りをすることです。それから、ブランドのマーケティングも計画しなければなりませんし、毎日たくさんすることがあります。

チャン・リク
Wool Mixed Silver Bangle

異素材のミックスは、あなたのコレクションに欠かせないことのようですが、これはずっと好んでやってきたことでしょうか?またインスピレーションはどこから得ますか?

異なる素材をミックスすることにとても興味があります。堅い素材、柔らかい素材、軽い素材、重い素材などを使って、作品に劇的なコントラストをつけるのが好きです。

いつも考えているのが、ファッション、グラフィックス、建築、プロダクトデザインなどの境界線は、もっと曖昧になればいいということ。私にとってそれらは、何か新しいものを作るために全て融合できるものです。例えば、アクセサリーのコレクションをデザインする時、私は建築のフォームやスペースからインスピレーションを得ます。私の作品に様々な側面が現れる理由です。

チャン・リク
Crochet Mix Necklace

現在のコレクションは、明らかに女性をターゲットにされていますが、将来的にはメンズアクセサリーのデザインも考えていますか?

まだその計画はありません。現在のマーケットで、もっと評価されるということが先です。今のところ、現在の方向性にはとても満足しています。

作品制作の過程について教えて下さい。

私の作品は全てハンドメイドです。最初のステップは、全ての作品に対してほとんど同じ。スケッチはあまりしないです。その代わり、アクセサリーの部品を使って手で実験します。最初のサンプルが決定したら、ハンドクラフト専門の女性に協力をお願いし、その最終デザインに基づいた作品を作っていきます。

チャン・リク
First Collection “Lika”

最初にリリースしたコレクションのコンセプトについて教えて下さい。

先にも言いましたが、素材をミックスすることは、私のコレクションに欠かせません。立ち上げのコレクション「Soften Metal(柔らかくなった金属)」もこのコンセプトに焦点を当てています。ニッティング、ウィービング、クローシェが、このコレクションのデザインの大部分を占めます。それと同時に、不規則なフォームを作るのに、たくさんのねじりや回転もあります。

チャン・リク
Irregular Form Necklace

最新のコレクション「Sculpturesque」は、これまでの作品と大きく違いますが、なぜこの新しいコレクションには何か実験的な要素を盛り込んだのですか?

不規則で幾何学的なフォームが、私の最新のコレクションの主な要素で、これら2つの原理に沿った何か新しいものを作りたいと思います。また、今回いくつか新素材を試したかったので、いくつかの不規則な彫刻のフォームを作成するのに絹を使用しました。 結果は、上品であって、にぎやかです。私は、あらゆるコレクションが自然発生的であることが好きです。 それぞれのコレクションが人々に毎回驚きを与えることができるといいと思います。

Cheung Lik
Latest Collection “Sculpturesque”: Triangular Brooch

「wear-and-tear」に対するビジョンは何ですか?

香港の若いファッションデザイン力の一部として、香港のマーケットにこのブランドを通していくつかのアイディアを紹介するという大きなモチベーションがあります。もちろん「wear-and-tear」を国際的にもしたいですし、また、中国のマーケットにも進出したいです。

香港のファッションデザイナーとして、海外のマーケットと比べた香港のファッション消費者のトレンドに何か気づきますか?

ファッションのこととなると、香港の人たちはスタイルよりも質にこだわっているように思います。同等の出費をベースにして、工業デザインよりも、より一流の素材の製品に注目しているでしょう。海外マーケットの消費者たちは、その反対に見えます。なので、彼らは新しいデザインに対してもよりオープンです。

最後に、あなたが特に尊敬するブランドはありますか?

ブレスが、常にお気に入りのブランド。テッド・ノートンのデザインも大好きです。

Text: Justin Tsui
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE